[病院を知ろう!プロジェクト] 2008/12/03[水]

いいね!つぶやくはてなブックマークGooglePlus

目次
①「「5万5千人署名」の無力。「要求だけでは何も変わらない」と学んだ。
✔②普段はスーパーで働く普通の主婦。活動は子供の学校行事の合間。
③「地域医療の現状」「医療の不確実性」を、もっと伝えたい。

Q:ところで、「守る会」のスローガンって、変わってますね。
A:私達の呼び掛けは三つです。
1.コンビニ受診を控えよう
2.かかりつけ医を持とう
3.お医者さんに感謝の気持ちを伝えよう

Q:3つ目に「感謝」を掲げている理由は何ですか?実はQLifeも「感動をシェアしよう」「面と向かっては言いにくい感謝の気持ちを投稿して」と訴えていますが、賛同者も多い反面、この呼び掛けに違和感があると言う人もいます。


手作りカードで医師に「感謝」を伝えている。

A:「患者の心無い言動に、お医者さんの心が折れている」という話を聞いたのです。しかも、「さっきの患者さんの言葉はキツかったな。”2ポキ”だね。」「今日は全部で”6ポキ”くらいかな。」などと院内で会話されるくらい、日常茶飯事だと。だったら逆に、たくさんの“ありがとう”を伝えようということになりました。「感謝が先生方のパワーになる」と狙っていたわけではありませんが、後にこのスローガンのことを先生方から感謝され、大変嬉しかったです。


小児科だけでなく他科の医師にもバレンタイン・プレゼント。「感謝」を伝える相手は、柏原病院勤務医にとどまらない。「日頃から地域医療を支えてくださっている市内の開業医さん」に年賀状を手書きで送ったりも。

Q:いまや有名になって、全国で積極的に講演されていますね。
A:「積極的に」というのは・・・ちょっと違います。好きこのんで外に行ってるのではありません!そのような依頼がいっぱい来るからです(笑)
医師不足・地域医療崩壊の問題に対して、何とかしなければ!と思っている自治体・医療関係者・住民は本当にたくさんあります。そのような所から、講演依頼が殺到しています。家庭のある主婦なので難しい部分もありますが、できる限り対応するようにしています。「その地域の方々に何かヒントになれば。」「点と点がつながって線になり、面になれば。」との想いです。代表の私だけでなく、他のメンバーで対応することも多々あります。

Q:「守る会」の活動にどれくらい時間を割いているんですか?
A:私は毎週(火)(木)はスーパーマーケットで働いています。朝7時30分に家を出て、帰宅は午後6時。講演、取材、議員視察などはなるべく(月)(水)(金)に対応していますが、他のメンバーで対応することもあります。
大きな講演会・医療フォーラムなどは(土)(日)が多いので、子どもの学校行事などを考慮しながら対応しています。ちなみに11月・12月のスケジュールはこんな感じ。

平日の日中は遠くに出ることはありませんが、取材や打ち合わせに忙しく、夜は子どもが寝てからメールやブログを書いたりしています。事務担当の者も私以上に時間を費やしています。

Q:すごい!感動します。
A:でも私は、普通の主婦。医療にまったく無縁だった主婦です。「安心して子どもを生み、育てられる地域が少しでも増えて欲しい。」そう強く願っているだけです。

目次
①「「5万5千人署名」の無力。「要求だけでは何も変わらない」と学んだ。
✔②普段はスーパーで働く普通の主婦。活動は子供の学校行事の合間。
③「地域医療の現状」「医療の不確実性」を、もっと伝えたい。

おすすめの記事

この記事を読んだ人は他にこんな記事も読んでいます。
記事の見出し、記事内容、およびリンク先の記事内容は株式会社QLifeの法人としての意見・見解を示すものではありません。
掲載されている記事や写真などの無断転載を禁じます。

一言コメント

コメントが0件あります

コメント(0件)

  • コメントはまだありません。

コメントをどうぞ!(コメントは承認後、公開されます)

ニックネーム※必須公開されます
メールアドレス※必須公開されません
URL(サイトをお持ちの方)
メッセージ※必須