すべて
病名
 × 

ラミネートベニア
らみねーとべにあ

  • 歯科
  • 診療に適した科
つぶやく いいね! はてなブックマーク GooglePlus

おすすめの記事

ラミネートベニアとは?

 歯の表面を、エナメル質の範囲内で削り(削らない場合もあります)、セラミックス素材を用いた非常に薄いシェル(つけ爪のようなもの)を、特殊な樹脂系セメントで接着する歯の修復法です。歯の色、形、大きさ、歯並び、歯のすきまを改善したい場合、つまり、審美的回復に有効な治療法です。

 セラミックスは変色やすり減りの心配の少ない材料ですが、非常に薄くして使用するため、力がかかるところには応用できません。主に上あごの前歯を対象としており、審美的要件から奥歯でも可能な場合があります。

 通院は2~4回程度で終わる場合が多く、矯正治療のように時間がかかることなく、外観のよい歯を手に入れることができます。ただし、セラミックスの薄いシェルを貼りつけるだけなので、歯の大きなねじれなどはカバーできません。

 この治療は医療保険治療の範囲に含まれないので、1本あたりの治療費は数万円ほどかかる場合があります。

(執筆者:日本歯科大学歯学部附属病院長 羽村 章)

ラミネートベニアに関する病院口コミ

もっと見る

ラミネートベニアに関する医師Q&A