銀翹解毒散エキス細粒 9包

市販薬

銀翹解毒散エキス細粒 9包の基本情報

印刷する

アクセスランキング(09月18日更新)

  • 先々週:--位
  • 先週:--位
  • 今週:--位
つぶやく いいね! はてなブックマーク
  • 銀翹解毒散エキス細粒 9包の画像
    銀翹解毒散エキス細粒 9包の画像

作用と効果

知っておきたい商品特長
●この商品「銀翹解毒散エキス細粒」は、漢方の古典といわれる中国の医書「温病条弁(うんびょうじょうべん)」に収載されている「銀翹散(ぎんぎょうさん)」を基本にしてつくられた薬です。
●のどの痛み、せき、頭痛など、つらい風邪の症状に効きます。
●気管支などの抵抗力が弱ったときにひきやすい、つらい風邪の症状に効きます。
かぜによるのどの痛み・せき・口(のど)の乾き・頭痛

使用上の注意

1.次の人は服用前に医師又は薬剤師に相談すること。
 (1)医師の治療を受けている人
 (2)妊婦又は妊娠していると思われる人
 (3)体の虚弱な人(体力の衰えている人、体の弱い人)
 (4)胃腸の弱い人
 (5)高齢者
 (6)今までに薬により発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人
 (7)次の症状のある人 むくみ
 (8)次の診断を受けた人 高血圧、心臓病、腎臓病
2.次の場合は直ちに服用を中止し、この説明書を持って医師又は薬剤師に相談すること。
 (1)服用後、次の症状があらわれた場合
      〔関係部位〕  :    〔症  状〕
       皮 ふ    :  発疹・発赤、かゆみ
       消化器    :  悪心、食欲不振、胃部不快感
  ●まれに下記の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
     〔症状の名称〕 偽アルドステロン症
     〔症   状〕 尿量が減少する、顔や手足がむくむ、まぶたが重くなる、
             手がこわばる、血圧が高くなる、頭痛があらわれる
 (2)5~6日間服用しても症状がよくならない場合

用法・用量

次の量を1日3回、食間に水又はお湯で服用すること。
※食間とは、食後2~3時間を指す。

 〔年   齢〕 成人(15歳以上)
 〔1 回 量〕 1包

 〔年   齢〕 7才以上15才未満
 〔1 回 量〕 1/2包

 〔年   齢〕 5才以上7才未満
 〔1 回 量〕 1/4包

 〔年   齢〕 5才未満
 〔1 回 量〕 服用しないこと

<用法・用量に関連する注意>
 (1)用法・用量を厳守すること。
 (2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させること。

禁止事項

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなる)

短期間の服用にとどめ、連用しないこと。

成分・分量

3包中 銀翹解毒散乾燥エキス4.3g
(キンギンカ4.26g、レンギョウ4.26g、キキョウ2.556g、カンゾウ2.556g、ハッカ2.556g、ダンズシ2.136g、ゴボウシ2.136g、タンチクヨウ1.704g、ケイガイ1.704g、レイヨウカク0.132gより抽出)を含む。

添加物として、トレハロース、メタケイ酸アルミン酸Mg、ヒプロメロース、無水ケイ酸、トウモロコシデンプンを含む。

※本剤は天然物(生薬)のエキスを用いているため、粒の色が多少異なることがある。

保管方法

(1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の容器に入れ替えないこと。(誤用の原因になったり品質が変わる)
(4)1包を分けて服用したときの残りは、袋の口を折り返して封をするように閉じ、2日以内に使用すること。
(5)使用期限を過ぎた製品は服用しないこと。なお、使用期限内であっても一度開封した後は、なるべく早く使用すること。

医薬品情報

製薬会社

ロート製薬株式会社

希望小売価格

9包入り1800円

剤形

細粒

医薬品分類

  • 第2類医薬品
  • 一般用医薬品

JANコード

4987241150632

更新日付:2009年10月16日

薬には効果(ベネフィット)だけではなく、副作用(リスク)があります。副作用をなるべく抑え、効果を最大限に引き出すことが大切です。このために、この薬を使用される患者さんの理解と協力が必要です。

現在募集中の治験

QLifeでは、次の治験にご協力いただける方を募集しています。

この薬を調べた人は、他にこんな薬を調べています

おすすめの記事

ご利用に当たっての注意事項

  • ・掲載している情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。
  • ・銀翹解毒散エキス細粒 9包を適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(電話:0120-149-931)にご相談ください。
  • ・より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。
  • ・当サービスによって生じた損害について、株式会社QLife及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。