アクセスランキング(07月23日更新)

  • 先々週:312位
  • 先週:262位
  • 今週:228位
つぶやく いいね! はてなブックマーク GooglePlus
薬価 1錠あたり15.1円
剤形 白色の錠剤、直径7.1mm、厚さ3.4mm
シート記載 KH306 10mg ナウゼリン
薬効分類 個々の器官系用医薬品 > 消化器官用薬
主成分

ドンペリドン

同じ成分の薬

この薬の添付文書

薬には効果(ベネフィット)だけではなく、副作用(リスク)があります。副作用をなるべく抑え、効果を最大限に引き出すことが大切です。このために、この薬を使用される患者さんの理解と協力が必要です。

作用と効果について

胃・十二指腸のドパミンの働きを抑えて、消化管運動を改善し、吐き気に関与するCTZ(化学受容器引金帯)に作用して、吐き気を抑えます。
通常、成人では慢性胃炎、胃下垂などの吐き気、嘔吐、食欲不振などに、小児では風邪や周期性嘔吐症による吐き気などの改善に用います。

次のような方は使う前に必ず担当の医師と薬剤師に伝えてください。

以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。消化管出血、機械的イレウス、消化管穿孔、プロラクチノーマ、肝障害、腎障害、心疾患がある、小児で脱水症状・発熱時

妊娠、妊娠している可能性がある、授乳中

他に薬などを使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、他に使用中の一般用医薬品や食品も含めて注意してください)。

用法・用量

成人:通常、1回主成分として10mgを1日3回食前に服用します。レボドパ製剤服用時は、1回主成分として5~10mgを1日3回食前に服用します。年齢・症状により適宜増減されます。
小児:通常、1日主成分として体重1kgあたり1~2mgを3回に分けて食前に服用します。年齢・体重・症状により適宜増減されます。1日最高用量は主成分として30mgです。6才以上の1日最高用量は主成分として体重1kgあたり1mgです。
本剤は1錠中に主成分10mgを含有します。必ず指示された服用方法に従ってください。

飲み忘れた場合は服用せずに、次の通常の服用時間に1回分を飲んでください。絶対に2回分を一度に飲んではいけません。

誤って多く飲んだ場合は医師または薬剤師に相談してください。

医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。

副作用について

主な副作用として、成人では、下痢、便秘、胸やけ、吐き気、吐く、乳汁分泌、女性化乳房などが、小児では、下痢、錐体外路障害(筋肉のこわばり、手足のふるえなど)、眠気、発疹などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。

まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。

・めまい・たちくらみ、冷や汗、顔色が真っ青になる [ショック]

・呼吸困難、蕁麻疹、眼および口の周りのはれ [アナフィラキシー]

・手足のふるえや筋肉のこわばり、首のねじれやつっぱり、眼球が上を向く [錐体外路症状]

・意識が薄れる、けいれんが起こる [意識障害、痙攣]

・全身がだるい、食欲がない、皮膚や白目が黄色くなる [肝機能障害、黄疸]

以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。

保管方法その他

乳幼児、小児の手の届かないところで、直射日光、高温、湿気を避けて保管してください。

薬が残った場合、保管しないで廃棄してください。

更新日付:2016年07月11日

ナウゼリンに関する医師Q&A

Powered by AskDoctors

※回答を見るには別途AskDoctorsへの会員登録が必要です。

医療者の実際の評価

※ ナウゼリンという名の全薬剤(形は異なるが成分は同じ)の評価を掲載しています。「医療者の実際の評価」についての詳細はこちらをご覧ください。

医師 40代 私立病院 腎臓内科(高血圧内科)

私の処方の仕方 消化管のホルモン(ドパミン)を抑えて、消化管の機能を改善して、吐き気を取る薬。
効果は若干弱めだが、副作用の高齢者でのパーキンソン症状などは出にくいようだ。
私自身も時に使用することがある。
坐薬の形態もあり、経口できない場合でも服用できるのが良い。
値段は高くはない。

この評価に他の医療者から補足

さらに!薬剤師 40代 保険薬局[投稿日:2016年 03月 21日]

胃腸の動きを良くしてムカムカ症状を抑えるので食事の前後関係なく服用できます。むかつきがひどい場合には同じ成分の坐剤を使います。

さらに!薬剤師 30代 保険薬局[投稿日:2016年 03月 18日]

