アクセスランキング(07月26日更新)

  • 先々週:167位
  • 先週:180位
  • 今週:145位
つぶやく いいね! はてなブックマーク GooglePlus
薬価 1錠あたり56.9円
剤形 黄色の錠剤(割線入)、直径8.1mm、厚さ3.3mm
シート記載 アーチスト10mg、D318、Artist10mg
薬効分類 個々の器官系用医薬品 > 循環器官用薬
主成分

カルベジロール

同じ成分の薬

この薬の添付文書

薬には効果(ベネフィット)だけではなく、副作用(リスク)があります。副作用をなるべく抑え、効果を最大限に引き出すことが大切です。このために、この薬を使用される患者さんの理解と協力が必要です。

作用と効果について

β受容体遮断作用に加えてα1受容体遮断作用による血管拡張作用、降圧作用を示し、血管抵抗を維持、減少させて、心臓のポンプ機能を改善し、体に必要な血液を十分に送り、心機能を改善します。
通常、本態性および腎実質性高血圧、狭心症、慢性心不全(虚血性心疾患または拡張型心筋症に基づく)、不整脈(頻脈性心房細動)の治療に用いられます。

次のような方は使う前に必ず担当の医師と薬剤師に伝えてください。

以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。気管支喘息、気管支痙攣、糖尿病性ケトアシドーシス、代謝性アシドーシス、不整脈、心原性ショック、非代償性の心不全、肺高血圧による右心不全、未治療の褐色細胞腫、絶食状態、栄養不良、肝機能障害、腎機能障害、末梢循環障害、血圧が低い。

妊娠または妊娠している可能性がある、授乳中

他に薬などを使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、他に使用中の一般用医薬品や食品も含めて注意してください)。

用法・用量

本態性高血圧症(軽症~中等症)、腎実質性高血圧症:通常、成人は1回主成分として10~20mgを1日1回服用しますが、年齢・症状により適宜増減されます。
狭心症:通常、成人は1回主成分として20mgを1日1回服用しますが、年齢・症状により適宜増減されます。
虚血性心疾患または拡張型心筋症に基づく慢性心不全:通常、成人は1回主成分として1.25mgを1日2回食後の服用から開始し忍容性(何事もなく飲み続けられる)があれば1週間以上の間隔で忍容性をみながら、段階的に増量され、忍容性がない場合は減量されます。用量の増減は必ず段階的に行われ、1回服用量は1.25mg、2.5mg、5mgまたは10mgのいずれかで、いずれも1日2回食後に服用します。通常、維持量として1回2.5~10mgを1日2回食後に服用します。年齢・症状により服用開始用量はさらに低用量になる場合もあり、また、反応性により維持量は適宜増減されます。
頻脈性心房細動:通常、成人は1回5mgを1日1回の服用から開始し、効果が不十分な場合には10mgを1日1回、20mgを1日1回へ段階的に増量されます。年齢・症状により適宜増減されますが、最大服用量は20mgを1日1回までです。
本剤は1錠中に主成分10mgを含みます。いずれの場合も、必ず指示された服用方法に従ってください。

飲み忘れた場合は、気がついた時にできるだけ早く飲んでください。ただし、次の通常飲む時間が近い場合は、忘れた分は飲まないで1回分を飛ばしてください。絶対に2回分を一度に飲んではいけません。

誤って多く飲んだ場合は医師または薬剤師に相談してください。

医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。

副作用について

主な副作用として、めまい、全身倦怠感、眠気、頭痛、慢性心不全(息切れや脱力感など)、心不全の悪化、動悸、徐脈、血圧低下、糖尿病悪化、発疹、喘息様症状、吐き気などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。

まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。

・息切れ、めまい、失神 [高度な徐脈、完全房室ブロック、心不全、心停止]

・顔面蒼白、冷汗、ふらつき [ショック]

・全身倦怠感、食欲不振、皮膚や白目が黄色くなる [肝機能障害、黄疸]

