アクセスランキング(07月24日更新)

  • 先々週:624位
  • 先週:580位
  • 今週:528位
つぶやく いいね! はてなブックマーク GooglePlus
薬価 1錠あたり9.9円
剤形 白色の錠剤、直径約8.0mm、厚さ約3.65mm
シート記載 (表)セレスタミン配合錠、TTS-311(裏)CERESTAMINE、セレスタミン配合錠、TTS-311
薬効分類 個々の器官系用医薬品 > ホルモン剤(抗ホルモン剤を含む。)
主成分

ベタメタゾン

同じ成分の薬

d-クロルフェニラミンマレイン酸塩

同じ成分の薬

この薬の添付文書

薬には効果(ベネフィット)だけではなく、副作用(リスク)があります。副作用をなるべく抑え、効果を最大限に引き出すことが大切です。このために、この薬を使用される患者さんの理解と協力が必要です。

作用と効果について

炎症やアレルギーを抑え、症状を改善します。また、この薬には成分としてステロイドが入っていますので炎症を抑える働きもあります。
通常、蕁麻疹、湿疹などの皮膚疾患、アレルギー性鼻炎の治療に用いられます。この薬は病気の原因そのものを治すものではありません。

次のような方は使う前に必ず担当の医師と薬剤師に伝えてください。

以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。緑内障、前立腺肥大などで尿が出にくい、有効な治療薬のない感染症や全身の真菌症、結核、消化性潰瘍、精神病、単純疱疹性角膜炎、白内障、高血圧、電解質異常、血栓症がある。最近内臓の手術をうけた、急性心筋梗塞をおこしたことがある。ワクチン接種の予定がある。

妊娠または授乳中

他に薬などを使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、他に使用中の一般用医薬品や食品も含めて注意してください)。

用法・用量

通常、成人は1回1~2錠を1日1~4回服用しますが、治療を受ける疾患や年齢・症状により適宜増減されます。必ず指示された服用方法に従ってください。

飲む時には、砕いたりかんだりしないでそのまま飲んでください。

飲み忘れた場合は気がついたときにすぐに飲んでください。ただし、次に飲む時間が近いときは、1回とばしてください。絶対に2回分を一度に飲んではいけません。

誤って多く飲んだ場合は医師または薬剤師に相談してください。

医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。

副作用について

主な副作用として、眠気、不眠、頭重感、悪心・嘔吐、食欲不振、下痢、胃潰瘍、口渇、倦怠感、満月様顔貌、体重増加、発疹、光線過敏症などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。

まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。

・全身がだるい、食欲がない、のどが渇く [続発性副腎皮質機能不全、糖尿病、急性副腎不全]

・妄想・幻覚、気分の落ち込みや不安と興奮状態が交互に現れる、筋肉が発作的に収縮する [精神変調、うつ状態、痙攣、錯乱]

・腰や背中の痛み、筋肉のこわばり・痛み・筋力の低下、手首のつけ根や股関節付近などの病的骨折や痛み [骨粗鬆症、ミオパシー、大腿骨および上腕骨などの骨頭無菌性壊死]

・のどの痛み、貧血や出血傾向(鼻血や歯茎から出血する)、寒気やふるえを伴って高熱が出る [再生不良性貧血、無顆粒球症]

以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。

保管方法その他

乳幼児、小児の手の届かないところで、光、湿気避けて室温(1~30℃)で保管してください。

薬が残った場合、保管しないで廃棄してください。

更新日付:2015年12月26日

セレスタミンに関する医師Q&A

Powered by AskDoctors

※回答を見るには別途AskDoctorsへの会員登録が必要です。

医療者の実際の評価

※ セレスタミンという名の全薬剤(形は異なるが成分は同じ)の評価を掲載しています。「医療者の実際の評価」についての詳細はこちらをご覧ください。

医師 60代以上 診療所(開業医) 内科(一般/総合内科)

私の処方の仕方 セレスタミンは、抗アレルギー剤である。
古くからある薬だが、その効果は、最近出ているアレジオン、アレグラ、ジルテックにも劣らない。
副作用としての少々の眠気があってもアレルギー症状を抑えることが重要と思う。
総合的に費用対効果を考えた場合には、多少の眠気など問題にならないくらいに安いため、その考え方を伝えて積極的に選択している。

現場で質問・誤解されがちな内容と回答法 「ステロイドがはいっている薬とのことですが、大丈夫ですか?」と聞かれることがあるが、
「長期間服用しなければ大丈夫です。」と説明している。