食前に服用することで、胃腸の働きを活性化します。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

薬剤師 50代 その他

ベネフィット(効果) 主成分はDomperidoneです。
慢性的な胃炎から引き起こされる吐き気や胃の膨満感を改善させるお薬です。
錠剤はやや厚みがあります。
水や白湯と共にゆっくり服用ください。

リスク(副作用など)と対処法 過去にこの製剤を服用して発疹や皮膚の痒みが発生した場合は、医師にご相談の上ご服用ください。
また、製剤の服用による睡眠を誘う症状が報告されています。
自動車運転や工作機械などの業務にはご注意ください。
めまいや倦怠感などの症状がでた場合は、医師若しくは薬剤師にご相談ください。

実用的な特徴 製剤はやや厚みがあり、口の中で溶けやすくする為に表面はコーティングされていません。
味が気になるようでしたらオブラートをご利用ください。
また、錠剤の表面上に斑点が見受けられ場合がありますが問題はありません。
デリケートなお薬ですから日光や湿気を避けて保管してください。

現場で質問・誤解されがちな内容と回答法 ナウゼリンはジェネリック化が進んだ医薬品です。
製薬会社によってはOD錠剤を販売しています。
水と一緒に服用する必要がないOD錠剤と、水が必要な口腔内崩壊錠があり患者様にお渡しする時にご説明する必要があります。

この評価に他の医療者から補足

なお・・・薬剤師 40代 保険薬局[投稿日:2016年 01月 16日]

「製剤の服用による睡眠を誘う症状が報告されています」の箇所が役立ちました。

え~?薬剤師 40代 保険薬局[投稿日:2016年 01月 09日]

フィルムコーティングがないのは、「ナウゼリンOD」です。普通錠はフィルムコーティングされており、味はしません。また、服用の際は、食前15~30分前を目安に服用してください。

さらに!薬剤師 40代 保険薬局[投稿日:2016年 01月 06日]

吐き気が強い時は坐薬を使用することもありますが、成人の適応は術後だけです。内服の方が効果が高いので、口腔内崩壊錠が適しています。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

続きを見る

併用禁忌(禁止)・注意の処方薬

薬の併用には専門的な判断が必要です。必ず、医師、薬剤師に相談してください。

もっと見る

処方実績の多い疾患

※ 処方実績はレセプトデータ(2015年04月~2015年09月)を基準としています。

この薬は下記の疾患の患者さんに処方されています

おすすめの記事

他の薬(同じ主成分)

もっと見る

他の剤形(規格)

もっと見る

他にこんな薬を調べています

医療者の実際の評価(続き)

薬剤師 30代 私立病院

ベネフィット(効果) 胃や消化管のドパミンという物質を受け取る場所を邪魔することで、アセチルコリンという物質を出して、消化管をよく動かしてくれます。
そして食欲不振や吐き気などの不快な症状を抑えてくれます。
また脳の方でも吐き気を止めてくれる作用があります。

リスク(副作用など)と対処法 副作用は少ないです。
眠気やめまいなどがおこることがあります。
ホルモン系の異常がごくまれに起こることがあります。
乳汁分泌や生理不順などです。もし起こったら教えてください。

実用的な特徴 吐き気が出ないようにする薬なので、食前に飲まれた方がよい薬です。
ですが、飲み忘れて食後に飲んでしまっても問題はありません。
眠気やめまいがでる事がありますので高い場所などの作業は避けてください。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

薬剤師 30代 調剤薬局 男性 千葉県

ベネフィット(効果) 胃の動きが停滞していると、それに伴って上部不快感などを起こすことが知られています。
そこでこのナウゼリンを服用すると、胃の動きを活発にします。活発になった胃は、内部に溜まった食物などの消化を促し、それによって様々な消化管症状を改善することが知られています。

リスク(副作用など)と対処法 他に胃薬などを服薬している方は、注意が必要となります。本剤は胃の中が酸性の時に吸収が速いのですが、胃薬の服薬をすることで酸性からアルカリ性に傾いてしまうと、本剤の効果が減弱してしまうことがあるので、注意が必要です。

実用的な特徴 何か口にすると、すぐに吐いてしまうような方には、座薬もあります。
この座薬は他の座薬と一緒に使用すると効果が減弱してしまうことがあるので、注意が必要です。
口から飲める人には、普通錠のほか、口腔内崩壊錠やドライシロップもありますので、飲みやすい剤形を選びやすい薬剤です。