・全身倦怠感、尿量減少、手足や顔のむくみ [急性腎不全]

・発熱、全身倦怠感、皮膚・眼・口内に発疹ができる・赤くなる [中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群]

・呼吸困難、ふらふら感、眼や唇の周りがはれる [アナフィラキシー]

以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。

保管方法その他

乳幼児、小児の手の届かないところで、直射日光、高温、湿気を避けて保管してください。

薬が残った場合、保管しないで廃棄してください。

更新日付:2015年10月28日

アーチストに関する医師Q&A

Powered by AskDoctors

※回答を見るには別途AskDoctorsへの会員登録が必要です。

医療者の実際の評価

※ アーチストという名の全薬剤(形は異なるが成分は同じ)の評価を掲載しています。「医療者の実際の評価」についての詳細はこちらをご覧ください。

薬剤師 30代 国立病院(大学病院を除く) 男性 栃木県

ベネフィット(効果) 血圧を下げる作用があります。
脈を抑える作用があります。
また、心不全にも効果があり、心臓への負担を軽減する作用があります。
心臓の手術後の予後をのばす効果があります。

リスク(副作用など)と対処法 血圧が下がりすぎることがあります。
脈が遅くなりすぎることがあります。
心不全に使用するときは、徐脈にならないように少ない量からの服用になります。
また、喘息患者の方には投与できません。

実用的な特徴 メインテートに比べて脈を下げる作用は弱いので、その点で使い分けが可能てす。
心房細動や心疾患後の治療に頻用されます。
エビデンスが豊富で血圧や脈への作用が緩和で、心臓に対する投与の時は使用しやすいです。

この評価に他の医療者から補足

さらに!薬剤師 40代 保険薬局[投稿日:2016年 04月 23日]

血圧での使用と心臓での使用で、用法が違うこともあります。その点は注意が必要です。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

医師 40代 公立病院 循環器内科

私の処方の仕方 降圧効果は低いです。
逆に心不全の方への導入は少量から可能というメリットがあります。
除拍化作用も他剤にくらべてマイルドです。
薬価は安いため、使い易いです。
大きな副作用は無し。伝統ある薬剤なので、今更大きな問題は無いと思われます。
患者さんの使用感でも特にデメリット無し。
メーカーも大手にて信頼性に特に問題は無し。

この評価に他の医療者から補足

さらに!薬剤師 40代 国立病院(大学以外)[投稿日:2016年 02月 22日]

単剤での降圧効果はあまりないとされていますが、他の機序の降圧剤と併用することで、コントロールが難しい高血圧患者の血圧を下げることができます。

そう!薬剤師 50代 保険薬局[投稿日:2016年 02月 15日]

降圧効果低いと言ってもある程度はありますので、血圧の変動はしっかり把握しておいてください。

さらに!薬剤師 60代以上 保険薬局[投稿日:2016年 02月 13日]

このお薬は規格(成分含有量など)が色々在るお薬なので、きめ細かな対応がしやすい薬だと思います。体調変化があった場合は主治医の先生へご相談ください。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

続きを見る

併用禁忌(禁止)・注意の処方薬

薬の併用には専門的な判断が必要です。必ず、医師、薬剤師に相談してください。

もっと見る

処方実績の多い疾患

※ 処方実績はレセプトデータ(2015年04月~2015年09月)を基準としています。

2この薬は下記の疾患の患者さんに2番目に多く処方されています
3この薬は下記の疾患の患者さんに3番目に多く処方されています
この薬は下記の疾患の患者さんに処方されています

おすすめの記事

他の薬(同じ主成分)

もっと見る

他の剤形(規格)

他にこんな薬を調べています

医療者の実際の評価(続き)

