散痛楽楽丸 450丸

市販薬

散痛楽楽丸 450丸の基本情報

印刷する

アクセスランキング(08月21日更新)

  • 先々週:--位
  • 先週:--位
  • 今週:--位
つぶやく いいね! はてなブックマーク
  • 散痛楽楽丸 450丸の画像
    散痛楽楽丸 450丸の画像
  • 散痛楽楽丸 450丸の画像
    散痛楽楽丸 450丸の画像
  • 散痛楽楽丸 450丸の画像
    散痛楽楽丸 450丸の画像
  • 散痛楽楽丸 450丸の画像
    散痛楽楽丸 450丸の画像
  • 散痛楽楽丸 450丸の画像
    散痛楽楽丸 450丸の画像
  • 散痛楽楽丸 450丸の画像
    散痛楽楽丸 450丸の画像
  • 散痛楽楽丸 450丸の画像
    散痛楽楽丸 450丸の画像

作用と効果

 散痛楽楽丸は、「万病回春」に収載されている「疎経活血湯」を服み易い丸剤にしたものですが、その原典には“疎経活血湯は遍身走痛して刺すが如く、左足痛むこと尤も甚だしきを治す。左は血に属す。昼は軽く夜重いもの。”とあります。
 散痛楽楽丸は、無理な動作やくしゃみなどで突如襲われる腰痛や筋肉痛によく奏効し、特に神経痛などは、昼間より夜間から朝方にかけて痛みが激しくなるタイプに効きます。
 日常生活では身体を冷やさないように気をつけ、本剤を服用する前後には冷たい飲食物の摂取を避け、また、温かいお湯で服用するなどの心がけが、痛みを和らげるのに役立ちます。
体力中等度で、痛みがあり、ときにしびれがあるものの次の諸症:
関節痛、神経痛、腰痛、筋肉痛

使用上の注意

1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
 (1)医師の治療を受けている人
 (2)妊婦又は妊娠していると思われる人
 (3)胃腸が弱く下痢しやすい人
 (4)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人
2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
   〔関係部位〕   〔症  状〕
    皮 膚   : 発疹・発赤、かゆみ
    消化器   : 食欲不振、胃部不快感
3.1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。

用法・用量

次の量を1日3回、食前又は食間に服用して下さい。
(食間とは、食後2~3時間を指します。)
 〔 年  齢 〕 大人(15才以上)
 〔1回の服用量〕 10丸
 〔1日服用回数〕 3回

 〔 年  齢 〕 15才未満7才以上
 〔1回の服用量〕 7丸
 〔1日服用回数〕 3回

 〔 年  齢 〕 7才未満
 〔1回の服用量〕 服用しないで下さい。
 〔1日服用回数〕 服用しないで下さい。

<用法・用量に関連する注意>
(1)用法・用量を厳守して下さい。
(2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させて下さい。

成分・分量

本品30丸中
(トウキ(当帰)・・・・・・・1000mg
 ジオウ(地黄)・・・・・・・1000mg
 ソウジュツ(蒼朮)・・・・・1000mg
 センキュウ(川キュウ)・・・1000mg
 トウニン(桃仁)・・・・・・1000mg
 ブクリョウ(茯苓)・・・・・1000mg
 シャクヤク(芍薬)・・・・・1250mg
 ゴシツ(牛膝)・・・・・・・・750mg
 イレイセン(威霊仙)・・・・・750mg
 ボウイ(防已)・・・・・・・・750mg
 キョウカツ(羌活)・・・・・・750mg
 ボウフウ(防風)・・・・・・・750mg
 リュウタン(竜胆)・・・・・・750mg
 ショウキョウ(生姜)・・・・・250mg
 チンピ(陳皮)・・・・・・・・750mg
 ビャクシ(白シ)・・・・・・・500mg
 カンゾウ(甘草)・・・・・・・500mg)
疎経活血湯エキス2500mgを含有する丸剤です。

添加物として安息香酸ナトリウム、アルファー化デンプン、バレイショデンプン、セラックを含有します。

保管方法

(1)直射日光をさけ、なるべく湿気の少ない涼しい所に密栓して保管して下さい。
(2)小児の手のとどかないところに保管して下さい。
(3)他の容器に入れかえないで下さい。
   (誤用の原因になったり、品質が変わるため。)
(4)本剤は、時により丸剤と丸剤が付着して塊状となることがありますので、服用の時、ビンを軽く振るか、スプーンなどでほぐしてから用いて下さい。なお、薬効には変わりありませんので、安心して服用して下さい。
(5)ビンの中のつめ物は、輸送中に丸剤が破損するのを防ぐためのものです。開封後は不要となりますので取り除いて下さい。
(6)この文書は、本剤を服用の際に必要な注意事項等が記載されていますので、箱に入れて保管して下さい。
(7)使用期限を過ぎた製品は服用しないで下さい。

医薬品情報

製薬会社

イスクラ産業株式会社

希望小売価格

450丸入り5000円

剤形

丸剤

医薬品分類

  • 第2類医薬品
  • 一般用医薬品

JANコード

4987249202715

更新日付:2015年08月26日

薬には効果(ベネフィット)だけではなく、副作用(リスク)があります。副作用をなるべく抑え、効果を最大限に引き出すことが大切です。このために、この薬を使用される患者さんの理解と協力が必要です。

現在募集中の治験

QLifeでは、次の治験にご協力いただける方を募集しています。

この薬を調べた人は、他にこんな薬を調べています

おすすめの記事

ご利用に当たっての注意事項

  • ・掲載している情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。
  • ・散痛楽楽丸 450丸を適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(電話:0120-149-931)にご相談ください。
  • ・より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。
  • ・当サービスによって生じた損害について、株式会社QLife及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。