現場で質問・誤解されがちな内容と回答法 「座薬が入れたらすぐに出てしまった場合、どうしたら良いですか?」と質問されることがありますが、「座薬の形がしっかりと残っている場合は、再度挿入してください。座薬の形が残っていなく、しろっぽい液状のものが出ている場合は、すでに必要量は吸収したと考えられるので、そのまま様子を見ていただいて大丈夫です。」と回答しています。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

薬剤師 50代 私立病院 男性 鹿児島県

ベネフィット(効果) 食事に関係なく、効果は変わらない。
神経に作用することで吐き気を感じにくくする作用である。
このことで、不快感も改善される。
飲み薬に加えて、肛門から入れる坐薬もあり、症状に応じて使い分けができる。
なお、飲み薬は飲んでから、10分以内に吐いてしまうと期待できる効果がなくなるので、1時間後に追加して飲んでよい。
坐薬は、入れてから20分以上経つと効果が確実である。

リスク(副作用など)と対処法 神経に作用するので、服用後、めまいやふらつきが出る場合がある。
この時は、自動車運転など機器操作ができないので、吐き気が止まったからという理由で安易に自動車運転をするのは控えてもらう必要がある。
なお、作用時間は6時間程度であり、その時間を経過すれば、運転も可能である。

実用的な特徴 坐剤もあることから、処方時に選択できるよう説明書に明記する必要がある。
また、坐剤には3つの規格があるので、吐き気の強さにより使い分けができること、直腸の水分で溶けてさようするため、坐剤自体を水で濡らして使用すればより効果的である。

現場で質問・誤解されがちな内容と回答法 服用すれば、吐き気が収まることから、飲食物の摂取は可能であると思われがちですが、根本原因は改善されていない場合があるので、食事は医師の指示通り、控えてください。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

薬剤師 30代 調剤薬局

ベネフィット(効果) 慢性胃炎、胃潰瘍など胃の運動に障害がおこると吐き気がおこってきます。
ナウゼリンにはその吐き気を抑える、胃の調子を整えるといった効果がある消化器機能改善薬に分類されています。

リスク(副作用など)と対処法 まれに、下痢、便秘、腹部の圧迫感、のどの渇きがあるおとがありますが、特に頻度の高い副作用はありません。
まれにですが無月経、女性化乳房、手のふるえ、筋肉の膠着がみられることがあります。
このような症状が疑われたら医師の診察を受けてください

実用的な特徴 ナウゼリンは白色の錠剤になっています。
保存に特別な注意は必要ありませんが他の薬と同様、高温多湿の場所は避けて保存してください。
食前投与が多いですが飲み忘れたときは食後に飲んでも構いません

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

医師 50代 診療所(開業医) 人工透析科

私の処方の仕方 消化管障害時の吐き気に有効。
抗がん剤使用時の吐き気に対しては、効果は高くない。
急性胃炎や慢性胃炎などに伴う吐き気に効果的。
またリリカ投与など、神経性疼痛治療時の、副作用としての吐き気には有効で、強い痛みに対して「リリカで痛みは治まるけど、吐き気が辛い。」という患者にはナウゼリンを併用することで吐き気が抑えられることがある。
剤形が多様に用意されており、、錠剤、OD錠、細粒、坐剤、ドライシロップ(粉薬)がある。
発売元のメーカーは、協和発酵キリン。

現場で質問・誤解されがちな内容と回答法 「どんな吐き気のときにも使って良いですか?」と聞かれることがありますが、
「吐き気の原因はいろいろなので、安易に使い続けないで下さい。副作用でパーキンソン症状が出現することがあります。」と回答しています。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

医師 40代 診療所(開業医) 内科(一般/総合内科)

私の処方の仕方 吐き気止めとしての利用価値は高い。
嘔気が強い時には薬を内服することが困難のため、また小児の場合も含めて、坐剤があるのは便利である。
その点でもプリンペランに比べて使いやすい。
錐体外路症状は注意が必要である。
薬価は安いので気兼ねなく使える。

現場で質問・誤解されがちな内容と回答法 「これで吐き気が止まり、治るのでしょうか?」と質問されることがありますが、
「根本治療ではないため、この薬だけでは完全には治らないです。」と説明しています。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

薬剤師 40代 私立病院 女性 神奈川県

ベネフィット(効果) 吐き気止めです。強めなので、よく効きます。 上部消化管や、CTZという吐き気を生じる中枢神経を抑えることにより、強く吐き気を抑えることが出来ます。脳に作用はしづらいお薬です。

