診療科目

内科精神科心療内科 /消化器内科

診療時間

午前 午後 その他
8:45 - 12:00 13:45 - 15:45
8:45 - 12:00 13:45 - 15:45
8:45 - 12:00 13:45 - 15:45
8:45 - 12:00 13:45 - 15:45
8:45 - 12:00 13:45 - 15:45
8:45 - 12:00 13:45 - 15:45

午前:月火水木金土(受付時間)

午後:月火水木金土(受付時間/初診予約)

休診日:第1.3.5土・日・祝

※診療時間は、変更される事や、診療科によって異なる場合があるため、直接医療機関のホームページ等でご確認ください

施設情報

駐車場 人間ドック カード 院内処方 セカンド
オピニオン
- - -
公式サイト http://www.goryokai.com/
アクセス 札幌市営地下鉄南北線麻生駅から中央バス 篠路9条4丁目下車 徒歩3分
駐車場 無料:30台
カードによる
支払い
VISA、JCB、JACCS、UC、UFJ ※条件によって利用できない場合があります。直接医療機関のホームページ等でご確認ください。
病床数 精神病床(193) ※カッコの中は病床数です。
病棟別病床数 精神科急性期治療病棟(48)、精神科療養病棟(97) ※カッコの中は病床数です。
外国語対応 英語

医院からのお知らせ(現在お知らせはありません)

医院の求人(現在求人情報は登録されていません)

五稜会病院の院長/関係者様へ
写真、お知らせ、求人の掲載は、下記よりお問い合わせください。

病院情報の誤りのご連絡は病院情報変更フォームをご利用下さい。

アクセス

最寄駅からの所要時間

札幌市営地下鉄南北線麻生駅から中央バス 篠路9条4丁目下車 徒歩3分

QLifeでは次の治験にご協力いただける方を募集しています

治験参加メリット:専門医による詳しい検査、検査費用の負担、負担軽減費など

五稜会病院の最新口コミ(4件)

口コミをもっと見る

専門医

消化器病専門医(1) / 精神科専門医(4) ※カッコの中は専門医の人数です。

専門外来、各種療法、介護・福祉など

}

専門外来

禁煙専門外来/発達障害(自閉症/学習障害等)専門外来/睡眠障害専門外来/神経症性障害(不安障害・強迫性障害・パニック障害等)専門外来/思春期精神疾患

各種療法

精神科作業療法

介護・福祉、他院外サービス等

神経科デイケア・ナイトケアサービス
神経科デイケアサービス
神経科ナイトケアサービス
精神科訪問看護
精神科グループホーム

救急・災害対策医療

救急告示病院(一次)

医療機器

内視鏡
全身用X線CT
高速らせんCT(ヘリカルスキャンCT)
超音波診断装置
X線テレビ装置
ホルター心電計
除細動器
睡眠脳波ポリグラフィ

患者数、在院日数

平均入院患者数※2014年4月〜2015年3月 174.6人/日
平均外来患者数※2014年4月〜2015年3月 206.6人/日
平均在院日数※2014年4月〜2015年3月 精神 108.9日

名医の推薦分野

この病院は、複数の有名専門医(※)の間で「自分や家族がかかりたい」と推薦されています。 推薦を受けた分野(科目、領域)は以下です。記載内容はいずれも取材・調査回答書より。※推薦、選定して頂いた有名専門医の一覧表

分野 精神科
特色 当院は札幌市北区を中心とした地域の精神保健福祉医療を担うプライベート病院で、急性期病棟、ストレスケア・思春期病棟を有し、こころのケアを重視した医療を行っている。思春期を含めた比較的若い患者層が多く、認知症は対象としていない。患者さんの人権を尊重し、患者さんとそのご家族の精神保健の安定のために、職員が誠心誠意の努力をすることを基本方針としている。病院機能評価の認定施設。理念は以下の4つを挙げ、精神医療を創造することを目標にしている。①患者さんの病前の社会背景と病状を理解し、個々を尊重する治療に努める②医療の情報開示を行い、患者さんとの信頼関係を大切にした医療を行う③地域医療連携を密にし、精神科・心療内科の基幹病院としての役割を担う④臨床研究を行いながら優れた医療人の育成に努める。卒後医師臨床研修制度では札幌医科大学附属病院、斗南病院、北海道社会保険病院、札幌鉄道病院の精神科の協力病院である。また、札幌医科大学医学部、北海道医療大学看護学科、北海道医療大学・大学院心理学科、北海道医療大学保健福祉学科、北星大学保健福祉学科、吉田学園作業療法学科の学生の臨床研修を受け入れている。長期入院者の退院支援のために共同住居、グループホームの運営を行っている。
症例数 08年度の当院の診療実績を示す

