多摩肛門科病院

診療科目

肛門科麻酔科

診療時間

午前 午後 その他
9:00 - 12:00
9:00 - 12:00
9:00 - 12:00
9:00 - 12:00
9:00 - 12:00
9:00 - 12:00

休診日:日・祝

※診療時間は、変更される事や、診療科によって異なる場合があるため、直接医療機関のホームページ等でご確認ください

施設情報

駐車場 女医 人間ドック カード 院内処方 セカンド
オピニオン
- - - -
公式サイト http://www2u.biglobe.ne.jp/~tamakoh/
アクセス 京王電鉄相模原線京王堀之内駅から徒歩10分
駐車場 無料:30台
外国語対応 英語

医院からのお知らせ(現在お知らせはありません)

医院の求人(現在求人情報は登録されていません)

多摩肛門科病院の院長/関係者様へ
写真、お知らせ、求人の掲載は、下記よりお問い合わせください。

病院情報の誤りのご連絡は病院情報変更フォームをご利用下さい。

アクセス

最寄駅からの所要時間

京王電鉄相模原線京王堀之内駅から徒歩10分

近隣の駅からの距離

  • 京王堀之内駅(京王相模原線)から0.76km

地図を見る

現在募集中の治験

QLifeでは、次の治験にご協力いただける方を募集しています。

多摩肛門科病院の最新口コミ(8件)

口コミをもっと見る

専門医

大腸肛門病専門医(2) / 麻酔科専門医(1) ※カッコの中は専門医の人数です。

短期手術など

}

対応可能な短期手術(日帰り)

内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術

対応可能な短期手術(一泊二日)

痔核手術

名医の推薦分野

この病院は、複数の有名専門医(※)の間で「自分や家族がかかりたい」と推薦されています。 推薦を受けた分野(科目、領域)は以下です。記載内容はいずれも取材・調査回答書より。※推薦、選定して頂いた有名専門医の一覧表

分野 肛門科
特色 痔核、痔瘻、裂肛、手術の専門病院。痔手術特有の痛みを軽減することに工夫をこらしており、レーザー手術も行っている。大腸内視鏡のスペシャリストが多く、大腸癌、大腸ポリープの早期発見、内視鏡下手術を行っている。
症例数 年間の全手術数は約2,000例、痔核が最も多く1,400例、痔瘻は400例、裂肛が200例である。大腸内視鏡検査は年間2,400例、内視鏡的大腸ポリープ切除術が500例、大腸進行癌30例、大腸早期癌40例、潰瘍性大腸炎・クローン病などの炎症性疾患が70例である

★痔核で手術を要するのは、①出血が多く貧血の恐れがある②脱肛の状態が長く続く③篏頓して痛みが激しい場合である

★痔瘻は原則として手術が必要で、薬で治ることはない

★裂肛はほとんど薬で治療している。手術は潰瘍化したものだけに行っている

★痔核手術は、結紮切除法を主としている。うち9割までは半閉鎖で残りはオープンである。最近はレーザーによる痔核手術に力を入れている

★痔瘻手術は括約筋温存に留意している。高位筋間痔瘻では筋充填術も行っている。裂肛手術は簡単でSSG法(皮膚弁移動術)、LSIS法(側方内括約筋切開術)がほとんどである。入院日数の短縮と外来手術が当面の目標である

★98年10月には小田急線相模大野駅前に多摩大腸肛門クリニック(TEL 042-767-0700)を開設。本院の54ベッドを活用して診療機能がさらに充実。大腸内視鏡検査を中心に痔疾治療外来手術を行い、入院が必要な場合は本院を紹介している。
医療設備 電子内視鏡、ヤグレーザー、超音波痔核手術装置。
  • セカンドオピニオン受入 ○
  • 初診予約 ×
  • 主治医指名 ○
  • 執刀医指名 ○

○=可能 △=条件付きで可 ×=不可 /=未回答

「医者がすすめる専門病院 東京都版」(ライフ企画 2011年11月)

看護師求人
薬剤師求人

インフォメーション

多摩肛門科病院を見ている方は、他にこんな病院を見ています

多摩肛門科病院の近くにある病院

カテゴリから病院を探す

おすすめの記事

病院情報について
病院情報は、QLifeおよび株式会社ウェルネスの独自収集情報、各都道府県の公開情報、医療機関からの情報提供に基づくもので、内容を完全に保証するものではありません。 受診の際は必要に応じ、診療内容、予約の要不要など、直接医療機関にお問い合わせください。 当サービスの利用により生じた損害についてQLifeおよび株式会社ウェルネスは賠償の責任を一切負いません。
口コミについて
口コミは、受診など、医療機関との実際の関係を持った第三者の主観によるもので、法人としてのQLifeの見解を示すものではありません。 あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。 「やらせ」は発見次第厳重に対処します。