コーフルS 30g

市販薬

コーフルS 30gの基本情報

印刷する

アクセスランキング(07月19日更新)

  • 先々週:--位
  • 先週:--位
  • 今週:--位
つぶやく いいね! はてなブックマーク
  • コーフルS 30gの画像
    コーフルS 30gの画像
  • コーフルS 30gの画像
    コーフルS 30gの画像
  • コーフルS 30gの画像
    コーフルS 30gの画像
  • コーフルS 30gの画像
    コーフルS 30gの画像
  • コーフルS 30gの画像
    コーフルS 30gの画像
  • コーフルS 30gの画像
    コーフルS 30gの画像
  • コーフルS 30gの画像
    コーフルS 30gの画像

作用と効果

コーフルSは、すぐれた殺菌力があるアクリノールと、被膜を作り傷口を乾燥させる酸化亜鉛の2つの有効成分に、スクワラン・オリブ油・白色ワセリン・セタノールの基剤を用いた皮膚疾患を治す軟膏です。また、油脂性基剤を使用しているので傷口からガーゼがはがれやすく、ガーゼ、包帯の交換も痛まずにできます。あかちゃんはもとより、ご家族みなさまの皮膚疾患の手当てにお役立てください。

●乳幼児の 湿疹、あせも、皮膚のただれ、肛門周囲炎
●小さな子の 湿疹、あせも、口唇周囲炎、すり傷、外傷、
●お母さんの 湿疹、やけど、くつずれ、乳ぎれ、
●高齢の方の 床ずれ、皮膚のただれ
●その他 凍傷にも

<4つの基剤の特長>
スクワラン  深海にすむサメの肝臓から抽出した油で、薬剤の浸透性に優れ皮膚の保護力を高めます。
オリブ油   もくせい科常緑樹オリーブの熟した果実から得られ、皮膚を保護します。
白色ワセリン 外気や物と皮膚が触れないように遮断し水分の蒸散を防ぐので傷の部分を保護します。
セタノール  保湿効果がある親水性の軟膏基剤です。
湿疹、汗疱、汗疹(あせも)、皮膚のただれ、床ずれ、肛門周囲炎、口唇周囲炎、臍帯脱落後のただれ、くつずれ、やけど、すり傷、外傷、乳ぎれ、会陰裂傷、凍傷

使用上の注意

1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
 (1)医師の治療を受けている人
 (2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
 (3)患部が広範囲の人
 (4)湿潤やただれのひどい人
 (5)深い傷やひどいやけどの人

2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
   〔関係部位〕   〔症  状〕
    皮  膚  : 発疹・発赤、かゆみ、かぶれ等

3.5~6日間使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

用法・用量

1日1回~数回、患部に塗布又は貼用する。

<用法・用量に関する注意>
(1)目に入らないように注意してください。万一目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお、症状が重い場合は眼科医の診察を受けてください。
(2)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)定められた用法・用量を守ってください。
(4)外用にのみ使用してください。

禁止事項

飲んだり、眼科用として使用しないでください。

成分・分量

100g中
 〔成  分〕 アクリノール
 〔含  量〕 500mg
 〔はたらき〕 黄色ブドウ球菌をはじめ、化膿レンサ球菌、その他化膿菌全般によ
        る化膿局部の消毒、静菌作用があります。

 〔成  分〕 酸化亜鉛
 〔含  量〕 5000mg
 〔はたらき〕 皮膚のたんぱく質と結合して被膜をつくるので、消炎作用、緩和な
        防腐作用があります。また、浸出液の吸収及び分泌抑制により、創
        面などを乾燥させます。

添加物としてビタミンA油、エルゴカルシフェロール、ジパルミチン酸ピリドキシン、トコフェロール、dl-カンフル、スクワラン、オリブ油、白色ワセリン、セタノール及びと香料を含有する。

保管方法

(1)小児の手の届かない所に保管してください。
(2)キャップをしっかり締めて直射日光の当たらない、なるべく涼しい所に保管してください。
(3)誤用を避け品質を保持するために他の容器に入れ替えないでください。
(4)衣服等に付くと着色しますので、ご使用の際は充分に注意してください。

医薬品情報

製薬会社

大木製薬株式会社

希望小売価格

30g入り1200円

剤形

軟膏剤

医薬品分類

  • 第3類医薬品
  • 一般用医薬品

JANコード

4987030180109

更新日付:2016年08月02日

薬には効果(ベネフィット)だけではなく、副作用(リスク)があります。副作用をなるべく抑え、効果を最大限に引き出すことが大切です。このために、この薬を使用される患者さんの理解と協力が必要です。

現在募集中の治験

QLifeでは、次の治験にご協力いただける方を募集しています。

この薬を調べた人は、他にこんな薬を調べています

おすすめの記事

ご利用に当たっての注意事項

  • ・掲載している情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。
  • ・コーフルS 30gを適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(電話:0120-149-931)にご相談ください。
  • ・より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。
  • ・当サービスによって生じた損害について、株式会社QLife及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。