横浜新都市脳神経外科病院

専門医より推薦を受けた診療科目・診療領域

横浜新都市脳神経外科病院は、複数の有名専門医(※)の間で「自分や家族がかかりたい」と推薦されています。
このページでは、専門医より推薦を受けた分野(科目、領域)の特色や症例数、所属している医師について取材・調査回答書より記載しています。 ※推薦、選定して頂いた有名専門医の一覧表

リハビリテーション科

分野

リハビリテーション科

特色

脳神経外科の専門病院として、急性期の診断・治療を24時間救急医療体制で行っており、診療科として内科、循環器科、整形外科、脳神経外科、リハ科を標榜し、各科の連携のもと診療が行える体制となっている。 約70人のリハ専門スタッフによる急性期~回復期~維持期にわたるリハを行っており、能力向上のみならず、それに結びつく機能面の改善を図っている。また、 適応のある患者に対してCI療法(脳卒中の麻痺側上肢の強制使用)を提供できる。

症例数

当科医師が1年間に関わった入院患者311例(11年)

★疾患内訳は脳卒中247例(79%)、骨関節疾患33例(11%)、脳挫傷12例、廃用症候群9例、脊髄損傷4例となっている

★転帰は、72%が自宅退院となっているが、24%は施設入所もしくは転院となっている。各症例の状況・患者背景に応じて、柔軟に対応している。必要があれば、退院前にリハ専門スタッフを中心に家庭を訪問(約70件/年)し、住宅改修・介護用品導入などへのアドバイスも行っている

★摂食・嚥下障害患者に対しては栄養管理、嚥下造影および訓練、PEG(経皮内視鏡的胃瘻造設術)を積極的に導入し、患者QOL(生活の質)を考慮した対応に努めている(PEG 取扱医療機関登録)

★入院中でも近隣の歯科医院と連携を図り、無料送迎または往診による歯科治療が行える。脳卒中入院患者(回復期)の約1/4の患者が歯科受診を要していた。

医療設備

回復期リハ病棟、日本リハ医学会研修施設、 SCU(脳卒中ケアユニット)、MRI、CT、SPECT、血管撮影装置、機能的MRI、3次元動作解析装置ほか。
  • セカンドオピニオン受入 ○
  • 初診予約 〇
  • 主治医指名 △
  • 執刀医指名 /

○=可能 △=条件付きで可 ×=不可 /=未回答

「医者がすすめる専門病院 神奈川」(ライフ企画)

QLifeでは次の治験にご協力いただける方を募集しています

治験参加メリット:専門医による詳しい検査、検査費用の負担、負担軽減費など

インフォメーション

横浜新都市脳神経外科病院を見ている方は、他にこんな病院を見ています

横浜新都市脳神経外科病院の近くにある病院

カテゴリから病院を探す

おすすめの記事

病院情報について
病院情報は、QLifeおよび株式会社ウェルネスの独自収集情報、各都道府県の公開情報、医療機関からの情報提供に基づくもので、内容を完全に保証するものではありません。 受診の際は必要に応じ、診療内容、予約の要不要など、直接医療機関にお問い合わせください。 当サービスの利用により生じた損害についてQLifeおよび株式会社ウェルネスは賠償の責任を一切負いません。
名医の推薦分野について
名医の推薦分野に掲載する情報は、ライフ企画が独自に調査、取材し、出版する書籍、「医者がすすめる専門病院」「専門医が選んだ★印ホームドクター」から転載するものです。出版時期は、それぞれの情報ごとに記載しています。全ての情報は法人としてのQLifeの見解を示すものではなく、内容を完全に保証するものではありません。