この評価に他の医療者から補足

さらに!薬剤師 30代 保険薬局[投稿日:2016年 04月 16日]

いわゆるステロイドを含む薬なので三ヶ月間以上の長期服用の場合は、骨粗鬆症の予防が大切となります。また、口渇や眠気で困っていないか、確認します。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

薬剤師 20代 調剤薬局

ベネフィット(効果) 体内のアレルギー症状を抑えて、花粉症やアレルギー性鼻炎による鼻水やくしゃみ、または、蕁麻疹によるかゆみを改善する効果と、体の炎症反応や必要以上の防御反応を抑える効果があります。
比較的速効性が感じられるかと思います。

リスク(副作用など)と対処法 人によっては眠気が出ることがありますので、服用後の車の運転や機械作業、高所作業を行う場合には注意が必要です。
また、稀にですが、長期の継続服用で胃痛や血糖値の上昇が見られる場合もありますので、定期的に血液検査も受けるといいでしょう。

実用的な特徴 粒が小さく錠剤で、飲みやすいかと思います。
味や匂いはありません。
市販の鼻炎薬や風邪薬には重複した成分が含まれることがあるので、服用する際は薬剤師や登録販売者にお尋ねください。

この評価に他の医療者から補足

さらに!薬剤師 30代 保険薬局[投稿日:2016年 01月 16日]

口の渇きが出やすいです。気になるようならこまめに水分を摂取してください

さらに!薬剤師 40代 保険薬局[投稿日:2016年 01月 15日]

二種類配合剤になっており、ステロイドと抗ヒスタミン薬ですので、用法用量を守り服用してください。

おや?薬剤師 50代 一般病院[投稿日:2016年 01月 15日]

「長期服用」より「長く飲んでると」の表現の方が良いと思います。

さらに!薬剤師 40代 保険薬局[投稿日:2016年 01月 14日]

一般的に継続して飲む薬ではありませんので、処方医の指示に従って薬を飲んでいくようにしてください。

さらに!薬剤師 40代 保険薬局[投稿日:2016年 01月 13日]

体の免疫力が下がる事があり、症状が悪化した場合は感染症も懸念されますので受診をお勧めします。

そう!薬剤師 30代 保険薬局[投稿日:2016年 01月 08日]

ステロイド成分も含有しています。

おや?薬剤師 30代 一般病院[投稿日:2016年 01月 07日]

セレスタミンの即効性に疑問を感じます。継続して内服することで抗アレルギーの効果が表れます。他のアレルギー薬と比べて効果は強いと思います。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

続きを見る

併用禁忌(禁止)・注意の処方薬

薬の併用には専門的な判断が必要です。必ず、医師、薬剤師に相談してください。

もっと見る

処方実績の多い疾患

※ 処方実績はレセプトデータ(2015年04月~2015年09月)を基準としています。

この薬は下記の疾患の患者さんに処方されています

おすすめの記事

他の薬(同じ主成分)

もっと見る

他の剤形(規格)

他にこんな薬を調べています

医療者の実際の評価(続き)

薬剤師 30代 調剤薬局

ベネフィット(効果) アレルギー反応を引き起こす体内物質のヒスタミンを抑える作用と、炎症を抑えたりアレルギー反応を予防するステロイドの2成分を配合した薬です。
優れた効果が期待できます。

リスク(副作用など)と対処法 古くから使用されている薬です。
人によっては眠気が出たり、口や喉が渇くことがあります。
車の運転や危険な作業は避けるようにしてください。
飲酒は副作用が出やすくなるので、できるだけ控えるようにしてください。

実用的な特徴 基本的には短期間の服用にとどめる薬です。
症状にひどい急性期にだけ用いるようにしてください。
よく効くからと、安易に漫然と続けるのは好ましくないので、医師の診断を受けるようにしてください。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

医師 30代 大学病院 小児科

私の処方の仕方 セレスタミンは抗アレルギー剤とステロイド製剤の合剤です。
この薬は、アトピー性皮膚炎などがある場合に使用することで、ステロイドの抗炎症作用と抗アレルギー作用がダブルで効いてくれるので、非常に使用しやすい薬です。
アナフィラキシーなどの急性アレルギーが出た場合には、まずはこれを内服させることが多いです。
しかし、成長期である子どもの場合、継続して内服することで成長障害が出てしまうことがあるため、基本的には頓服で内服し、それでも症状が落ち着かない場合は、ほかの抗アレルギー剤やステロイド薬に変更して治療をする必要があります。

