トラベロップQQゼリー子供用4包

市販薬

トラベロップQQゼリー子供用4包の基本情報

印刷する

アクセスランキング(04月03日更新)

  • 先々週:--位
  • 先週:--位
  • 今週:--位
つぶやく いいね! はてなブックマーク
  • トラベロップQQゼリー子供用4包の画像
    トラベロップQQゼリー子供用4包の画像
  • トラベロップQQゼリー子供用4包の画像
    トラベロップQQゼリー子供用4包の画像

作用と効果


乗物酔いによるめまい・吐き気・頭痛の予防及び緩和

使用上の注意

1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊婦又は妊娠していると思われる人
(3)高齢者
(4)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
(5)排尿困難のある人
(6)緑内障、心臓病の診断を受けた人
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
〔関係部位〕  〔症 状〕
皮膚      発疹・発赤、かゆみ
精神神経系   頭痛
泌尿器     排尿困難
その他     顔のほてり、異常なまぶしさ
まれに下記の重篤な症状が起こることがあります。その場合は直ちに医師の診療を受けてください。
[症状の名称]   [症 状]
再生不良性貧血   青あざ、鼻血、歯ぐきの出血、発熱、皮膚や粘膜が青白くみえる、疲労感、動悸、息切れ、気分が悪くなりくらっとする、血尿等があらわれる。
無顆粒球症     突然の高熱、さむけ、のどの痛み等があらわれる。
3.服用後、次の症状があらわれることがありますので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この説明書を持って医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。
口のかわき、便秘、眠気、目のかすみ

用法・用量

下記の1回量を、1日2回を限度として服用してください。乗物酔いの予防には、乗車船30分前に服用してください。なお、必要に応じて追加服用する場合には、1回量を4時間以上の間隔をおいて服用してください。
[年 齢]      [1回量]  [服用回数]
3~14才       1包    1日2回を限度とする
3才未満        服用しないこと

・定められた用法、用量を厳守してください。
・小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。
<服用方法>
①切れ目に沿って完全に切り取ってください。
②切り口をくわえ、指でしぼりだすように服用してください。
※開封時には、中身の飛び出しにご注意ください。

禁止事項

守らないと現在の症状が悪化したり、副作用・事故が起こりやすくなります。

1.本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も使用しないでください。 
他の乗物酔い薬、かぜ薬、解熱鎮痛薬、鎮静薬、鎮咳去痰薬、胃腸鎮痛鎮痙薬、抗ヒスタミン剤を含有する内服薬等(鼻炎用内服薬、アレルギー用薬等)
2.服用後、乗物又は機械類の運転操作をしないでください。(眠気や目のかすみ、異常なまぶしさ等の症状があらわれることがあります。)

成分・分量

(2包中)d-クロルフェニラミンマレイン酸塩1.333mg、スコポラミン臭化水素酸塩水和物0.166mg

添加物として還元麦芽糖水アメ、キシリトール、カロブビーンガム、カンテン、クエン酸、クエン酸Na、アセスルファムK、安息香酸Na、パラベン、香料、エチルバニリン、プロピレングリコール、エタノール含有

保管方法

(1)直射日光の当たらない涼しい所に保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください(誤用の原因になったり品質が変化します)。
(4)使用期限を過ぎた製品は服用しないでください。

医薬品情報

製薬会社

株式会社浅田飴

希望小売価格

入り580円

剤形

(内服薬)その他の剤形

医薬品分類

  • 第2類医薬品
  • 一般用医薬品

JANコード

4987206621986

更新日付:2020年03月25日

薬には効果(ベネフィット)だけではなく、副作用(リスク)があります。副作用をなるべく抑え、効果を最大限に引き出すことが大切です。このために、この薬を使用される患者さんの理解と協力が必要です。

現在募集中の治験

QLifeでは、次の治験にご協力いただける方を募集しています。

この薬を調べた人は、他にこんな薬を調べています

おすすめの記事

ご利用に当たっての注意事項

  • ・掲載している情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。
  • ・トラベロップQQゼリー子供用4包を適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(電話:0120-149-931)にご相談ください。
  • ・より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。
  • ・当サービスによって生じた損害について、株式会社QLife及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。