ヒシモア 30g

市販薬

ヒシモア 30gの基本情報

印刷する

アクセスランキング(04月21日更新)

  • 先々週:--位
  • 先週:--位
  • 今週:--位
つぶやく いいね! はてなブックマーク
  • ヒシモア 30gの画像
    ヒシモア 30gの画像
  • ヒシモア 30gの画像
    ヒシモア 30gの画像

作用と効果

●γ-オリザノールが弱った皮脂腺のはたらきを活性化し、皮脂を作る力を回復させます
●ヘパリン類似物質が乾燥して荒れた肌組織を修復して治し、ジフェンヒドラミンがかゆみを静めます
●セラミド様成分※(湿潤剤)配合。肌をしっとりカバーして、べたつかないクリームです
※N-(ヘキサデシロキシヒドロキシプロピル)-N-ヒドロキシエチルヘキサデカナミド
乾皮症、ひじ・ひざ・かかと・くるぶしの角化症、手足のひび・あかぎれ、小児の乾燥性皮ふ、手指の荒れ、しもやけ(ただれを除く)、きず・やけどのあとの皮ふのしこり・つっぱり(顔面を除く)、打身・ねんざ後のはれ・筋肉痛・関節痛

使用上の注意

1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
(1)医師の治療を受けている人
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(3)湿潤やただれのひどい人
(4)医師からアトピー性皮ふ炎と診断されたことのある人
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
関係部位/  症  状
 皮ふ /発疹・発赤、かゆみ、はれ
3.5~6日間しようしても症状がよくならない場合は使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

用法・用量

1日1~数回、適量を患部にすりこむか、又はガーゼなどにのばして貼ってください

(1)使用のつどキャップをしっかりしめること
(2)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させること
(3)目に入らないように注意すること。万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗うこと。なお、症状が重い場合には、眼科医の診療を受けること
(4)外用のみに使用すること

禁止事項

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなる)

(1)出血性血液疾患(血友病、血小板減少症、紫斑病等)の人
(2)わずかな出血でも重大な結果をきたすことが予想される人(血液凝固抑制作用を有し出血を助長するおそれがある)
(3)アトピー性皮ふ炎の人(軽い症状であっても医師の下で適切な治療を受ける必要がある)

成分・分量

100g中
成   分  / 分量 /  は た ら き
ヘパリン類似物質  /0.3g/角質に潤いと柔軟性を与え、肌のバリア機能を改善します
ジフェンヒドラミン /0.5g/抗ヒスタミン作用で、かゆみの発生を抑えます
ガンマ-オリザノール/1.0g/皮脂腺の働きを活性化し、皮脂分泌を高めます

添加物として、ワセリン、スクワラン、流動パラフィン、ミリスチン酸イソプロピル、ジメチルポリシロキサン、1,3-ブチレングリコール、プロピレングリコール、2-メタクリロイルオキシエチルホスホリルコリン・メタクリル酸ブチル共重合体、N-(ヘキサデシロキシヒドロキシプロピル)-N-ヒドロキシエチルヘキサデカナミド、セタノール、ステアリルアルコール、ポリソルベート60、自己乳化型ステアリン酸グリセリン、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、カルボキシビニルポリマー、エデト酸Na、パラベン、トリエタノールアミン、pH調節剤を含有する

保管方法

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管すること
(2)小児の手の届かない所に保管すること
(3)他の容器に入れ替えないこと(誤用の原因になったり品質が変わる)
●衣類に付着すると、まれに黄ばみを生じることがあるので注意すること

医薬品情報

製薬会社

小林製薬株式会社

希望小売価格

入り1400円

剤形

外用液剤

医薬品分類

  • 第2類医薬品
  • 一般用医薬品

JANコード

4987072044193

更新日付:2019年02月08日

薬には効果(ベネフィット)だけではなく、副作用(リスク)があります。副作用をなるべく抑え、効果を最大限に引き出すことが大切です。このために、この薬を使用される患者さんの理解と協力が必要です。

現在募集中の治験

QLifeでは、次の治験にご協力いただける方を募集しています。

この薬を調べた人は、他にこんな薬を調べています

おすすめの記事

ご利用に当たっての注意事項

  • ・掲載している情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。
  • ・ヒシモア 30gを適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(電話:0120-149-931)にご相談ください。
  • ・より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。
  • ・当サービスによって生じた損害について、株式会社QLife及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。