止血 30包

市販薬

止血 30包の基本情報

印刷する

アクセスランキング(11月30日更新)

  • 先々週:--位
  • 先週:--位
  • 今週:--位
つぶやく いいね! はてなブックマーク
  • 止血 30包の画像
    止血 30包の画像

作用と効果

「止血」は口内出血、歯齦出血、喀血、鼻血、痔出血、子宮出血、月経過多症を改善するために、12種類の生薬を配合して創りました弊社独自の製剤です。
口内出血、歯齦出血、喀血、鼻血、痔出血、子宮出血、月経過多症の止血

使用上の注意

1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
 (1)医師の治療を受けている人。
 (2)妊婦又は妊娠していると思われる人。
 (3)胃腸が弱く下痢しやすい人。

2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この説明文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること
   〔関係部位〕   〔症  状〕
   消 化 器 : 食欲不振、胃部不快感、下痢

 まれに下記の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
   〔症状の名称〕 腸間膜静脈硬化症
   〔症   状〕 長期服用により、腹痛、下痢、便秘、腹部膨満等が繰り返しあらわれる。

3.2週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この説明文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

4.長期連用する場合には、医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること

用法・用量

食間に水又はお湯にて服用します。
 〔 年  齢 〕  〔1回量〕  〔1日服用回数〕
   成  人      1包     3回
 7歳以上15歳以下 成人の1/2量  3回
 4歳以上 7歳未満 成人の1/3量  3回
 2歳以上 4歳未満 成人の1/6量  3回
   2歳未満    成人の1/10量 3回

<用法・用量に関連する注意>
食間とは、食後2~3時間を指します。
(1)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させること。
(2)1歳未満の乳児には、医師の診療を受けさせることを優先し、止むを得ない場合にのみ服用させること。

禁止事項

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなる)

次の人は服用しないこと
  生後3ヵ月未満の乳児。

成分・分量

本品3包(6g)中、下記生薬を含有します。
 ボタンピ末・・・・・・・・・1.30g
 シャクヤク末・・・・・・・・0.32g
 トウキ末・・・・・・・・・・0.32g
 オウゴン末・・・・・・・・・0.32g
 チモ末・・・・・・・・・・・0.32g
 ゲンジン末・・・・・・・・・0.32g
 オウレン末・・・・・・・・・0.49g
 オウバク末・・・・・・・・・0.32g
 サンシシ末・・・・・・・・・0.32g
 ジオウ末・・・・・・・・・・1.30g
 アカキョウ末・・・・・・・・0.32g
 カロコン末・・・・・・・・・0.32g

添加物は含有していません。

<成分・分量に関連する注意>
本剤は、生薬を原料として製造しておりますので、製品の色や味等に多少の差異が生ずることがありますが、品質には変わりありません。

保管方法

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わることがあります。)
(4)1包を分割した残りを使用する場合には、袋の口を折り返して保管し、2日以内に使用してください。
(5)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。使用期限は外箱に記載しています。

医薬品情報

製薬会社

株式会社建林松鶴堂

希望小売価格

2.0g×30包入り2600円

剤形

散剤

医薬品分類

  • 第2類医薬品
  • 一般用医薬品

JANコード

4987126248140

更新日付:2014年03月11日

薬には効果(ベネフィット)だけではなく、副作用(リスク)があります。副作用をなるべく抑え、効果を最大限に引き出すことが大切です。このために、この薬を使用される患者さんの理解と協力が必要です。

現在募集中の治験

QLifeでは、次の治験にご協力いただける方を募集しています。

この薬を調べた人は、他にこんな薬を調べています

おすすめの記事

ご利用に当たっての注意事項

  • ・掲載している情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。
  • ・止血 30包を適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(電話:0120-149-931)にご相談ください。
  • ・より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。
  • ・当サービスによって生じた損害について、株式会社QLife及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。