すべて
病名
 × 

嵌頓包茎
かんとんほうけい

もしかして... 包茎

つぶやく いいね! はてなブックマーク

嵌頓包茎とは?

どんな病気か

 真性包茎で包皮が狭い状態である時に、無理に包皮をめくって循環障害を起こし、著しい浮腫(むくみ)を起こした状態です。

治療の方法

 治療が遅れて浮腫が強まり、用手的整復が不可能な場合には手術が必要なので、すぐに泌尿器科を受診してください。

 まずは用手的に整復を試みます。親指で亀頭を押しながら、両方の人差し指と中指でめくれてはれた包皮をはさみ、元にもどします。

 用手的にうまくいかない場合は、絞扼部の包皮を切開し、とりあえずむくみを取る必要があります。むくみが改善してから包茎の手術(環状切開術)を行います。

(執筆者:たけだ泌尿器科クリニック院長 武田 光正)

おすすめの記事

嵌頓包茎に関する医師Q&A