現場で質問・誤解されがちな内容と回答法 「ステロイドなので、色々な副作用が怖いです。」と言われることがありますが、
「確かにステロイド剤ですが、数回の内服では特に副作用は起きません。なので、急性期の症状をコントロールする目的で使用する場合は、大丈夫です。逆に長期間内服する場合はこの薬は選択しません。」と説明しています。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

薬剤師 50代 私立病院

ベネフィット(効果) ヒスタミン受容体をブロックしてアレルギー症状を抑える抗ヒスタミン剤とステロイドが配合されています。
ステロイドは多くの作用を持っていますが、この場合は炎症を抑える作用を期待したいしています。
比較的強力な作用をもった薬です。

リスク(副作用など)と対処法 この薬の成分の抗ヒスタミン剤は、アレルギー症状を強く抑えますが、また眠気や鎮静作用も強く示します。
眠気には個人差があるのですが、車の運転等は避けたほうがいいでしょう。
のどが渇く場合もあります。

実用的な特徴 涼しいところで保管してください。
大きな錠剤ではありませんが、飲みにくければ粉砕してもよいです。
ヒートシールの裏にも薬の名前が書いてあります。
眠気が出る場合が多いので飲む時間や錠剤の量を間違えないようにしましょう。

現場で質問・誤解されがちな内容と回答法 「眠気が来る方がよく効く薬? ステロイドは怖い。」と言われたことがあります。
眠気は個人差があります。一概には言えないが眠気と効果に相関性があるという説もあります。ただし生活の質を落としては本末転倒なので、眠気が少なくて効果がある薬を選べてよい。ステロイドは量や服用期間などを考えないといけないです。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

薬剤師 30代 診療所

ベネフィット(効果) アレルギー症状を抑えるクスリです。
花粉症の症状を軽くする効果、アレルギー性鼻炎の改善、蕁麻疹などのようなアレルギー症状の改善、軽減が期待できます。
アレルギー症状改善薬のなかでも、クスリの効果が比較的強いものになります。

リスク(副作用など)と対処法 眠気が比較的出やすい薬です。
他に認める副作用として、口がよく乾く症状も認めます。
ただし、2,3日たてば、体がクスリに慣れて副作用様症状は認めなくなることがほとんどです。

実用的な特徴 眠気がきになる場合は夜、寝る前に服用することで副作用症状の予防ができます。
花粉症で飲む場合はクスリの服用に加えて、マスクやメガネをするなどといった行動がより一層効果的です。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

薬剤師 40代 調剤薬局

ベネフィット(効果) アレルギー症状をおさえるお薬です。
湿疹やじんま疹、アトピーによりかゆみがひどいとき、アレルギー性鼻炎や花粉症によりひどい鼻づまりやかゆみがある場合の治療に用います。

リスク(副作用など)と対処法 眠たくなったり、口やのどが乾燥することがあります。
ステロイドが入っているので、長期のだらだらした服用は控えてください。
服用期間が頓服や数日くらいまでなら、重い副作用はありません。

実用的な特徴 昔から使われているお薬です。
アレルギーを抑える薬でステロイドが入っているのですが、アトピーのお子さんにも使える薬なので、シロップなどもあります。
眠気がかなり出るので、お子さんが寝てもらいたいときに飲むとよく寝てくれます。

現場で質問・誤解されがちな内容と回答法 「ステロイドがちょっと心配・・・」
と質問されることがありますが、「数日だけなら心配ありません。
今までの薬で効果がイマイチだった場合はこれをポイントで飲んでおくと楽になります」とお伝えします。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

医師 40代 私立病院 小児科

私の処方の仕方 抗ヒスタミン剤とステロイド剤の合剤です。
アレルギー反応を即効的に抑えるとともに、遅発性反応への作用も期待できます。
長期間の連用に際しては、ステロイド剤の副作用に留意する必要があります。
剤形のなかにシロップ製剤も含まれており、小児への処方も行いやすい薬です。

現場で質問・誤解されがちな内容と回答法 やはりステロイド剤の副作用の心配をされることが多いのですが、
「使用を必要最低限に抑えれば特に大きな問題を生じることはありません。漫然と飲み続けるようなことは避けなければなりません。」と回答しています。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

薬剤師 40代 調剤薬局

ベネフィット(効果) アレルギー疾患で、皮膚のかゆみや鼻水症状の改善に用いられるお薬です。
また炎症を改善する効果もあり、勝手に服用を中止しないように医師の指示に従うようご注意ください。

