ベンザ鼻炎スプレー 14ml武田コンシューマーヘルスケア

市販薬

印刷する

アクセスランキング(09月24日更新)

  • 先々週:--位
  • 先週:--位
  • 今週:--位
つぶやく いいね! はてなブックマーク GooglePlus

薬には効果(ベネフィット)だけではなく、副作用(リスク)があります。副作用をなるべく抑え、効果を最大限に引き出すことが大切です。このために、この薬を使用される患者さんの理解と協力が必要です。

作用と効果について

●花粉・ハウスダストによるアレルギー性鼻炎などの鼻づまり・鼻水によく効くスプレータイプの点鼻薬です。
●塩酸テトラヒドロゾリンが、鼻粘膜の充血やハレをおさえ、鼻の通りを改善します。
●清涼化剤メントールの香りで、鼻がスッキリします。
●一定量の薬液を圧縮空気により押し出す容器なので、鼻水などが逆流せず衛生的です。
●無色澄明の薬液で、携帯に便利なスリムな容器です。
アレルギー性鼻炎、急性鼻炎または副鼻腔炎による次の諸症状の緩和:
 鼻づまり、鼻水(鼻汁過多)、くしゃみ、頭重(頭が重い)

次のような方は使う前に必ず担当の医師と薬剤師に伝えてください。

1.次の人は使用前に医師、薬剤師または登録販売者に相談すること
 (1)医師の治療を受けている人。
 (2)妊婦または妊娠していると思われる人。
 (3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人。
 (4)次の診断を受けた人。
    高血圧、心臓病、糖尿病、甲状腺機能障害、緑内障
2.使用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談すること
   〔関係部位〕   〔症  状〕
    皮 膚   : 発疹・発赤、かゆみ
    鼻     : はれ、刺激感

  まれに下記の重篤な症状が起こることがある。その場合は直ちに医師の診療を受けること。
 〔症状の名称〕ショック(アナフィラキシー)
 〔症   状〕使用後すぐに、皮膚のかゆみ、じんましん、声のかすれ、くしゃみ、
        のどのかゆみ、息苦しさ、動悸、意識の混濁等があらわれる。

3.3日間位使用しても症状がよくならない場合は使用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談すること

用法・用量

次の用法・用量で使用すること
 〔 年  齢 〕 7歳以上
 〔1 回 量 〕 1~2度ずつ鼻腔内に噴霧
 〔1日使用回数〕 3時間以上の間隔をおいて6回まで

 〔 年  齢 〕 7歳未満
 〔1 回 量 〕 使用しないこと
 〔1日使用回数〕 使用しないこと

<用法・用量に関連する注意>
(1)過度に使用すると、かえって鼻づまりを起こすことがある。用法・用量を厳守すること。
(2)小児に使用させる場合には、保護者の指導監督のもとに使用させること。
(3)点鼻用にのみ使用すること。
(4)目に入らないよう注意すること。万一目に入った場合には、すぐに水またはぬるま湯で洗い、直ちに眼科医の診療を受けること。

してはいけないこと(禁止事項)

(守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなる)

1.次の人は使用しないこと
  本剤または本剤の成分によりアレルギー症状を起こしたことがある人。
2.長期連用しないこと

成分・分量

1mL中
 〔成  分〕 塩酸テトラヒドロゾリン
 〔含  量〕 1mg
 〔はたらき〕 充血やハレをおさえ、鼻づまりを改善する

 〔成  分〕 クロルフェニラミンマレイン酸塩
 〔含  量〕 5mg
 〔はたらき〕 鼻づまり、鼻水、くしゃみに

 〔成  分〕 べンゼトニウム塩化物
 〔含  量〕 0.2mg
 〔はたらき〕 鼻腔内を清潔にし、鼻づまりなどの緩和をたすける

 〔成  分〕 リドカイン
 〔含  量〕 5mg
 〔はたらき〕 かゆみなどの鼻の不快感をやわらげる

添加物:グリセリン、エデト酸ナトリウム水和物、l-メントール、香料、マクロゴール、pH調整剤

保管方法その他

(1)直射日光の当たらない涼しい所に保管すること。
(2)小児の手の届かない所に保管すること。
(3)他の人と共用しないこと。
(4)使用期限を過ぎた製品は使用しないこと。
(5)破裂する危険があるので、温度が上がる所には、置かないこと。
(6)捨てる際には、戸外で噴霧音がしなくなるまで圧縮空気を抜くこと。
〔容器の使用方法〕
●初めてご使用の際は、容器の構造上薬液が霧状になりにくいので、ノズル(容器の先端部分)を上に向け、薬液が霧状になるまで繰返し押してください。

①キャップをはずしてください。
②まっすぐ上向きに持って、ノズル(容器の先端部分)を軽く鼻孔内に入れてください。
③レバーを指で下まで強く、素早く押してください。(弱く、ゆっくり押すと、薬液が霧状にならず、液だれの原因となります。)

ノズルを下向きや横向きで使用したり、レバーを弱く、ゆっくり押したりしないでください。
(圧縮空気が抜けて噴霧できなくなることがあります。)

●使用後は、清潔なガーゼなどでふきとり、キャップをして保管してください。
●容器の中に少量の薬液が残りますが、残量を見込んで充填しています。

更新日付:2017年04月01日

他にこんな薬を調べています

おすすめの記事

ご利用に当たっての注意事項

  • ・掲載している情報は、セルフメディケーション・データベースセンターから提供されたものです。
  • ・ベンザ鼻炎スプレー 14mlを適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(電話:0120-149-931)にご相談ください。
  • ・より詳細な情報を望まれる場合は、購入された薬局・薬店の薬剤師におたずねください。
  • ・当サービスによって生じた損害について、株式会社QLife及び、セルフメディケーション・データベースセンターではその賠償の責任を一切負わないものとします。