医師 30代 大学病院 循環器内科

私の処方の仕方 カルベジロールが成分である。
心拍数を低下させるβ受容体阻害剤という種類の薬の中で、初めて慢性心不全に対して保険適応を受けた薬品である。
主に虚血性心疾患等、慢性化された患者や、利尿薬など基礎治療を受けている方などに幅広く処方されている。
特に高血圧、不整脈、狭心症に効果があるからです。
ただし、血圧降下を伴うので、糖尿病、気管支喘息、肝・腎機能障害を持つ患者に処方するときには十分な注意が必要である。
また長期服用時に中止すると突然死を招く事例が報告されているので、服用中止時においては十分な検査等をしながら中止していくことが必要である。
発売メーカーは第一三共である。

現場で質問・誤解されがちな内容と回答法 アーチスト長期服用時のリスクについて「1週間〜10日前後の服用していて1日服用忘れをしただけで、死を招くのか?」という質問がありますが、
「長期服用の定義は3ヶ月以上を想定したものです。また、数回抜いただけでは重大な事態は起こり難いので、1回忘れただけで危ないなどと過剰に心配しなくて良いです。」と説明しています。

この評価に他の医療者から補足

さらに!薬剤師 40代 保険薬局[投稿日:2015年 12月 18日]

狭心症や心房細動にも効果があります。α、βの両方の受容体を抑えるため、効果が高く、副作用が軽減されます。ただし病気の内容によって薬の用量が変わる点に注意をしてください。

さらに!薬剤師 30代 一般病院[投稿日:2015年 12月 17日]

服用をわすれた場合は思い出した時にすぐに服用してください。ただし、1回の服用量はきめられた量とおりとしてください。倍量は服用しないでください。次の服用時間が近い場合は、次の服用時間から内服してください。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

医師 40代 診療所(勤務医) 内科(一般/総合内科)

私の処方の仕方 βブロッカーという種類の、心臓の機能を抑制するために使うお薬です。
血圧をさげて、脈を遅くします。
心臓の機能が弱っている患者さんでも、この薬を少し使うことで心臓の機能を維持することによって、生命予後が改善することがわかっています。
不整脈の予防にもなります。

現場で質問・誤解されがちな内容と回答法 「脈が遅い人の場合には使えませんか?」と質問されることがありますが、
「確かに脈が遅い人には使いにくいです。ただし様子を見ながら少しずつ使うことはあります。」と回答しています。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

薬剤師 30代 調剤薬局

ベネフィット(効果) αβ遮断薬の代表的な薬剤である、複数の適応症を持っており、医師も使いやすく多用している。
カルベジロールとして心血管イベントの発症抑制や降圧効果を有しており、医師も使用しやすい薬の1つである。

リスク(副作用など)と対処法 薬の副作用としてはα受容体・β受容体を遮断することによって、アドレナリン性の昇圧作用や心臓に対するアドレナリンの働きを抑制するので、そういった点での副作用が考えられる。

実用的な特徴 10mgの錠剤は黄色い円形錠であり、割線がついている。
適応症が2.5mgとは異なる。
2.5mg錠は白色の楕円状であり、こちらにも割線がついている。
アーチスト錠2.5mgのジェネリック医薬品にはカルベジロール錠2.5mg「サワイ」があり、適応症が先発品と同等である。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

医師 40代 私立病院 循環器内科

私の処方の仕方 様々な剤型(1.25、2.5、10、20mg)があり、少量から使用しやすい。
慢性心不全の患者さんにも生命予後改善のエビデンスがあり、高血圧を合併した心不全患者さんに効果が期待できる。
また心拍数コントロールにも有効で、慢性心房細動、頻脈合併の患者さんにも効果が期待できる。

現場で質問・誤解されがちな内容と回答法 「血圧や脈が下がり過ぎたりしないか」と質問されることがありますが、
「少量から始めて効果を見ながら漸増していくので、至適応量(してきおうりょう)は決定しやすい。」と説明しています。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

薬剤師 40代 調剤薬局 女性 京都府

ベネフィット(効果) 心臓の機能を助ける作用があり、またそれに加えて血圧を下げる作用もあります。検査で心臓機能の状態を見ながら量を調整されることもあるので、次に増量になっても心配しないでください。