外来部門=年々、新規患者数は増加している。03年に初めて1,000人を突破し、06年度は1,509人、08年は1,880人であった。病院近隣からの受診者や、他の精神科医療機関からの紹介も多く、医療連携を行っている。思春期の受診者も多く、08年の20歳未満加算は2,393件である。デイケアは定員120人で、主に統合失調症患者を対象とした「コラボ」、思春期対象の「ティアラ」、若年女性の「ナチュール」の3つがある

入院部門=急性期治療病棟38床、ストレスケア・思春期病棟48床、療養病棟(開放)54床、療養病棟(準閉鎖)53床の計193床。08年度の入院者数は625人、退院者数632人である。入院者の年齢は14~83歳、平均年齢38.0歳。最も多い年代は30歳代で26%、次いで20歳代の24%である。10歳代は1割弱で、30歳代までで6割を占める。7割が女性である。診断別では感情障害圏が半数、次いで統合失調症圏が3割、神経症圏が1割である。退院者の入院期間は1~9,473日、平均107.2日。1カ月未満が3割、1~2カ月、2~3カ月がそれぞれ1/4で、8割が3カ月以内に退院している。3年以上は6人で3人は自宅退院した。地域連携クリニカルパスを用い、グループホーム等への退院支援を行っている。薬物療法で効果が得られない重度のうつ病、統合失調症に対しては、全身麻酔下で行う無けいれん頭部通電療法(m-ECT)を行い、効果をあげている

専門療法=認知行動療法、自律訓練療法・リラックス療法などの心理療法、作業療法、音楽療法等を行っている。ストレスケア病棟では、対人関係スキル向上やうつ病の対処法獲得のために、集団認知行動療法やグループセミナーを行っている。09年からは新たな試みとして、当院認定カウンセリングナースによる看護カウンセリングを開始した。思春期患者に対しては、通常の薬物療法だけでは改善効果が得られないことから、社会的スキル、対人関係スキル向上のために、入院中は「アネモネ」と名付けた集団療法、デイケア「ティアラ」への院内通所を行っている。また、うつ病などストレス関連疾患で休職を余儀なくされた患者さんを対象に、職場復帰プログラム「リワークヴィレッジ」を用意し、職場へのスムーズな復帰を援助している。アルコール依存症に対するプログラムがある。
医療設備 全身CT、X線検査、脳波、PSG、心電図、心理検査が可能。
  • セカンドオピニオン受入 ○
  • 初診予約 △
  • 主治医指名 ○
  • 執刀医指名 /

○=可能 △=条件付きで可 ×=不可 /=未回答

「医者がすすめる専門病院 北海道」(ライフ企画 2010年6月)

インフォメーション

五稜会病院を見ている方は、他にこんな病院を見ています

五稜会病院の近くにある病院

カテゴリから病院を探す

おすすめの記事

病院情報について
病院情報は、QLifeおよび株式会社ウェルネスの独自収集情報、各都道府県の公開情報、医療機関からの情報提供に基づくもので、内容を完全に保証するものではありません。 受診の際は必要に応じ、診療内容、予約の要不要など、直接医療機関にお問い合わせください。 当サービスの利用により生じた損害についてQLifeおよび株式会社ウェルネスは賠償の責任を一切負いません。
口コミについて
口コミは、受診など、医療機関との実際の関係を持った第三者の主観によるもので、法人としてのQLifeの見解を示すものではありません。 あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。 「やらせ」は発見次第厳重に対処します。