デンタルクリーム 5g

市販薬

デンタルクリーム 5gの基本情報

印刷する

アクセスランキング(08月22日更新)

  • 先々週:--位
  • 先週:--位
  • 今週:--位
つぶやく いいね! はてなブックマーク
  • デンタルクリーム 5gの画像
    デンタルクリーム 5gの画像
  • デンタルクリーム 5gの画像
    デンタルクリーム 5gの画像
  • デンタルクリーム 5gの画像
    デンタルクリーム 5gの画像
  • デンタルクリーム 5gの画像
    デンタルクリーム 5gの画像
  • デンタルクリーム 5gの画像
    デンタルクリーム 5gの画像
  • デンタルクリーム 5gの画像
    デンタルクリーム 5gの画像
  • デンタルクリーム 5gの画像
    デンタルクリーム 5gの画像

作用と効果

●口内炎とは・・・
口の粘膜にできる小さな潰瘍(粘膜表面の細胞が壊れてできる穴)で、死んだ細胞などのために、見た目は白っぽく見えます。また、患部は痛くてしみるので、食事や会話など日常生活でも支障をきたすことが多いです。
●口内炎の原因は・・・
口の粘膜を噛んだり、傷つけてしまったり、ストレスや疲れ・睡眠不足、ドライマウスなどがあります。
●口内炎を予防するには・・・
栄養バランスのとれた食事や規則正しい生活の他、口の中の乾燥を防いだり、うがい・歯磨きなどによって口の中を清潔に保つことなども重要です。
●デンタルクリームは
局所麻酔成分(ジブカイン塩酸塩、アミノ安息香酸エチル)が痛みに直接働きかけ、殺菌成分(塩化セチルピリジニウム)が原因菌を殺菌し、消炎成分(l-メントール)が患部の炎症をやわらげる軟膏タイプの医薬品です。口腔内の痛みを鎮め、殺菌し、口内炎・口角炎を効果的に治療します。
口内炎、口角炎、虫歯、歯根炎、歯肉炎等による歯痛、歯槽膿漏

使用上の注意

1.次の人は使用前に医師、歯科医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
 (1)医師又は歯科医師の治療を受けている人
 (2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
   〔関係部位〕   〔症状〕
    皮膚    : 発疹・発赤、かゆみ
3.しばらく使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この文書を持って医師、歯科医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。

用法・用量

1日数回、適量を清潔な指先、または脱脂綿につけて、患部に塗擦してください。
虫歯には、そのくぼみ並びに歯肉に塗布してください。

<用法・用量に関連する注意>
(1)定められた用法・用量を守ってください。
(2)小児に使用される場合には、保護者の指導監督のもとに使用させてください。
(3)本剤は効果・効能に記載されている症状にのみ使用し、眼科用その他に使用しないでください。
(4)局所麻酔成分が入っているため、製剤が付着した部位にしびれを感じることがあります。

成分・分量

100g中
 〔成  分〕 ジブカイン塩酸塩
 〔含  量〕 1.0g
 〔はたらき〕 局所麻酔作用により、口内炎・口角炎の痛みを鎮めます。

 〔成  分〕 アミノ安息香酸エチル
 〔含  量〕 0.3g
 〔はたらき〕 局所麻酔作用により、口内炎・口角炎の痛みを鎮めます。

 〔成  分〕 塩化セチルピリジニウム
 〔含  量〕 0.1g
 〔はたらき〕 殺菌作用により、口腔粘膜の化膿を防ぎます。

 〔成  分〕 l-メントール
 〔含  量〕 0.1g
 〔はたらき〕 患部の炎症をやわらげます。

添加物として、ポリソルベート80、ポビドン、ゲル化炭化水素、香料を含有します。

保管方法

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手のとどかない所に保管してください。
(3)他の容器に入れ替えないでください。(誤用の原因になったり品質が変わります。)
(4)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。
【上手な使い方】
(1)清潔なティッシュペーパーやガーゼなどを患部の唾液に軽く押し当ててふきとる。
(2)清潔な指先、または脱脂綿に軟膏をとり、患部にうすくのばす。

【チューブの穴の開け方】
キャップを逆さにして、突起部をチューブの先に強く押し当ててください。

医薬品情報

製薬会社

森下仁丹株式会社

希望小売価格

5g入り980円

剤形

軟膏剤

医薬品分類

  • 第2類医薬品
  • 一般用医薬品

JANコード

4987227029020

更新日付:2015年10月22日

薬には効果(ベネフィット)だけではなく、副作用(リスク)があります。副作用をなるべく抑え、効果を最大限に引き出すことが大切です。このために、この薬を使用される患者さんの理解と協力が必要です。

現在募集中の治験

QLifeでは、次の治験にご協力いただける方を募集しています。

この薬を調べた人は、他にこんな薬を調べています

おすすめの記事

ご利用に当たっての注意事項

  • ・掲載している情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。
  • ・デンタルクリーム 5gを適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(電話:0120-149-931)にご相談ください。
  • ・より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。
  • ・当サービスによって生じた損害について、株式会社QLife及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。