急性腰痛症病院変更後別の部位にも原因あり2020/07/30

5/19急性腰痛症と診断、 1週間待機も、痛み症状ありさらに 1週間待機その間痛み止めと湿布で対応翌日から仕事、仕事内容は運送業ですがまだ重い荷物を持つと痛みがあるので、痛み止めを飲んで仕事をしていた。二週間後まだ完全に痛み取れないので、更に強い痛み止めを処方してもらい腰バンドを着用して仕事、6月半ば腰の部位はマシになったので痛み止めを減らして仕事、その頃から、背中に圧迫感を感じながらも痛み止めで対応して仕事、症状が変わらず、通院に便利な病院を何件か探してもらう。そのうちのひとつが以前見てもらったクリニックだったのでそこに紹介状を持って通院することに、症状を言うと、首回りのレントゲンを撮ってもらった。(以前この病院で肩の痛みでレントゲンを撮ってもらった時ストレイトねっくと診断治療した事がある。)ただ、腰痛症で治療しているので、腰以外の治療はできないと言われた。自分としては、当初、ずっと痛み止めを服用して仕事をしていたので、他の痛みが余り感じられずにいた。痛み止めを減らしてから、背中や首回りの痛みがわかってきたし、握力低下もあるのでその治療も含めてやって欲しいと希望したが、腰痛症で治療しているので他の部位は治療出来ないと言われました。治療するなら、腰痛症の治療を終了させて、健康保険治療で対応するしかないと言われた。最初の病院で、転院するきっかけが、背中の痛みを訴えても、痛み止めと湿布、腰バンドのみで余り進展が感じられず、転院したんですが、、、。自分としては、腰のリハビリは継続して、別の病院で背中や握力を良くしてもらう治療をするしかないのかなと悩んでいます。会社では、出来るだけ重い荷物を運ばないようある程度考慮してもらってますが、いつまでもそういう訳にもいかず、かと言って背中、握力低下などの治療をしなければ症状が改善できないし、今後どうすればいいか悩みます。 (60代/男性)

雪国の画像診断医先生

放射線科

関連する医師Q&A※回答を見るには別途アスクドクターズへの会員登録が必要です。

Q&Aについて

掲載しているQ&Aの情報は、アスクドクターズ(エムスリー株式会社)からの提供によるものです。実際に医療機関を受診する際は、治療方法、薬の内容等、担当の医師によく相談、確認するようにお願い致します。本サイトの利用、相談に対する返答やアドバイスにより何らかの不都合、不利益が発生し、また被害を被った場合でも株式会社QLife及び、エムスリー株式会社はその一切の責任を負いませんので予めご了承ください。