すべて
病名
 × 

食道裂孔ヘルニア
しょくどうれっこうへるにあ

もしかして... 食道炎

つぶやく いいね! はてなブックマーク

食道裂孔ヘルニアとは?

どんな病気か

 食道が横隔膜を貫通する部位に発症します。全年齢を通して発症し、さまざまな症状があります。

原因は何か

 食道は脊椎に沿って下降します。この部位で食道を取り囲む横隔膜組織がもろいと、腹腔の内圧により横隔膜が後縦隔方向に陥凹し、腹部食道と胃の上部が陥入して発症します。

症状の現れ方

 胸やけ(食道炎)、貧血(食道炎から潰瘍ができ出血する)、嘔吐、栄養障害、発育障害(胃が陥入しているので、十分な経口栄養摂取ができない)などを示します。

検査と診断

 上部消化管造影検査、内視鏡検査で診断が可能です。噴門機能の低下を伴うことがあるので、噴門内圧検査を行います。

治療の方法

 開腹して腹部食道、胃を腹腔内に引き下ろし、食道裂孔部を縫縮補強します。同時に逆流防止術を行います。腹腔鏡による手術も行われています。予後は良好です。

食道裂孔ヘルニアと関連する症状・病気

(執筆者:獨協医科大学第一外科教授 藤原 利男)

おすすめの記事

食道裂孔ヘルニアに関する病院口コミ

食道裂孔ヘルニアに関する医師Q&A