消毒用エタノール IK スプレー式 150ml

市販薬

消毒用エタノール IK スプレー式 150mlの基本情報

印刷する

アクセスランキング(05月31日更新)

  • 先々週:858位
  • 先週:757位
  • 今週:744位
つぶやく いいね! はてなブックマーク
  • 消毒用エタノール IK スプレー式 150mlの画像
    消毒用エタノール IK スプレー式 150mlの画像
  • 消毒用エタノール IK スプレー式 150mlの画像
    消毒用エタノール IK スプレー式 150mlの画像
  • 消毒用エタノール IK スプレー式 150mlの画像
    消毒用エタノール IK スプレー式 150mlの画像
  • 消毒用エタノール IK スプレー式 150mlの画像
    消毒用エタノール IK スプレー式 150mlの画像
  • 消毒用エタノール IK スプレー式 150mlの画像
    消毒用エタノール IK スプレー式 150mlの画像
  • 消毒用エタノール IK スプレー式 150mlの画像
    消毒用エタノール IK スプレー式 150mlの画像
  • 消毒用エタノール IK スプレー式 150mlの画像
    消毒用エタノール IK スプレー式 150mlの画像

作用と効果

外皮用殺菌消毒剤
手指・皮膚の殺菌・消毒に
手指・皮膚の殺菌・消毒

使用上の注意

1.次の人は使用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
(1)医師の治療を受けている人
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この製品を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。
関係部位・・・症状
皮ふ・・・発疹・発赤、かゆみ

用法・用量

塗擦またはガーゼ、脱脂綿等に浸して清拭する。

(1)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもと使用させてください。
(2)目に入らないように注意してください。万一、目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗い流してください。なお、症状が重い場合には、直ちに眼科医の診療を受けてください。
(3)外用にのみ使用し、内服しないでください。
(4)定められた用法を厳守してください。
(5)同一部位にくり返し使用した場合には、脱脂等による皮ふ荒れを起こすことがありますので注意してください。
(6)長期間または広範囲に使用する場合には、蒸気の吸入に注意してください。

禁止事項

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなります。)

1.局所刺激作用があるため、塗擦又は清拭するだけにとどめ、ガーゼ、脱脂綿等に浸して貼付けしないでください。
2.次の部位には使用しないでください。
(1)損傷のある皮膚
(2)目の周囲、粘膜等

成分・分量

本品100mL中
成分・・・分量
日本薬局方 エタノール・・・83mL
[エタノール(C2H6O)76.9~81.4vol%を含有します。]

添加物としてイソプロパノールを含有します。

保管方法

(1)直射日光及び火気を避け、涼しい所に密栓して保管してください。
(2)小児の手の届かない所に保管してください。
(3)他の容器に入れかえないでください。(誤用の原因になったり品質が変わるおそれがあります。)
(4)使用時は特に火気に注意し、ストーブ、コンロ等、火気の近くで使用しないでください。
(5)変質、変色を起こすおそれがあるので、適用箇所以外に本液が付着しないように注意してください。
(6)使用期限を過ぎた製品は使用しないでください。
飲用不可

ご使用の際は中央のストッパーを真横まで回してください。
ご使用後は液もれ防止のため、中央に戻してください。

火気厳禁
アルコール類 危険等級II 水溶性

医薬品情報

製薬会社

小堺製薬

希望小売価格

150ml入りオープンプライス

剤形

その他

医薬品分類

  • 第3類医薬品
  • 一般用医薬品

JANコード

4987371156122

更新日付:2020年01月29日

薬には効果(ベネフィット)だけではなく、副作用(リスク)があります。副作用をなるべく抑え、効果を最大限に引き出すことが大切です。このために、この薬を使用される患者さんの理解と協力が必要です。

現在募集中の治験

QLifeでは、次の治験にご協力いただける方を募集しています。

この薬を調べた人は、他にこんな薬を調べています

おすすめの記事

ご利用に当たっての注意事項

  • ・掲載している情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。
  • ・消毒用エタノール IK スプレー式 150mlを適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(電話:0120-149-931)にご相談ください。
  • ・より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。
  • ・当サービスによって生じた損害について、株式会社QLife及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。