パスロックIDクリーム50G

市販薬

パスロックIDクリーム50Gの基本情報

印刷する

アクセスランキング(08月21日更新)

  • 先々週:--位
  • 先週:--位
  • 今週:--位
つぶやく いいね! はてなブックマーク
  • パスロックIDクリーム50Gの画像
    パスロックIDクリーム50Gの画像

作用と効果

○パスロックID1%クリームに配合されるインドメタシンが、痛み、はれに直接作用し、肩こりの痛み、筋肉痛、腰痛を鎮めます。
○のびのよいクリーム剤ですので、べたつきがなく、擦り込むことでより効果的にお使い頂けます。
○l‐メントールを配合し、爽快な使い心地が続きます。
肩こりに伴う肩の痛み、腰痛、関節痛、筋肉痛、腱鞘炎(手・手首の痛み)、肘の痛み(テニス肘など)、打撲、捻挫

使用上の注意

1.次の人は使用前に医師又は薬剤師に相談すること
(1)医師の治療を受けている人
(2)妊娠又は妊娠していると思われる人
(3)本人又は家族がアレルギー体質の人
(4)薬によりアレルギー症状を起こしたことがある人
2.次の場合は、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師又は薬剤師に相談すること
(1)使用後、次の症状があらわれた場合
皮膚…発疹・発赤、かゆみ、はれ、ヒリヒリ感、熱感、乾燥感
(2)5~6日間使用しても症状がよくならない場合

用法・用量

1日4回を限度として適量を患部に塗擦する。

(1)用法・用量を守ること。
(2)11歳以上の小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させること。
(3)11歳未満の小児に使用させないこと。
(4)1週間あたり50gを越えて使用しないこと。
(5)目に入らないように注意すること。万一目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗うこと。なお、症状が重い場合には、眼科医の診療を受けること。
(6)使用後は手を洗うこと。
(7)外用にのみ使用すること。
(8)薬剤塗布後の患部をラップフィルム等の通気性の悪いもので覆わないこと。

禁止事項

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなる)

1.次の人は使用しないこと
(1)本剤によるアレルギー症状を起こしたことがある人
(2)ぜんそくを起こしたことがある人
2.次の部位には使用しないこと
(1)目の周囲、粘膜等
(2)湿疹、かぶれ、傷口
(3)みずむし・たむし等又は化膿している患部
3.長期連用しないこと

成分・分量

1g中:インドメタシン 10mg、l-メントール 30mg

クロタミトン、ミリスチン酸イソプロピル、精製ラノリン、グリセリン脂肪酸エステル、ポリオキシエチレンセチルエーテル、カルボキシビニルポリマー、カルメロースナトリウム、グリセリン、亜硫酸水素ナトリウム、エデト酸ナトリウム水和物、pH調整剤

保管方法

(1)高温・直射日光をさけ、なるべく涼しい所に密栓して保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)誤用をさけ、品質を保持するため、他の容器に入れ替えないこと。
(4)本剤のついた手で、目など粘膜にふれないこと。
(5)本剤が衣類や寝具などに付着すると黄色く着色することがあるので、汚れた場合にはなるべく早く水か洗剤で洗い落とすこと(有効成分インドメタシンによる着色)。
(6)使用期限の過ぎた製品は使用しないこと。

医薬品情報

製薬会社

大木

希望小売価格

50G入りオープンプライス

剤形

外用液剤

医薬品分類

  • 第2類医薬品
  • 一般用医薬品

JANコード

4987379903711

更新日付:2009年06月29日

薬には効果(ベネフィット)だけではなく、副作用(リスク)があります。副作用をなるべく抑え、効果を最大限に引き出すことが大切です。このために、この薬を使用される患者さんの理解と協力が必要です。

現在募集中の治験

QLifeでは、次の治験にご協力いただける方を募集しています。

この薬を調べた人は、他にこんな薬を調べています

おすすめの記事

ご利用に当たっての注意事項

  • ・掲載している情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。
  • ・パスロックIDクリーム50Gを適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(電話:0120-149-931)にご相談ください。
  • ・より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。
  • ・当サービスによって生じた損害について、株式会社QLife及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。