杉山内科クリニック

専門医より推薦を受けた診療科目・診療領域

杉山内科クリニックは、複数の有名専門医(※)の間で「自分や家族がかかりたい」と推薦されています。
このページでは、専門医より推薦を受けた分野(科目、領域)の特色や症例数、所属している医師について取材・調査回答書より記載しています。 ※推薦、選定して頂いた有名専門医の一覧表

糖尿病内分泌内科

分野

糖尿病内分泌内科

特色

内科診療、特に糖尿病診療を中心とした「医師とスタッフによるチーム体制」での医療を行っており、生活習慣病の予防と治療において、地域医療をリードするクリニックを目指している。医療はサービス業であることを念頭に、真のバリアフリーを追求し、建物の構造のみならず院内は土足可であることなど、快適な空間作りと接遇を重視している。医師とスタッフが診療前に待合室に足を運び、患者様をお迎えしコミュニケーションを図りながら院内全体にも目を配っている。医師はじめスタッフと患者様の距離が近く、ゆるぎない信頼関係を築いている。http://clinic-sugiyama.jp参照。

症例数

通院中の糖尿病患者数は約700人。1型糖尿病は約20人。再診は原則として予約制。必要な検査のあと、看護師・糖尿病療養指導士と面談し、生活上の問題を明確にした上で医師の診療を行う。血糖、HbA1c、尿検査は10分程度で報告可能。診療では網膜症や腎症、脳卒中や狭心症、心筋梗塞などの合併症の予防、がんなど他の疾患の早期発見に配慮している。治療方針は個々の病状や生活背景を重視して決定する。食事療法は、管理栄養士による栄養相談を主軸にし、運動療法は山形済生病院の健康増進センター「めぐみ」と連携して進めている。インスリン治療は、外来で即日導入している。糖尿病患者会「すぎのこ会」では、食事会や料理教室、運動教室、勉強会などを定期的に行い好評である

★メタボリックシンドローム、高脂血症、高尿酸血症の予防と治療にも力を注ぎ、特定検診や禁煙外来も行っている

★内分泌疾患ではバセドウ病など甲状腺疾患が多く、エコー下甲状腺細胞診も行っている。

医療設備

電子カルテ、血糖、HbA1c測定、尿検査、血算、PT-INR測定、CRP測定、X線(CR)、心電図、血圧脈波検査、超音波検査(腹部、甲状腺、頸動脈)、呼気一酸化炭素濃度測定。

所属スタッフ

杉山和彦院長(糖尿病学会専門医・指導医)、看護師3人(糖尿病療養指導士1人)、臨床検査技師1人、管理栄養士2人。
  • セカンドオピニオン受入 ○
  • 初診予約 ○
  • 主治医指名 ○
  • 執刀医指名 /

○=可能 △=条件付きで可 ×=不可 /=未回答

「医者がすすめる専門病院 東北版」(ライフ企画 2010年12月)

QLifeでは次の治験にご協力いただける方を募集しています

治験参加メリット:専門医による詳しい検査、検査費用の負担、負担軽減費など

インフォメーション

杉山内科クリニックを見ている方は、他にこんな病院を見ています

杉山内科クリニックの近くにある病院

カテゴリから病院を探す

おすすめの記事

病院情報について
病院情報は、QLifeおよび株式会社ウェルネスの独自収集情報、各都道府県の公開情報、医療機関からの情報提供に基づくもので、内容を完全に保証するものではありません。 受診の際は必要に応じ、診療内容、予約の要不要など、直接医療機関にお問い合わせください。 当サービスの利用により生じた損害についてQLifeおよび株式会社ウェルネスは賠償の責任を一切負いません。
名医の推薦分野について
名医の推薦分野に掲載する情報は、ライフ企画が独自に調査、取材し、出版する書籍、「医者がすすめる専門病院」「専門医が選んだ★印ホームドクター」から転載するものです。出版時期は、それぞれの情報ごとに記載しています。全ての情報は法人としてのQLifeの見解を示すものではなく、内容を完全に保証するものではありません。