2016年改訂版 2003年初版を見る

下肢静脈瘤の治療法執筆者:聖路加国際病院院長 福井 次矢

つぶやく いいね! はてなブックマーク GooglePlus

下肢静脈瘤とは、どんな病気でしょうか?

おもな症状と経過

 下肢、とくにひざから足首までの体表近くの静脈が拡張し、不規則に曲がりくねって、こぶのようになった状態を下肢静脈瘤といいます。

 長時間立ち続けたあとなどに、足のだるさや疲れ、焼けるような不快感、痛み、むくみなどが現れます。急に悪化することはあまりありませんが、重症の場合は血栓性静脈炎を併発することもあります。静脈瘤の周辺の皮膚が炎症をおこし、赤く腫れたり、湿疹、色素沈着、潰瘍が生じたり、押すと痛みを感じたりします。

 静脈瘤の大きさと症状はあまり関係なく、こぶが大きくても無症状の人もいます。ただ、美容上の問題もあるので、症状がなくても治療を希望する人もいます。

 深部静脈血栓症や骨盤内の腫瘍に伴っておこることもあります。この場合は、通常の治療だけでは静脈瘤を解決することは難しく、うっ滞の原因となっている病気を治療する必要があります。

病気の原因や症状がおこってくるしくみ

 仕事などで長時間立っていると、重力により下肢に血液がたまりやすく、静脈の壁に大きな圧がかかります。壁が弱いとその圧に負けて静脈壁が拡張してきます。静脈には血液の逆流を防止する静脈弁がついていますが、静脈が拡張すると弁がうまく閉じられず、一部の血液が逆流して静脈内に血液が滞り(うっ滞)、血管が拡張して静脈瘤が発生します。

 下肢の体表近くにある静脈を流れる血液は、深部にある静脈にかえっていきます。その深部静脈にできた血のかたまり(深部静脈血栓症)がうっ滞の原因になって、静脈瘤ができることもあります。静脈の血流は骨盤の中に戻りますが、骨盤内の腫瘍が静脈を圧迫すると血流が妨げられ、結果的に下肢の静脈がうっ滞することもあります。(1)

病気の特徴

 30歳~40歳以上の女性に比較的多い病気です。体質的に静脈の壁や弁が弱いと、この病気になりやすいと考えられています。立ち仕事、妊娠、骨盤内腫瘍、深部静脈血栓症、血液が固まりやすい先天的な病気が原因で発症することもあります。

続きを読む

治療法とケアの科学的根拠を比べる

治療とケア 評価 評価のポイント
弾性包帯や弾性ストッキングで圧迫療法を行う ★3 圧迫療法は、下肢静脈瘤の初期治療の中でもっともよく用いられる方法です。圧迫により静脈還流(心臓へ戻る血液)の量を増加させることで、循環不全が改善すると考えられています。症状の改善効果は示されていますが、治療効果を検討した良質な臨床研究はまだ多くありません。 根拠(2)
硬化療法を行う ★3 静脈内に薬剤を注入して拡張した血管を線維化し、血管をつぶす(退縮させる)方法です。小さな静脈瘤に対して用いられる方法ですが、その効果はまだ質の高い臨床研究では確認されていません。 根拠(3)
結紮術併用硬化療法を行う ★2 血液の逆流がおこっている部分を医療用の糸でしばって閉じるのが静脈結紮術です。大伏在静脈に中等度以上の逆流のある患者さんで行われます。結紮だけでは再発する可能性があるので、硬化療法が併用されることがほとんどです。
静脈抜去術を行う ★3 こぶができている静脈を抜き取るのが静脈抜去術です。患者さんにとってはかなりの苦痛を伴う治療です。硬化療法や結紮術よりも良好な結果が得られた臨床研究がいくつかあり、表在静脈(皮膚表面に近い静脈)に限局した静脈瘤に有効と考えられています。 根拠(4)

おすすめの記事

総合的に見て現在もっとも確かな治療法

慢性的に経過する病気

 下肢の静脈が拡張し、曲がりくねってこぶのように膨らんだ状態が下肢静脈瘤で、下肢のだるさや痛み、むくみなどの症状がみられます。急に悪化することはあまりありませんが、少しずつ進行していきます。

 悪性ではありませんが完治は難しい病気で、進行をくい止めたり、症状を取り除いたりすることが、治療の目標となります。うっ滞を引き起こすような病気が下肢静脈瘤の原因となっていることがあり、この場合はその病気の治療が優先されます。

症状の重さによって治療法を選択する

 症状の重さで、圧迫療法、硬化療法、結紮術併用硬化療法、静脈抜去術などが順次選択されます。症状が軽度から中等度の場合は、弾性ストッキングによる圧迫療法だけで軽快することもあります。色素沈着がひどく、皮膚炎や潰瘍などをおこしている重症の場合は、手術が必要となります。

現在は専門家の経験則から最善の治療を選択

 下肢静脈瘤の治療法については非常に信頼性の高い臨床研究はまだ少なく、科学的根拠に基づいた治療法はまだ確立されていません。そのため、現在は患者さんの負担(身体的、精神的、経済的)のもっとも少ないものから試してみる、といった専門家の経験則にしたがい治療法が選択されています。

根拠(参考文献)

  • (1)日本皮膚科学会 下腿潰瘍・下肢静脈瘤診療ガイドライン
  • (2)Shingler S, Robertson L, Boghossian S, Stewart M Compression stockings for the initial treatment of varicose veins in patients without venous ulceration. Cochrane Database Syst Rev. 2013;12:CD008819.
  • (3)Tisi PV, Beverley C, Rees A Injection sclerotherapy for varicose veins. Cochrane Database Syst Rev. 2006 Oct 18;(4):CD001732.
  • (4)Rutgers PH, Kitslaar PJ. Randomized trial of stripping versus high ligation combined with sclerotherapy in the treatment of the incompetent greater saphenous vein. Am J Surg. 1994;168:311-315.
出典:EBM 正しい治療がわかる本 2003年10月26日初版発行(データ改訂 2016年1月)