リスク(副作用など)と対処法 眠気、喉の渇きや頻尿、霧視、食欲増加や体重増加、神経過敏、不安や多幸感、視力の低下などが見られることがあり、このような症状で支障をきたす場合は速やかにご相談ください。

実用的な特徴 白色の錠剤で、ヒートには、セレスタミン配合錠とTTS-311と記載されており、販売名は高田製薬に最近変更されております。
銀色のヒートにエンジ色の文字印刷がされております。

現場で質問・誤解されがちな内容と回答法 副作用で、ムーンフェイス、体重増加、耳鳴り、めまい頭痛、などと説明されると、少しよくなってきたら、勝手にセレスタミンの服用を急にやめてしまいがちですが、医師の指示通りすこしずつお薬の量を減らしていかないと、リバウンドするとかえってお辛くなります。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

薬剤師 20代 診療所

ベネフィット(効果) アレルギーを抑える抗ヒスタミン、アレルギーだけでなく炎症も抑える作用を持つステロイドの2つの成分が含まれている。
じんましんやひどい鼻のアレルギー症状が出ているときに強力に抗アレルギー作用を示す。

リスク(副作用など)と対処法 ヒスタミンは脳で覚醒方面に働いているため抗ヒスタミン剤による眠気の副作用が見られる。
長期服用時はステロイド剤による胃腸障害や易感染性にも注意が必要になってくる。
漫然投与は避ける。

実用的な特徴 剤形には錠剤とシロップ剤がある。
錠剤もシロップ剤も遮光保存で室温保存。
他の抗アレルギー薬でも効果不十分な時に使うとよい。
クロルフェニラミンは市販の風邪薬等によく含まれるので重複にちゅういする

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

医師 60代以上 私立病院 皮膚科

私の処方の仕方 便利な薬剤である。抗ヒスタミン剤とステロイドの合剤と言うところが良い。
皮膚疾患のみならず他のアレルギー性疾患にも好んで使用される。
ただ、少量とはいえステロイド剤も混入されているので、漫然と使用することは禁と考える。
そのほかの疾患でも、ステロイドのテーパリング(Tapering、薬を少しづつ減らすこと)にも使用できる。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

医師 50代 公立病院 代謝・内分泌内科

私の処方の仕方 ポララミンという抗ヒスタミン剤とリンデロンというステロイドの合剤。
やや強い部類に入るステロイドであるリンデロンが相当量含まれているため、難治性のアレルギー疾患の自覚症状の改善には劇的な効果を認めることが多い。
一方、処方医師がステロイドが含まれていることを知らずに処方しているケースもある。そのような場合に、長期の連用後に突然中止されたり、患者が自己中断したことによって、副腎機能不全を起こしうるので注意が必要です。

現場で質問・誤解されがちな内容と回答法 「自己判断で中断することは禁止です。」とは予め必ず説明しています。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

QLifeの健康・医療の特集記事

ご利用に当たっての注意事項

  • ・掲載している情報は、高田製薬株式会社の提供情報を元に、くすりの適正使用協議会が独自に編纂したものです。正確な情報に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。
  • ・掲載している併用禁忌・併用注意の情報は、医療用医薬品の添付文書を元に薬剤師が監修して作成したものです。内容を完全に保証するものではありません。
  • ・セレスタミン配合錠を適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(電話:0120-149-931)にご相談ください。
  • ・より詳細な情報を望まれる場合は、担当の医師または薬剤師におたずねください。
  • ・当サービスによって生じた損害について、株式会社QLife及び、くすりの適正使用協議会、株式会社ネグジット総研ではその賠償の責任を一切負わないものとします。

「医療者の実際の評価」はあくまで参考材料のひとつに

  • ・法律で「医薬品等の適正使用と有効性・安全性の知識と理解を深める努力」が「患者責任」と規定されたこと、また「他の薬を試したい」時に医師に訊けずに転医してしまう患者が少なくない実態を解消する支援をしたいと考え、1)生活者・医療者間の会話の糸口・参考例、2)医薬品についての関心や知識を深めるきっかけ・参考材料、として提供しています。詳細はこちらをご覧ください。
  • ・薬口コミの内容は不完全です。これだけで服薬中断や変更の判断は絶対にしないでください。
  • ・専門家が審査したうえで公開しています。「明らかに間違った内容」「著しく読む人への配慮に欠ける、または誤解を招く表現」のほか、「服用を強く恐怖させる表現」「処方を強く否定する記述」「強い断定」「多量摂取の推奨」「適応外処方の推奨」などを排除しています。ただし問題の「評価」を見つけた場合は、お手数ですが「問題投稿通報」からお知らせください。