会員限定この記事を読むと10pt 進呈!!

新規会員登録(無料) ログイン

[栄養士おすすめ!健康レシピ] 2017/05/25[木]

いいね!つぶやく はてなブックマーク

疲れ目を予防する食事

 パソコンやスマホで目が疲れた…そんな方はぜひ食生活で予防してみませんか?
 疲れ目は、近くのものをじっと見たり、ピンと調整など目を酷使することで、目の神経が緊張し続けるため生じます。肩こりや片頭痛などの原因にもなりますので、早めに対策をすることがポイントです!
 疲れ目に効果的な栄養素は、4つあります。1つはビタミンA。網膜で光の明暗を感じ取るロドプシンを構成しているのがビタミンAとたんぱく質です。目の疲れが気になるときは、ぜひビタミンAを積極的にとり入れましょう。
 2つ目に視神経のはたらきに効果的なビタミンB群。3つ目にルテイン。抗酸化作用のルテインは眼精疲労だけではなく、目の病気予防にも繋がります。4つ目にアントシアニン。アントシアニンは言わずと知れた疲れ目予防の代名詞です。ブルーベリーなどの青・紫・黒色をした食材の色素成分なので、食材を色で選んで食べるのもおすすめです!

うな丼

うな丼

栄養士さんのコメント

ビタミンAをたっぷり含んだうなぎは、目の粘膜を保護し網膜の健康維持に欠かせない優れ物。

栄養価(1人分)
エネルギー(Kcal) 521
炭水化物(g) 85.7
たんぱく質(g) 16.2
脂質(g) 10.3
食物繊維(g) 1.8
塩分(g) 2


材料(2人分)
うなぎのかば焼き 1尾
ご飯 2膳分
山いも 20cm
山椒の葉 2枚
青のり 適量
うなぎのかば焼きのたれ 1袋
●だし汁 大さじ1
●薄口しょうゆ 小さじ2
●みりん 少々
  1. うなぎのかば焼きはひと口大に切る。
  2. ボールにご飯を入れ、かば焼きのたれを加えて混ぜ合わせる。
  3. 山いもはすりおろし、調味料●を加えて、とろろを作る。
  4. 器に2のご飯をボールの形に盛りつける。上にうなぎのかば焼きをのせ、山椒の葉を飾る。
  5. 別の器に3のととろを入れ、青のりをふる。うな丼に添えて出来上がり。


栄養説明&コメント

栄養士/健康投資プランナー 加藤紗智子

栄養士/健康投資プランナー
加藤紗智子

レシピ提供

一汁三菜の献立&レシピをご紹介
一汁三菜の献立&レシピをご紹介


同じキーワードのレシピを探す:
このエントリーをはてなブックマークに追加

記事を読んでポイント獲得!

10pt 進呈!!

この記事を読んで
簡単なアンケートに回答すると、
"Amazonギフト券に交換できる"
QLifeポイントを獲得できます!

おすすめの記事

この記事を読んだ人は
他にこんな記事も読んでいます。
最近追加されたレシピ
記事の見出し、記事内容、およびリンク先の記事内容は株式会社QLifeの法人としての意見・見解を示すものではありません。
掲載されている記事や写真などの無断転載を禁じます。