2016年改訂版 2003年初版を見る

勃起障害(ED)の治療法執筆者:聖路加国際病院院長 福井 次矢

つぶやく いいね! はてなブックマーク GooglePlus

勃起障害(ED)とは、どんな病気でしょうか?

おもな症状と経過

 勃起が弱い、あるいは勃起を維持できないため満足な性交ができない状態を勃起障害(ED)といいます。以前、インポテンスという言葉が使われていましたが、この言葉は本来、勃起だけでなく、性欲、性交、射精、オーガズムなど性交渉にかかわる幅広い要素のどれか一つ以上に問題のある場合を指していました。現在では、こうした場合、インポテンスという言葉を使わず、性機能障害と呼んでいます。

 勃起障害は性機能障害のなかの一つという位置付けです。性欲はあるのに勃起に問題がある場合には勃起障害として治療の対象になります。

病気の原因や症状がおこってくるしくみ

 勃起は、性的な刺激によって自律神経が作動し、血液が陰茎海綿体と呼ばれるスポンジのような組織に流れ込むことによっておこります。このときに、なんらかの原因で十分な血液が流れ込まないと勃起がおこりません。

 EDの原因には機能性と器質性と混合性があります。機能性勃起障害は心因性勃起障害とも呼ばれ、精神的要因やパートナーとの関係によって生じるもので、これらの場合、自慰は可能なことが多く、睡眠中に自然におこる夜間勃起なども正常です。

 器質性勃起障害には、陰茎に関係する血管に異常のある血管因性のもの、脳神経や末梢神経に障害のある神経因性のもの、下垂体や性腺からのホルモン分泌に異常がある内分泌因性のものなどがあります。

 混合性は言葉の通り機能性と器質性の両者の原因が含まれる状態をいいます。

病気の特徴

 40歳代後半で20パーセント、60歳代以降では半数を超える人がこの病気で悩んでいるといわれています。また、糖尿病や高血圧、動脈硬化、脂質代謝異常などの生活習慣病の合併症としても知られ、これらの生活習慣病の増加にともなってEDも急速に増加しています

続きを読む

治療法とケアの科学的根拠を比べる

治療とケア 評価 評価のポイント
ホスホジエステラーゼ5(PDE5)阻害薬を用いる ★5 現在わが国ではバイアグラ(シルデナフィルクエン酸塩)、レビトラ(バルデナフィル塩酸塩水和物)、シアリス(タダラフィル)の3剤が処方可能で、いずれも国内外で非常に信頼性の高い臨床研究によって、効果が確認されています。ただし、副作用として、頭痛、ほてり、消化不良、視覚異常などがおこることがあります。 根拠(1)
男性ホルモン薬(テストステロン)補充療法 ★5 男性ホルモン(テストステロン)が低値で血管性の勃起障害には有効な治療と考えられており、非常に信頼性の高い臨床研究で、その効果が確認されています。筋肉注射が一般的です。 根拠(2)
陰圧式勃起補助具を用いる ★3 プラスチック製の筒のなかに陰茎を挿入し、ポンプを使って筒内を陰圧にする補助具を使用したとき、性交可能な勃起状態は90パーセントで達成できますが、満足度は27~94パーセントとばらつきがあります。PDE5阻害薬単独無効例において併用治療が有効である(有効率70%)という報告もあります。抗凝固療法中や出血素因のある場合には慎重に使用すべきとされています。 根拠(3)
血管拡張薬を陰茎海綿体に注射する(陰茎海綿体注射) ★3 海外ではプロスタグランジンなどの血管拡張薬を用い、約70パーセントの患者さんに効果を認めたとの臨床研究報告があります。現在日本では未承認であり、自己注射は現在臨床試験として行われています。 根拠(4)
プロステーシス挿入手術を行う ★2 プロステーシス挿入手術とは、陰茎海綿体のなかにプロステーシスというシリコンの棒を手術で入れて、持続的な勃起を可能にする方法です。PDE5阻害薬、男性ホルモン薬補充療法、勃起補助具などで効果がない男性に対して考慮すべき治療法として、専門家の意見や経験から支持されています。現在日本では手術自体に保険適応がなく、高額であることから、本手術の経験豊富な施設・医師のもとで、十分な説明を受けたうえで行われるべきです。
精神療法 ★2 一般的に精神療法は時間がかかり、有効性がさまざまであることが指摘されています。明らかな器質的原因が見当たらず、最初の性交機会から勃起障害である場合、神経や血管などの障害を思わせる病歴がないにもかかわらずPDE5阻害剤が無効である場合、性的虐待や性的外傷体験が本人やパートナーにある場合、うつ症状などがある場合には、精神科や心療内科の受診が勧められます。 根拠(5)

よく使われる薬の科学的根拠を比べる

勃起不全治療薬

主に使われる薬 評価 評価のポイント
ホスホジエステラーゼ5(PDE5)阻害薬 バイアグラ(シルデナフィルクエン酸塩) ★5 非常に信頼性の高い臨床研究によって効果が確認されています。 根拠(1)
レビトラ(バルデナフィル塩酸塩水和物) ★5
シアリス(タダラフィル) ★5
男性ホルモン薬(テストステロン) エナルモン(テストステロンプロピオン酸エステル) ★5 男性ホルモン(テストステロン)が低値で血管性の勃起障害には有効な治療と考えられており、非常に信頼性の高い臨床研究で、その効果が確認されています。筋肉注射が一般的です。 根拠(2)
エナルモンデポー/テスチノンデポー(テストステロンエナント酸エステル) ★5

おすすめの記事

総合的に見て現在もっとも確かな治療法

PDE5阻害薬が第一選択

 EDの原因には機能性、器質性、混合性があるので、まず原因を明らかにすることが大切です。

 実際は、効果の確実性、安全性、患者さんと医療者双方への負担のいずれを考えても、PDE5阻害薬の服用がほとんどのケースでの第一選択薬となります。根拠(5)

心臓病の人は服用上の注意を厳守

 PDE5阻害薬の使用に際しては、狭心症や心筋梗塞といった病気のある人は、硝酸薬との併用で顕著な血圧低下をもたらすため、併用禁忌となっています。医師と相談のうえ、服用上の注意を厳格に守る必要があります。

根拠(参考文献)

  • (1) Tsertsvadze A, Fink HA, Yazdi F et al. Oral phosphodiesterase-5 inhibitors and hormonal treatments for erectile dysfunction: a systemic review and meta-analysis. Ann Intern Med. 2009; 151: 650.
  • (2) Isidori AM, Giannetta E, Gianfrilli D, et al. Effects of testosterone on sexual function in men: results of a meta-analysis. Clin Endocrinol. 2005;63:381-394.
  • (3) Levine LA, Dimitriou RJ. Vacuum constriction and external erection devices in erectile dysfunction. Urol Clin North Am. 2001;28:335-341.
  • (4) Porst H. The rationale for prostaglandin E1 in erectile failure: a survey of worldwide experience. J Urol. 1996;155:802-815.
  • (5) 日本性機能学会ED診療ガイドライン2012年版作成委員会(編). ED診療ガイドライン2012年版. リッチヒルメディカル, 2012.
出典:EBM 正しい治療がわかる本 2003年10月26日初版発行(データ改訂 2016年1月)