レミケード点滴静注用100

処方薬注射剤

レミケード点滴静注用100の基本情報

印刷する

アクセスランキング(07月21日更新)

  • 先々週:--位
  • 先週:--位
  • 今週:--位
つぶやく いいね! はてなブックマーク
  • レミケード点滴静注用100の画像
    レミケード点滴静注用100の画像

作用と効果

各種疾患の免疫異常の原因とされているTNFα(ティー・エヌ・エフ・アルファ)の働きを抑えることにより、炎症をしずめ、症状を改善します。
通常、関節リウマチ、ベーチェット病による難治性網膜ぶどう膜炎、乾癬、強直性脊椎炎、腸管型・神経型・血管型ベーチェット病、川崎病の急性期、クローン病、潰瘍性大腸炎に用いられます。

使用上の注意

以前に薬を飲んで、または注射を受けて、発しんやかゆみなどが出たことがある。感染症(敗血症など)にかかっている。現在または過去に結核にかかったことがある。本人または家族が脱髄疾患(多発性硬化症など)またはその既往歴がある。うっ血性心不全がある。

妊娠または授乳中

他に薬などを使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、他に使用中の一般用医薬品や食品も含めて注意してください)。

用法・用量

関節リウマチ:通常、点滴で静脈内に注射します。初回注射後、2週、6週、以後8週間間隔で点滴します。効果が不十分な場合などは、6週以降に投与間隔を短くする場合があります。
ベーチェット病による難治性網膜ぶどう膜炎:通常、点滴で静脈内に注射します。初回注射後、2週、6週、以後8週間間隔で点滴します。
乾癬:通常、点滴で静脈内に注射します。初回注射後、2週、6週、以後8週間間隔で点滴します。効果が不十分な場合などは、6週以降に投与間隔を短くする場合があります。
強直性脊椎炎:通常、点滴で静脈内に注射します。初回注射後、2週、6週、以後6~8週間間隔で点滴します。
腸管型・神経型・血管型ベーチェット病:通常、点滴で静脈内に注射します。初回注射後、2週、6週、以後8週間間隔で点滴します。
川崎病の急性期:通常、点滴で静脈内に1回注射します。
クローン病:通常、点滴で静脈内に注射します。初回注射後、2週、6週、以後8週間間隔で点滴します。効果が不十分な場合などは、6週以降に投与間隔を短くする場合があります。
潰瘍性大腸炎:通常、点滴で静脈内に注射します。初回注射後、2週、6週、以後8週間間隔で点滴します。

いずれの場合も、2時間以上かけて点滴で静脈内に注射します。

症状をみながら注射の間隔、注射期間を決めていきます。

副作用

主な副作用として、咽喉頭炎、発熱、発疹、頭痛、注入に伴う反応などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。

まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。

・発熱、頭痛、嘔吐、咳・痰、息切れ・呼吸困難、筋肉痛・関節痛 [感染症]

・からだがだるい、微熱、持続する咳 [結核]

・呼吸困難、喘鳴、頭痛、めまい、脱力、まぶた・口唇・舌のはれ、発熱、じん麻疹 [重篤なinfusion reaction]

・両足のしびれ・まひ、脱力、眼を自由に動かせない [脱髄疾患]

・発熱、咳、呼吸困難 [間質性肺炎]

・発疹、発熱、そう痒、手・顔面浮腫、蕁麻疹 [遅発性過敏症]

・関節痛、筋肉痛、皮疹 [抗dsDNA抗体の陽性化を伴うループス様症候群]

以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。

保管方法

この薬の治療中は、生ワクチン接種は避けてください。生ワクチンの接種により感染の恐れがありますので、予防接種を希望する場合には、必ず医師に相談してください。

飲み合わせなど併用禁忌・注意の処方薬

併用禁忌:一緒に服用してはいけない薬の組合せ

併用注意:一緒に服用することは可能ですが、その際に注意をする必要がある組合せ

薬の併用には専門的な判断が必要です。併用する場合も、併用をやめる場合も、 決して自己判断では行わず、必ず、医師、薬剤師に相談してください。

併用禁忌(禁止)・注意の処方薬をもっと見る(2件)

医薬品情報

製薬会社

田辺三菱製薬株式会社

薬価

1瓶あたり80426円 ジェネリックを探す

剤形

注射剤

シート記載

-

薬効分類

個々の器官系用医薬品 > 消化器官用薬 > その他の消化器官用薬 同じ薬効分類の薬を探す

主成分

インフリキシマブ(遺伝子組換え)

この成分で処方薬を探す

YJコード

2399402F1026

レセプト電算コード

640462006

更新日付:2018年08月02日

薬には効果(ベネフィット)だけではなく、副作用(リスク)があります。副作用をなるべく抑え、効果を最大限に引き出すことが大切です。このために、この薬を使用される患者さんの理解と協力が必要です。

レミケードに関する医師Q&A

現在募集中の治験

QLifeでは、次の治験にご協力いただける方を募集しています。

この薬を調べた人は、他にこんな薬を調べています

おすすめの記事

ご利用に当たっての注意事項

  • ・掲載している情報は、田辺三菱製薬株式会社の提供情報を元に、くすりの適正使用協議会が独自に編纂したものです。正確な情報に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。
  • ・掲載している「関連する疾患」、「併用禁忌・併用注意」の情報は、医療用医薬品の添付文書を元に薬剤師が監修して作成したものです。内容を完全に保証するものではありません。
  • ・レミケード点滴静注用100を適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(電話:0120-149-931)にご相談ください。
  • ・より詳細な情報を望まれる場合は、担当の医師または薬剤師におたずねください。
  • ・当サービスによって生じた損害について、株式会社QLife及び、くすりの適正使用協議会、株式会社ネグジット総研ではその賠償の責任を一切負わないものとします。