リスク(副作用など)と対処法 血圧を下げる効果もあるため、血圧が低くなったことによって多少ふらつきが出る場合があります。また成分に遭わない場合、かゆみや発疹が出ることもあるので、服用を続けてしんどい感じ、倦怠感など出るようなら相談してください。

実用的な特徴 状態により量を調節されます。mg数が1.25mg、2.5mg、10mgとありますが病気の状態によって錠を半分にしていることがあるので心配しないようにしてください。Dr.からの説明で「量を減らしましょう」と言われても、白い錠剤2.5mg×3錠から黄色い錠剤の10mgを半分にするなど、見た目が全く違うことがありますが成分は同じです。

現場で質問・誤解されがちな内容と回答法 1.25mgと10mgは色が同じで剤形ちがい、1.25mgと2.5mgは剤形同じで色違いと種類があるので疾患によって状態変化で増減などがあると「医師からは量を減らすだけって聞いたのに全然違う錠剤だ」と不安感を訴えられることがあります。薬品名の記載したシートをすべてお見せしてmg数によって色が違う理由(ミス防止)も一緒に説明しています。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

薬剤師 30代 調剤薬局

ベネフィット(効果) 薬効の幅が広い。
低用量だと心臓関連、脈関連、
高用量だと、高血圧まで適応がある。
アルファ、ベータの両方に作用し、その作用は偏りがあまりなく副作用も少ないことが言われる。
多くのベータの薬がかたよりがあり、動悸などの副作用が出やすい薬があるものもあるが、アーチストはそのバランスが取れていると言えると思います。

リスク(副作用など)と対処法 リスクとなりますと、用量の幅広さからくるミスではないでしょうか。
基本的に薬の多くは2、4倍量の規格のものが存在することが多いですが、アーチストの場合はその特性から、用量が20倍近く広く、その結果、規格、対応はさまざまになっている。
 

実用的な特徴 簡易懸濁法は可能だと思う。
保管は通常保管で問題はない。
包装特性も遮光などではないし普通です。
資材はあると思いますが、なかなか処方から適応が決めにくいのが現状。
ヒートも 規格ごとに色分けされている。

現場で質問・誤解されがちな内容と回答法 「こんなにmgが違うのはなぜ?」と聞かれる事がありますが
「適応が異なるためです」と回答しています。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

医師 40代 私立病院 循環器内科

私の処方の仕方 元々は高血圧の薬として発売された薬です。
心臓が弱る心不全という病気には禁忌とされていました。
しかしその後心不全の患者さんにこの薬が投与された場合心臓が保護されるということが分かりました。
現在は心不全患者さんへの第一選択薬のひとつとして投与されています。
使用の際には少量から投与します。
副作用のむくみ、呼吸困難などを生じさせにくくするためです。
副作用がないのを確認しながら量を増やしていきます。
使用量が多いほど心保護作用が強いと言われています。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

医師 30代 国立病院機構 循環器内科

私の処方の仕方 基本的には降圧剤であるが、現在は降圧剤としては使用しなくなってきた薬。
心筋梗塞後の心拡大や線維化を起こす事の抑制の目的。
いわゆる頑張りすぎた心臓を休めてあげるという考え。
ベータ遮断薬で他と比較し徐脈(不整脈の一種、心拍数が毎分60回未満)にはなりにくいが喘息には未だ禁忌薬である。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

医師 50代 私立病院 内科(一般/総合内科)

私の処方の仕方 第一三共が販売するαβブロッカー/α:β=1:8のβ遮断作用が主の血管拡張作用・抗酸化作用・糖脂質代謝を悪化させない降圧剤です。
心不全に対する適応も有しており、ACE阻害剤、利尿剤、ジギタリスとの併用にて慢性心不全治療を行う際に使うことがある。
適応は、1)中等症までの本態性高血圧・腎実質性高血圧症、2)狭心症、3)虚血性心疾患又は拡張型心筋症に基づく慢性心不全
剤型は、1.25mg、2.5mg、10mg、20mgの4製剤があり、用量調整はしやすい。
禁忌として、気管支喘息、糖尿病性アシドーシスがある。

