都道府県から探す

北海道・東北

関東

甲信越・北陸

東海

近畿

中国

四国

九州・沖縄

東京23区から探す

関連する診療科目

神経内科について

 神経内科(しんけいないか)とは、脳や脊髄、神経、筋肉の病気をみる内科のことです。しびれ、めまい、うまく力がはいらない、歩きにくい、ふらつく、つっぱる、ひきつけ、むせ、しゃべりにくい、ものが二重にみえる、頭痛、勝手に手足や体が動いてしまう、ものわすれ、意識障害などの症状がある場合は、まず神経内科でどこの病気であるかを見極めます。
 よく、精神科や精神神経科、神経科、心療内科などと混同されることがありますが、神経内科は精神的な問題からではなく、脳や脊髄、神経、筋肉に病気があり、体が不自由になってしまう病気を扱っています。代表的なものでは、脳卒中や認知症、てんかん、パーキンソン病などが挙げられます。