リスク(副作用など)と対処法 特に強い副作用はありませんので、比較的に安全にお飲み頂けると思います。 眠気、眩暈等を起こす人がまれにいますが、その場合服用は中止して下さい。またその場合、車の運転等はされない方がよいでしょう。

実用的な特徴 この製品はOD錠で薬が口の中で唾液で素早くとけるので、水なしで服用できます。ただし、吸湿しやすいので、飲む直前にシートから出して服用された方が、よいと思います。またすっきりした、ミント味がするので、飲みやすいでしょう。

現場で質問・誤解されがちな内容と回答法 いつのめば良いのかという質問に対しては、食前にお飲み下さいとお答えします

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

薬剤師 30代 私立病院 女性 岡山県

ベネフィット(効果) 吐き気を抑えたり予防する薬です。胃の中の食物を腸へ排出する作用があります。脳へは作用しにくい薬です。1日に3回食後に服用してください。
口腔内で崩壊して唾液で溶ける錠剤もあるので、吐き気があり服用できない場合は変更も可能です。

リスク(副作用など)と対処法 眠気やめまい、ふらつきがおこりやすいので車の運転や高所の作業には気をつけてください。
妊婦には投与できません。
まれにですが、脳からくる副作用がおこることがあります。意識障害やけいれんなどの症状があれば相談してください。

実用的な特徴 錠剤の形では、錠剤とOD錠があります。白い裸錠です。
他にも散薬やシロップ、座薬などがあります。
錠剤での簡易懸濁も可能です。
服用できない場合に他の剤形に変更が可能です。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

薬剤師 40代 調剤薬局 男性 神奈川県

ベネフィット(効果) このお薬は消化器の働き、たとえば胃や腸などの運動を改善してしてくれます。また、脳にも働きかけて吐き気の症状を改善する働きがあるお薬です。食事にこだわらず食前や食後どちらでも効果が得られるお薬になります。

リスク(副作用など)と対処法 お薬の服用でアレルギー的なショックやアナフィラキシーなどの症状が現れる場合もあります。また、脳にも働きかけるお薬ですので痙攣や意識障害など現れるケースもあります。

実用的な特徴 このお薬には錠剤や水無で服用できるOD錠、ドライシロップなどがあり、服用できない場合などは坐剤のお薬もあります。通常、お薬は腸まで入って吸収されますが、ドライシロップなどは胃粘膜からも吸収が始まるのでお薬の効果が得られるのは早く坐剤も内服もさほど差はないでしょう。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

医師 60代以上 診療所(勤務医) 内科(一般/総合内科)

私の処方の仕方 嘔気を抑制する一定の効果があると思われる。
消化管の運動を促進したいときに有用である。
剤形が多様で、錠剤やOD錠、細粒のほかに坐剤もあり、使いやすい。
術後の消化管運動低下やいろいろな場面での腹部膨満、嘔気、もたれなどに使うことが可能。
費用面でも、特に薬価が高くないので問題になりにくい。
また副作用として特に大きな問題となった経験はない。
ナウゼリンは協和発酵キリンからの製造販売である。
成分名のドンペリドンの名前で、複数のメーカーから後発品も出ている。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

医師 50代 診療所(開業医) 腎臓内科(高血圧内科)

私の処方の仕方 ドンペリドンと呼ばれる吐き気止めの代表薬剤の一つ。
最大の特徴は水無しで飲めるOD錠(口腔内崩壊錠、水がなくても口の中で溶ける剤型)や座薬タイプがあり、吐き気のある時でも比較的内服しやすいということ。
ゲーゲー吐いている最中には薬は注射するか、座薬を使うかしかありませんから。
吐き気止めの本体は胃内容物排出促進、胃が早く空っぽになればすっきりして、胃部不快もとれやすくなる。
自分でもよく飲む薬剤の一つ。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

薬剤師 20代 その他

ベネフィット(効果) 胃腸の運動を整えたり吐き気をつかさどる器官に作用して吐き気を抑えるお薬です。
服用により消化管の運動と分泌が促進されます。
胃炎だけでなく胃下垂や食欲不振などの症状に対しても効果があります。

リスク(副作用など)と対処法 脳の働きを活発にするドーパミンの働きを抑えるお薬ですので、服用により眠気やふらつきが生じる恐れがあります。
そのため服用した際は運転や危険な作業などはお控えください。

実用的な特徴 錠剤だけではなく細粒、ドライシロップ、坐剤が存在する。
坐剤の場合は冷所保存であるが夏場は冷蔵庫に保管するように服薬指導するケースが多い。
OD錠は湿気に弱いので注意が必要。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

