[知っておきたい!ニュースな言葉] 2013/03/06[水]

いいね!つぶやくはてなブックマークGooglePlus
知っておきたい!ニュースな言葉

今月のテーマ「賢い鎮痛剤の選び方」について

 頭痛、肩や腰の痛みなど、私たちの生活に痛みの悩みはつきもの。薬局やドラッグストアで鎮痛剤を購入する人も多いでしょう。そこで鎮痛剤を選ぶとき、値段はもちろん、テレビCM、新聞の広告が印象的だったものや、薬のパッケージや店頭POPに書かれた特徴が自分の症状と合っているものを、比較検討して選んだりしていますよね。このように自分自身で症状を判断し、薬を選ぶ行為は「セルフメディケーション」と呼ばれます。
 ところが、痛みの治療で病院に行った場合はどうでしょうか? 医師や薬剤師にお任せしていませんか? 病院で薬をもらう場合でも「自分の希望を伝える」ことが重要なのです。今回は「賢い鎮痛剤の選び方」について詳しく探っていきます。

なぜ病院で出される鎮痛剤には、たいてい胃薬がセットでついてくるのか?

 病院で鎮痛薬を処方された際、一緒に胃腸薬が処方され、「なぜ?」と思ったことはありませんか? この「鎮痛剤+胃腸薬」という組み合わせは、痛みの治療において、かなり一般的なパターンといえます。病院での処方薬や、ドラッグストアで販売している薬に限らず、「薬」には大なり小なりの副作用があります。鎮痛薬も例外ではありません。病院で処方される鎮痛薬の多くは、即効性で効果も強い反面、副作用もあるのです。
 注意すべき副作用の1つが胃腸障害です。これは、ほうっておくと、潰瘍になる可能性もある副作用なのです。痛みの強弱をつかさどる生理活性物質は、実は「胃の粘膜を保護する」という優れた作用ももっています。ところが、一般的な鎮痛剤はこの生理活性物質に作用する際に、良い面でもある胃粘膜の保護作用も失わせてしまうのです。つまり、胃腸薬なしで鎮痛薬を服用すると、胃の粘膜が荒れてしまうのです。実際、QLifeの調査によると、鎮痛剤を処方された患者の4人に1人は胃の痛みを感じた経験がある、とのデータがあります。なかには鎮痛薬を飲んでいるため、実際には胃が荒れているのに痛みがなく、潰瘍まで進展してから気づくケースもあります。もちろん鎮痛剤に伴う副作用の発生頻度には個人差があり、もともと胃炎などの症状がある人では、副作用は発生しやすいことをお伝えします。

最近では「胃に優しい鎮痛剤」も。しっかり希望を伝えることが大事

 一方、製薬メーカーもこの状況をただ手をこまねいて見ているわけではありません。鎮痛剤の新薬の開発は多くの製薬メーカーが取り組んでおり、一般的な鎮痛剤と比較して、効果の部分はほぼ変わらずに、胃炎・胃潰瘍を起こしにくい新たな鎮痛剤や、1日2回の服用で済む鎮痛剤も登場しています。日本医科大学大学院消化器内科学教授の坂本長逸先生が発表した論文によれば、一般的な鎮痛剤であるロキソプロフェン(商品名:ロキソニン、ロルフェナミン、ロキペインほか)とセレコキシブ(商品名:セレコックス)を比較したところ、セレコキシブの方が服用時の胃十二指腸潰瘍などの発生頻度が著しく低くなっているデータも発表されています。
 「鎮痛剤」とひと口に言っても、日本国内で処方可能な鎮痛剤はかなりの数に上ります。そして、それぞれ「得意分野」と「苦手分野」があります。薬局やドラッグストアでじっくり比較検討し、時には店員さんや薬剤師さんに聞くように、病院でも「こういう薬が欲しい」としっかり希望を伝えてみてはいかがでしょうか? 医師側の考えもありますので、希望通りの鎮痛薬が処方されるとは限りませんが、それでも例えば胃が弱い人ならば、「なるべく胃に優しい鎮痛薬を」という要望を出してみるのも良い方法です。約7割の医師が患者による処方薬剤のリクエストに対し、要望に沿うようにしている(医師専門サイトMedPeer調べ)というデータもあるので、委縮せず、しっかり希望を伝えることが大事です。

「自分の薬は自分で選ぶ」セルフメディケーションを病院でも

 「セルフメディケーション」は、症状に合わせて薬局やドラッグストアで薬を買うことばかりを意味しません。病院で自分の症状・要望などを正確に伝え、医師とともに最適な薬を見つけることも立派な「セルフメディケーション」の1つです。今回は、鎮痛剤を例にあげましたが、このように医師と患者がそれぞれ情報や希望をしっかりと伝え、ともに納得できることが、治療を効果的なものとする第一歩だと思います。ぜひ、皆さんもこれから実践してみてください。

おすすめの記事

この記事を読んだ人は他にこんな記事も読んでいます。
記事の見出し、記事内容、およびリンク先の記事内容は株式会社QLifeの法人としての意見・見解を示すものではありません。
掲載されている記事や写真などの無断転載を禁じます。

一言コメント

コメントが12件あります

コメント(12件)

  • 学生時代から胃腸病と頭痛に悩まされ続けいる。今回の記事は大変参考になった。

    Posted on 2014.05.20 8:02:27 by 一言感想
  • 安易に鎮痛剤は飲まず、吟味して購入しようと思います。

    Posted on 2013.10.30 0:08:42 by 一言感想
  • とても参考に成りました

    Posted on 2013.09.15 15:42:18 by 一言感想
  • 私も鎮痛剤を飲むと胃が痛くてたまりません。

    Posted on 2013.08.15 16:12:53 by 一言感想
  • 胃の不調の原因がわかりました。

    Posted on 2013.08.12 16:57:27 by 一言感想
  • 納得

    Posted on 2013.05.20 15:41:15 by 一言感想
  • わかりやすく、役に立ちました。

    Posted on 2013.05.6 14:44:28 by 一言感想
  • 鎮痛薬の胃腸に与える影響を考えて、今後は服用します*

    Posted on 2013.05.2 16:46:17 by 一言感想
  • 心配していましたが安心して服用できます。

    Posted on 2013.04.9 11:45:56 by 一言感想
  • ありがとう

    Posted on 2013.04.3 13:48:32 by 一言感想
  • 大変参考になりました(早速セレコキシプに変えてもらいます)

    Posted on 2013.03.16 11:22:40 by 一言感想
  • お医者さんにも、ちゃんと要望を伝えることが重要ですね。

    Posted on 2013.03.6 16:35:37 by 一言感想

コメントをどうぞ!(コメントは承認後、公開されます)

ニックネーム※必須公開されます
メールアドレス※必須公開されません
URL(サイトをお持ちの方)
メッセージ※必須