現場で質問・誤解されがちな内容と回答法 「この薬で血圧が下がって、気分が悪くなりませんか?」と質問されることがありますが、
「服用する量を、最初は低用量から漸増していくので、まず低血圧症状になる心配はありません。」と回答しています。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

医師 40代 私立病院 循環器内科

私の処方の仕方 発売当初は血圧を下げる目的のみで使われているお薬でしたが、研究が進むにつれ力が弱くなった心臓を助ける効能があることもわかってきました。
現在手足がむくんだりするような慢性心不全の方にも服用いただいています。
ただし血圧を下げるときの成分量と心不全で飲んで頂くときの成分量に違いがあるので、服用時には注意が必要です。
慢性心不全で飲んで頂くときは入院して頂き、少量から開始します。
副作用がないことを確認しながら徐々に増やしていきます。
その後も継続することで心臓の機能を助けると言われています。

現場で質問・誤解されがちな内容と回答法 「心臓を保護する目的で飲んでいる場合もありますので、血圧が低くなっても自己判断で中断せず、医師に相談して下さい。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

医師 40代 診療所(開業医) 内科(一般/総合内科)

私の処方の仕方 アーチストはベータ遮断剤という降圧剤に分類される薬です。
一般名をカルベジロールといい、最近では慢性心不全の患者さんの生命予後を改善する効果が強いことが証明されています。
このため、慢性心不全の治療には欠かせないお薬になっています。
ただし、ふらつきや血圧低下の副作用もあるため、循環器専門の医師により処方されるべきお薬です。

現場で質問・誤解されがちな内容と回答法 「後発品が出ているので、変更できますか?」という質問が時々ありますが、
「現時点で後発品には慢性心不全の適応がありませんので、慢性心不全の方は、先発品を使う必要があります。」と回答しています。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

薬剤師 30代  男性 高知県

ベネフィット(効果) 心臓の働きを助ける作用があるので狭心症などに使われます。血圧を下げる作用もあります。

リスク(副作用など)と対処法 手足の冷え、ふらつきに注意してください。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

QLifeの健康・医療の特集記事

ご利用に当たっての注意事項

  • ・掲載している情報は、第一三共株式会社の提供情報を元に、くすりの適正使用協議会が独自に編纂したものです。正確な情報に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。
  • ・掲載している併用禁忌・併用注意の情報は、医療用医薬品の添付文書を元に薬剤師が監修して作成したものです。内容を完全に保証するものではありません。
  • ・アーチスト錠10mgを適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(電話:0120-149-931)にご相談ください。
  • ・より詳細な情報を望まれる場合は、担当の医師または薬剤師におたずねください。
  • ・当サービスによって生じた損害について、株式会社QLife及び、くすりの適正使用協議会、株式会社ネグジット総研ではその賠償の責任を一切負わないものとします。

「医療者の実際の評価」はあくまで参考材料のひとつに

  • ・法律で「医薬品等の適正使用と有効性・安全性の知識と理解を深める努力」が「患者責任」と規定されたこと、また「他の薬を試したい」時に医師に訊けずに転医してしまう患者が少なくない実態を解消する支援をしたいと考え、1)生活者・医療者間の会話の糸口・参考例、2)医薬品についての関心や知識を深めるきっかけ・参考材料、として提供しています。詳細はこちらをご覧ください。
  • ・薬口コミの内容は不完全です。これだけで服薬中断や変更の判断は絶対にしないでください。
  • ・専門家が審査したうえで公開しています。「明らかに間違った内容」「著しく読む人への配慮に欠ける、または誤解を招く表現」のほか、「服用を強く恐怖させる表現」「処方を強く否定する記述」「強い断定」「多量摂取の推奨」「適応外処方の推奨」などを排除しています。ただし問題の「評価」を見つけた場合は、お手数ですが「問題投稿通報」からお知らせください。