すべて
病名
 × 
  • 高血圧

    こうけつあつ

    複数回の各来院時に座位で測定された血圧が、常に最高血圧140㎜Hg以上、あるいは最低血圧90㎜Hg以上である状態を高血圧と定…

    カテゴリー  循環器の病気 » 血圧の病気

  • 本態性高血圧

    ほんたいせいこうけつあつ

    高血圧の患者さんの全体の約90%が本態性高血圧です。血液検査、さまざまな画像検査などによって原因を特定できる二次性高血圧…

    カテゴリー  循環器の病気 » 血圧の病気

  • 二次性高血圧

    にじせいこうけつあつ

    何らかの特定される原因があって高血圧を示す状態を二次性高血圧と呼びます。原因にもよりますが、治せる高血圧ということもで…

    カテゴリー  循環器の病気 » 血圧の病気

  • 腎実質性高血圧

    じんじっしつせいこうけつあつ

    二次性高血圧のなかでは最も頻度の高いもので、全高血圧の2〜5%を占めます。腎臓病、糖尿病、膠原病などの基礎疾患をもとに…

    カテゴリー  循環器の病気 » 血圧の病気

  • 腎血管性高血圧

    じんけっかんせいこうけつあつ

    腎動脈が狭くなることで、腎臓からレニンというホルモンが分泌され、引き続いて強力な昇圧物質であるアンジオテンシンⅡがつくら…

    カテゴリー  循環器の病気 » 血圧の病気

  • 原発性アルドステロン症とその類似疾患

    げんぱつせいあるどすてろんしょうとそのるいじしっかん

    原発性アルドステロン症は、副腎皮質からアルドステロンというホルモンが過剰につくられる疾患です。狭い意味での原発性アルド…

    カテゴリー  循環器の病気 » 血圧の病気

  • 褐色細胞腫

    かっしょくさいぼうしゅ

    褐色細胞腫は、カテコラミンという副腎髄質から分泌されるホルモンが過剰につくられる疾患です。“10%病”と呼ばれるように、両…

    カテゴリー  循環器の病気 » 血圧の病気

  • クッシング症候群

    くっしんぐしょうこうぐん

    クッシング症候群は、副腎皮質よりコルチゾールというホルモンが過剰につくられる疾患群で、クッシング病(下垂体腺腫)と副腎…

    カテゴリー  循環器の病気 » 血圧の病気

  • 妊娠に関係した高血圧

    にんしんにかんけいしたこうけつあつ

    妊娠に伴う高血圧(妊娠高血圧症候群)は、妊娠した人や出産前後の人の死亡の主な原因となる、重要な病気です。妊娠中の高血圧…

    カテゴリー  循環器の病気 » 血圧の病気

  • 高齢者の高血圧

    こうれいしゃのこうけつあつ

    60歳代の約60%以上、70歳以上の70%以上が高血圧にかかっていると考えられており、受診率も全疾患を通じて第1位になっていま…

    カテゴリー  循環器の病気 » 血圧の病気

  • 高血圧緊急症(悪性高血圧)

    こうけつあつきんきゅうしょう(あくせいこうけつあつ)

    高血圧緊急症とは、血圧が非常に高くなり、すぐに降圧治療を開始しなければ脳、心臓、腎臓、大動脈などに重篤な障害が起こり、…

    カテゴリー  循環器の病気 » 血圧の病気

  • 低血圧症

    ていけつあつしょう

    低血圧症とは、一般に収縮期血圧が100㎜Hg未満をいうことが多く、まったく症状がない人から、立ちくらみ、めまい、失神(一…

    カテゴリー  循環器の病気 » 血圧の病気

  • 本態性低血圧症

    ほんたいせいていけつあつしょう

    安静時(座位)に収縮期血圧が100㎜Hg未満を示し、低血圧の原因が明らかでない時に本態性低血圧症といいます。日本では1・…

    カテゴリー  循環器の病気 » 血圧の病気

  • 症候性低血圧症

    しょうこうせいていけつあつしょう

    原因となる病気が認められるために、二次的に収縮期血圧が100㎜Hg未満となり、低血圧症を示す場合です。

    カテゴリー  循環器の病気 » 血圧の病気

  • 起立性低血圧症

    きりつせいていけつあつしょう

    起立性低血圧症は体位変換時、とくに臥位(寝た状態)や座位から急に立ち上がった時に血圧が下がり、ふらつきやめまい、易疲労…

    カテゴリー  循環器の病気 » 血圧の病気

  • 神経調節性失神

    しんけいちょうせつせいしつしん

    神経調節性失神は神経の反射で引き起こされる一過性の意識消失発作(失神)であり、徐脈(脈が遅くなること)や末梢血管の拡張…

    カテゴリー  循環器の病気 » 血圧の病気