江別泌尿器科

専門医より推薦を受けた診療科目・診療領域

江別泌尿器科は、複数の有名専門医(※)の間で「自分や家族がかかりたい」と推薦されています。
このページでは、専門医より推薦を受けた分野(科目、領域)の特色や症例数、所属している医師について取材・調査回答書より記載しています。 ※推薦、選定して頂いた有名専門医の一覧表

泌尿器科

分野

泌尿器科

特色

4人の専門医(うち麻酔指導医1人)が泌尿器科全般にわたり、高度で迅速な治療を行っている。大谷地泌尿器科(札幌市厚別区大谷地4-1-2011-890-8228)と新札幌泌尿器科(札幌市厚別区厚別中央2条4-9-15011-895-8228)に外来を設け、各医師が診療を行い、それぞれ手術患者の経過観察を行っている。また腎不全患者の維持透析治療も行っている。

症例数

★08年の主な手術件数は前立腺全摘21例、TUR-P(経尿道的前立腺切除術)111例、前立腺生検102例、TUR-Bt(経尿道的膀胱腫瘍切除術)66例、膀胱全摘1例、腎・腎尿管全摘5例、TUL(経尿道的尿管結石破砕術)94例などである

★その他、小児に対する精巣固定術、環状切除術、透析患者のシャント手術、外来的小手術も随時行っている。麻酔科専門医が常勤しており、安全な麻酔下での検査、手術を行っている

★入院期間は平均で前立腺全摘14日、TUR-P 7日、前立腺生検3日と短期間での治療を心がけている

★前立腺治療にはレーザー高温度治療(ILCP)も可能で、高リスクの症例や短期間での入院希望の患者に施行している(原則的に1泊入院)。日帰りでの施行も可能である

★神経因性膀胱、過活動膀胱に対し、レーザーによる神経刺激治療を外来的に行っている。薬物治療が無効な症例に対して施行し、有効な結果が出ている。

医療設備

超音波、CT、ILCP、リソクラスト、半導体レーザー治療器など。

所属スタッフ

南部明民、安藤俊夫(麻酔科指導医)、氏家徹、小六幹夫、常勤医4人。
  • セカンドオピニオン受入 ○
  • 初診予約 ○
  • 主治医指名 ○
  • 執刀医指名 ○

○=可能 △=条件付きで可 ×=不可 /=未回答

「医者がすすめる専門病院 北海道」(ライフ企画 2010年6月)

QLifeでは次の治験にご協力いただける方を募集しています

治験参加メリット:専門医による詳しい検査、検査費用の負担、負担軽減費など

インフォメーション

江別泌尿器科を見ている方は、他にこんな病院を見ています

江別泌尿器科の近くにある病院

カテゴリから病院を探す

おすすめの記事

病院情報について
病院情報は、QLifeおよび株式会社ウェルネスの独自収集情報、各都道府県の公開情報、医療機関からの情報提供に基づくもので、内容を完全に保証するものではありません。 受診の際は必要に応じ、診療内容、予約の要不要など、直接医療機関にお問い合わせください。 当サービスの利用により生じた損害についてQLifeおよび株式会社ウェルネスは賠償の責任を一切負いません。
名医の推薦分野について
名医の推薦分野に掲載する情報は、ライフ企画が独自に調査、取材し、出版する書籍、「医者がすすめる専門病院」「専門医が選んだ★印ホームドクター」から転載するものです。出版時期は、それぞれの情報ごとに記載しています。全ての情報は法人としてのQLifeの見解を示すものではなく、内容を完全に保証するものではありません。