清恵会三宝病院

専門医より推薦を受けた診療科目・診療領域

清恵会三宝病院は、複数の有名専門医(※)の間で「自分や家族がかかりたい」と推薦されています。
このページでは、専門医より推薦を受けた分野(科目、領域)の特色や症例数、所属している医師について取材・調査回答書より記載しています。 ※推薦、選定して頂いた有名専門医の一覧表

リハビリテーション科

分野

リハビリテーション科

特色

内科、リハビリ科、整形外科の病院であるが、全職員をあげてリハビリに取り組んでいる。亜急性期、回復期の入院でのリハビリが主体である。常勤の内科専門医、脳卒中専門医、脳外科専門医、整形外科専門医、老年医学専門医などと緊密に協力、連携している。透析施設が完備しているので、透析の必要な患者様のリハビリにも積極的に取り組んでいる。

症例数

回復期リハビリ病棟(60床)、療養病床(240床)のすべてが、リハビリ科で使用できる病床である。施設は理学療法室322㎡、作業療法室135㎡、言語療法室4室計41㎡などである

★脳血管疾患等リハビリ(I)、運動器リハビリ(I)、呼吸器リハビリ(I)の認可施設であり、言語訓練、嚥下・摂食訓練も積極的に実施している。全例に治療開始時から日常生活動作(ADL)評価法のFIMを用いてリハビリの効果判定を行っている。患者様の状態、目標に応じて、リハビリの内容、時間、期間を個別に決定するオーダーメイドのリハビリを実施している。すなわち、回復期リハビリ病棟では早期歩行、ADLの自立を目的とした、運動機能訓練・実用歩行訓練・ADL訓練・高次脳機能訓練などを実施し、最大1日9単位(計3時間)の総合的リハビリを目指している

★医療法人としては1977年に理学療法士養成校を設立し、リハビリ医療に長く携わってきた。当院は2004年11月開院である。患者様の住所地は堺市、大阪市をはじめ、近畿全域に及んでいる。地域連携パスによる受け入れも実施している

★過去1年のリハビリ実施症例数(入院)は、脳出血55例、脳梗塞145例、クモ膜下出血20例、大腿骨骨折130例、脊椎圧迫骨折52例などである。うち透析患者は40例であった。回復期リハビリ病棟での過去1年の平均入院期間は78.8日で、自宅退院率は64.2%(在宅復帰率75.4%)であった。

医療設備

CTなど。その他の先進医療設備については関連施設(清恵会病院)を利用。

「医者がすすめる専門病院 大阪・奈良」(ライフ企画 2011年5月)

QLifeでは次の治験にご協力いただける方を募集しています

治験参加メリット:専門医による詳しい検査、検査費用の負担、負担軽減費など

インフォメーション

清恵会三宝病院を見ている方は、他にこんな病院を見ています

清恵会三宝病院の近くにある病院

カテゴリから病院を探す

おすすめの記事

病院情報について
病院情報は、QLifeおよび株式会社ウェルネスの独自収集情報、各都道府県の公開情報、医療機関からの情報提供に基づくもので、内容を完全に保証するものではありません。 受診の際は必要に応じ、診療内容、予約の要不要など、直接医療機関にお問い合わせください。 当サービスの利用により生じた損害についてQLifeおよび株式会社ウェルネスは賠償の責任を一切負いません。
名医の推薦分野について
名医の推薦分野に掲載する情報は、ライフ企画が独自に調査、取材し、出版する書籍、「医者がすすめる専門病院」「専門医が選んだ★印ホームドクター」から転載するものです。出版時期は、それぞれの情報ごとに記載しています。全ての情報は法人としてのQLifeの見解を示すものではなく、内容を完全に保証するものではありません。