医師 30代 大学病院 内科(一般/総合内科)

私の処方の仕方 ドパミンの働きを抑えて、消化管運動を改善し、吐き気に関与する化学受容器に作用して、吐き気を抑えます。
通常、消化管疾患、例えば、成人では慢性胃炎、胃下垂などの吐き気、嘔吐、食欲不振などに、小児では風邪や周期性嘔吐症による吐き気などの改善に用います。
この分野では最もスタンダードな薬の一つと思っています。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

医師 60代以上 私立病院 内科(一般/総合内科)

私の処方の仕方 ドーパミン受容体拮抗薬の一つで、制吐剤の第一選択薬としてかなりの症例に使用している。
剤形に錠剤と坐剤があり、使い分けができる点も非常に便利である。
内服が困難な症例や座薬が挿入困難な場合には注射薬の他剤を投与するが、8割ほどの患者には錠剤で投与可能である。
個人的にはほとんど副作用らしい経験をしたことがなく、かなり安心して投与できる薬剤である。
協和発酵キリンが発売元だが、最近は後発品も出てきた。

現場で質問・誤解されがちな内容と回答法 「副作用がありますか?」と問われることもあるが、
「ほとんど経験したことがありません。」と回答している。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

薬剤師 30代  男性 高知県

ベネフィット(効果) 胃腸の働きを整える作用があるので、吐き気や食欲不振の患者さんに使われます。

実用的な特徴 1日2mg3回使えますが、間は6時間以上空けてください。挿入後すぐに出てきてしまった場合は、形があるまま出てきたならば新しい坐薬を入れてください。形がない状態で出てきたのならばお薬は体の中に入っているので新しく坐薬を入れなくて構いません。白く見えているのは基材です。熱さましの坐薬と同時に使う場合、先に熱さましの坐薬を入れて、30分以上経ってからナウゼリン坐剤を入れることに、注意してください。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

薬剤師 20代  女性 長崎県

ベネフィット(効果) 消化器系の症状を改善します。特に吐き気止めとして処方されることが多いです。

リスク(副作用など)と対処法 空腹時が効果が実感しやすいです。(食前なら30分ほどで血中濃度が最大となるが、食後では2時間くらいかかってしまうので)

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

薬剤師 20代  女性 福岡県

リスク(副作用など)と対処法 制酸剤、H2受容体拮抗剤、プロトンポンプ阻害剤などを服用している患者さんは、効果減弱することがあるので、他に薬を服用している場合には医師・薬剤師に申し出てください。

実用的な特徴 食前に服用してください。食後だと、胃排出が遅延して、消化管からの本剤の吸収が遅くなり、期待する効果が得られない可能性があります。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

QLifeの健康・医療の特集記事

ご利用に当たっての注意事項

  • ・掲載している情報は、協和発酵キリン株式会社の提供情報を元に、くすりの適正使用協議会が独自に編纂したものです。正確な情報に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。
  • ・掲載している併用禁忌・併用注意の情報は、医療用医薬品の添付文書を元に薬剤師が監修して作成したものです。内容を完全に保証するものではありません。
  • ・ナウゼリン錠10を適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(電話:0120-149-931)にご相談ください。
  • ・より詳細な情報を望まれる場合は、担当の医師または薬剤師におたずねください。
  • ・当サービスによって生じた損害について、株式会社QLife及び、くすりの適正使用協議会、株式会社ネグジット総研ではその賠償の責任を一切負わないものとします。

「医療者の実際の評価」はあくまで参考材料のひとつに

  • ・法律で「医薬品等の適正使用と有効性・安全性の知識と理解を深める努力」が「患者責任」と規定されたこと、また「他の薬を試したい」時に医師に訊けずに転医してしまう患者が少なくない実態を解消する支援をしたいと考え、1)生活者・医療者間の会話の糸口・参考例、2)医薬品についての関心や知識を深めるきっかけ・参考材料、として提供しています。詳細はこちらをご覧ください。
  • ・薬口コミの内容は不完全です。これだけで服薬中断や変更の判断は絶対にしないでください。
  • ・専門家が審査したうえで公開しています。「明らかに間違った内容」「著しく読む人への配慮に欠ける、または誤解を招く表現」のほか、「服用を強く恐怖させる表現」「処方を強く否定する記述」「強い断定」「多量摂取の推奨」「適応外処方の推奨」などを排除しています。ただし問題の「評価」を見つけた場合は、お手数ですが「問題投稿通報」からお知らせください。