アイボンd 500mL

市販薬

アイボンd 500mLの基本情報

印刷する

アクセスランキング(08月19日更新)

  • 先々週:--位
  • 先週:--位
  • 今週:--位
つぶやく いいね! はてなブックマーク
  • アイボンd 500mLの画像
    アイボンd 500mLの画像
  • アイボンd 500mLの画像
    アイボンd 500mLの画像

作用と効果

●コンタクトレンズを使用していると、目の異物感、かゆみ等不快な症状がおこりがちです。
目についたタンパク汚れやほこりを洗い流して、スッキリとさせます
●防腐剤※は入っていません
※防腐剤とはベンザルコニウム塩化物、パラベンなどのことを指します
●目の洗浄、眼病予防に ビタミンB6、ビタミンE配合
目の洗浄、眼病予防(水泳のあと、ほこりや汗が目に入ったときなど)

使用上の注意

1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(3)次の症状のある人・・・はげしい目の痛み
(4)眼球乾燥症候群(ドライアイ※※)の診断を受けた人
   ※※医師から病名として診断を受ける程度の人を前提としています

2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

関係部位/症状
 皮ふ /発疹・発赤、かゆみ
 目  /充血、かゆみ、はれ

用法・用量

1日3~6回、1回5mLを用いて洗眼してください

1.小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させること
2.コンタクトレンズを装着したまま使用しないこと
  また再装着する場合は、洗眼してから10~15分程度あけること
3.洗眼カップは使用前後に水道水で充分に洗浄すること。カップに残った水分は自然乾燥をおすすめします
4.混濁したものは使用しないこと
5.洗眼用にのみ使用すること

成分・分量

    成 分(100mL中)     / 分 量 / はたらき
イプシロン-アミノカプロン酸      /200mg/抗炎症作用
アラントイン              / 30mg/角膜修復作用
グリチルリチン酸二カリウム       / 10mg/抗炎症作用
クロルフェニラミンマレイン酸塩     /  3mg/抗ヒスタミン作用
ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)   / 10mg/代謝促進作用
トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE)/  5mg/血行促進作用
コンドロイチン硫酸エステルナトリウム  / 50mg/角膜保護作用

添加物として、ホウ酸、ホウ砂、ポリソルベート80、エデト酸Na、l-メントール、d-ポルネオール、pH調整剤を含有する

保管方法

(1)直射日光の当たらない涼しいところにキャップをしっかりしめて箱に入れて保管すること
(2)小児の手の届かないところに保管すること
(3)他の容器に入れ替えないこと(誤用の原因になったり品質が変わる)
(4)洗眼カップは他の人と共用しないこと
使い方
(1)薬液を洗眼カップの内側の線(5ml)まで入れる
(2)カップを目にぴったりと押し当てる
(3)液がこぼれないよう、カップを目に押し当てたまま、頭を後ろにそらして上を向く
(4)数回まばたきをして洗眼する
●使用後のカップは充分に洗って乾燥させる

<注意事項>
※片方の目を洗った液で反対側の目を洗わないでください
※30秒以上洗眼しないでください
※コンタクトレンズを装着されている場合は、使用前に必ずコンタクトレンズをはずすこと
※使用前に目のまわりの化粧や汚れはきれいにふきとること
※保存状態によって容器の口周辺に白い結晶が付着することがあるので、その場合は清潔なガーゼ等で軽くふきとること
※コンタクトレンズを使っていない人も使用できます

医薬品情報

製薬会社

小林製薬株式会社

希望小売価格

入り1200円

剤形

外用液剤

医薬品分類

  • 第3類医薬品
  • その他

JANコード

4987072032893

更新日付:2019年06月24日

薬には効果(ベネフィット)だけではなく、副作用(リスク)があります。副作用をなるべく抑え、効果を最大限に引き出すことが大切です。このために、この薬を使用される患者さんの理解と協力が必要です。

現在募集中の治験

QLifeでは、次の治験にご協力いただける方を募集しています。

この薬を調べた人は、他にこんな薬を調べています

おすすめの記事

ご利用に当たっての注意事項

  • ・掲載している情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。
  • ・アイボンd 500mLを適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(電話:0120-149-931)にご相談ください。
  • ・より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。
  • ・当サービスによって生じた損害について、株式会社QLife及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。