2016年改訂版 2003年初版を見る

リンパ浮腫の治療法執筆者:聖路加国際病院院長 福井 次矢

つぶやく いいね! はてなブックマーク GooglePlus

リンパ浮腫とは、どんな病気でしょうか?

おもな症状と経過

 静脈や動脈と同じように、全身にはリンパ管が張り巡らされています。この管を通して循環する液をリンパ液といい、リンパ管のつなぎ目に存在するのがリンパ節です。これらをまとめてリンパ系と呼び、免疫機能と排泄機能を司っています。リンパ浮腫は、何らかの理由でリンパ管やリンパ節の構造が変化することにより、リンパ液の流れ悪くなりうっ滞が生じた状態をいいます。

 症状は手足におこりやすく、こわばり、指輪や靴がきつくなる、重みを感じる、赤み、腫れなどが現れます。痛みを伴うことはほとんどありませんが、急に浮腫が強くなったときや、悪性腫瘍が神経を圧迫したときには、痛みが生じることもあります。浮腫があると小さなキズでも感染がおきやすく、リンパ管炎を合併しやすいので注意が必要です。

 リンパ浮腫は国際リンパ学会の分類で0期からIII期まで分類されています。0期は無症状の状態、I期は発症初期で、指で圧迫するとあとが残り、横になって休むと浮腫が軽減する状態、II期は圧迫してもあとが残りにくく、うっ滞している部分(患部)を上にしても浮腫が軽減しない状態、III期は角質増殖(厚く硬くなり、粉をふいた状態:象皮病)などの皮膚変化が認められる状態です。(1)

病気の原因や症状がおこってくるしくみ

 リンパ管の発育不全など必ずしもその原因がはっきりしない原発性リンパ浮腫と、子宮がんや乳がんの治療後や、感染や悪性腫瘍などを原因とする続発性リンパ浮腫があります。

 続発性リンパ浮腫は、感染や悪性腫瘍によってリンパ管が閉塞したときに生じます。わきの下や骨盤、足の付け根のリンパ節が閉塞をおこしやすい場所です。がんの治療などでリンパ節の郭清(がんの摘出手術の際に疑わしい組織を取り除くこと)や放射線治療をすると、リンパ液が流れにくくなってリンパ浮腫がおこります。

病気の特徴

 先進国のリンパ浮腫の多くは、がん治療のときのリンパ節郭清や放射線治療に伴うものと考えられます。ただし、先天的な理由でおこったリンパ浮腫も一定数存在します。

続きを読む

治療法とケアの科学的根拠を比べる

治療とケア 評価 評価のポイント
保存的治療 用手的リンパ液ドレナージを行う ★2 用手的リンパ液ドレナージはマッサージによりリンパ液を移動させ、うっ滞の改善を試みる方法です。その効果は臨床研究によって確立されていませんが、専門家の意見や経験により支持されています。
弾性着衣を用いる ★3 弾性着衣や弾性ストッキングの使用で、リンパ浮腫が改善することがわかっています。多層非弾性(ショートストレッチ)包帯を併用したほうが、手足の大きさの縮小効果が高いことが、臨床研究によって確認されています。 根拠(2)
圧迫療法を行いながら運動をする ★3 慢性化したリンパ浮腫では、適度な運動による筋肉の収縮がリンパの流れを生みだし、浮腫が改善すると考えられています。運動により手術後のリンパ浮腫を予防する効果があるという臨床研究もあります。 根拠(3)
体重を減らす ★3 肥満は乳がんに関連したリンパ浮腫を悪化させる危険因子と考えられています。食事指導によって体重を減少させたことで、乳がんの手術後のリンパ浮腫の発生が減ったという臨床研究があります。 根拠(4)
利尿薬を用いる ★1 利尿薬は慢性的なリンパ浮腫に対して、ほとんど治療効果はないとされています。漏れ出たリンパ液を血管の中に回収して、排泄するという作用が利尿薬にはないためです。
外科手術を行う ★2 リンパ浮腫の手術には、マイクロサージェリー(顕微鏡下の手術)によるリンパ管の移植や吻合) 、脂肪切除などがあります。こうした手術、とくにマイクロサージェリーを行っている医療施設は限られており、その効果に関してはまだ臨床研究のデータの集積段階であり、明らかになっていません。 根拠(5)

おすすめの記事

総合的に見て現在もっとも確かな治療法

リンパ液ドレナージ、圧迫療法、スキンケア、運動を併用する

 リンパ浮腫では、症状をとるためのリンパ液ドレナージ(リンパの流れを阻害する要因を取り除きながらリンパの流れをよくするマッサージ)、弾性着衣や多層性非弾性包帯による圧迫療法が一般的であり、感染を予防するためのスキンケアや、肥満を防ぐ運動などと併用されています。

手術後や放射線治療後の浮腫予防・対策は早期から始める

 乳がんや子宮頸がんの手術や放射線治療のあとにおこるリンパ浮腫では、慢性化すると症状の改善が困難になります。手術や放射線治療を終えた段階、つまり早期からのリンパ浮腫の予防や対策に努めることが重要です。

手術は確立しておらず、専門家に相談を

 重症のリンパ浮腫では手術も選択肢の一つです。ただし、難易度の高いマイクロサージェリーなどの手術は、可能な医療施設も限られており、一定の術式は確立していません。有効性に関しても明らかになっていません。手術を希望する場合は、実施施設で相談するだけでなく、セカンドオピニオンをとるなどして、慎重に判断する必要があります。

根拠(参考文献)

  • (1)リンパ浮腫管理のベストプラクティス
  • (2)Badger CM, Peacock JL, Mortimer PS  A randomized, controlled, parallel-group clinical trial comparing multilayer bandaging followed by hosiery versus hosiery alone in the treatment of patients with lymphedema of the limb. Cancer. 2000;88(12):2832 -7. (3)Torres Lacomba M, Yuste Sánchez MJ, Zapico Goñi A, Prieto Merino D, Mayoral del Moral O, Cerezo Téllez E, Minayo Mogollón E Effectiveness of early physiotherapy to prevent lymphoedema after surgery for breast cancer: randomised, single blinded, clinical trial. BMJ. 2010;340:b5396.
  • (4)Shaw C, Mortimer P, Judd PA A randomized controlled trial of weight reduction as a treatment for breast cancer-related lymphedema. Cancer. 2007;110(8):1868.
  • (5)Damstra RJ, Voesten HG, van Schelven WD, van der Lei B Lymphatic venous anastomosis (LVA) for treatment of secondary arm lymphedema. A prospective study of 11 LVA procedures in 10 patients with breast cancer related lymphedema and a critical review of the literature. reast Cancer Res Treat. 2009;113(2):199 -206.
出典:EBM 正しい治療がわかる本 2003年10月26日初版発行(データ改訂 2016年1月)