2016年改訂版 2003年初版を見る

肺気腫の治療法執筆者:聖路加国際病院院長 福井 次矢

つぶやく いいね! はてなブックマーク GooglePlus

肺気腫とは、どんな病気でしょうか?

おもな症状と経過

 肺気腫は、比較的高齢の人にみられます。おもな症状は運動をすると息切れをおこすことで、せきや痰はほとんどでません。

 最初の症状は階段を昇りきることができないなどですが、重症になると平らな場所の歩行、服を着替えるなどの軽い運動でも呼吸が苦しくなります。

 原因は喫煙や大気汚染が関係しているといわれます。

 実際に肺気腫の患者さんの90パーセント以上は喫煙者で、とくに30パーセントは1日30本以上のヘビースモーカーです。

 ただし、ヘビースモーカーのうち肺気腫となるのは2割程度であるため、喫煙感受性遺伝子(たばこの煙に反応する遺伝子)を保有している人だけが発病するものと考えられています。

病気の原因や症状がおこってくるしくみ

 肺におけるガス交換(体内の二酸化炭素と呼吸で取り入れた酸素の交換)の場である肺胞組織が、喫煙などにより破壊されたために生じる病気です。

 正常な肺胞の数が減り、壊れた肺胞が増えると肺の弾力性が低下して、息を吐きだすときに肺が収縮しにくくなります。反対に気管支はつぶれやすくなり、結果として空気を吐きだしにくくなります。

 喫煙で気管支も障害を受けていることが多く、粘膜の腫れによる気管支の閉塞も生じます。こうした状態では呼吸をすること自体に困難を感じます。

 さらにガス交換が十分できないために血液中の酸素濃度が低下します。壊された組織を元に戻すことはできないので、残された肺のしくみと働きを維持する治療が行われます。

病気の特徴

続きを読む

治療法とケアの科学的根拠を比べる

治療とケア 評価 評価のポイント
禁煙を行う ★5 肺気腫の治療において禁煙がもっとも重要であることが、非常に信頼性の高い臨床研究によって確認されています。たばこを吸うと呼吸が苦しくなるだけでなく、病気の進行を早めます。 根拠(1)(2)
気管支拡張薬、副腎皮質ステロイド薬、去痰薬による薬物療法を行う ★5 薬による治療の目的は気管支を広げ、炎症を抑え、痰の切れをよくすることです。そのためには気管支拡張薬、副腎皮質ステロイド薬、去痰薬などを吸入したり服用したりします。こうした治療は非常に信頼性の高い臨床研究によって効果が確認されています。 根拠(3)~(5)(17)~(19)(20)
在宅酸素療法を行う ★5 症状が進行し、薬による治療だけでは息切れや呼吸困難が十分に改善しない患者さんに対しては、在宅酸素療法が行われます。自宅に酸素を送る器機を設置して、外出するときには携帯用の酸素ボンベを使用します。こうした治療は非常に信頼性の高い臨床研究によって効果が確認されています。 根拠(6)~(8)
冬期にはインフルエンザワクチンを接種する ★5 日本のほか欧米でも慢性気管支炎の患者さんに対するワクチン接種を勧めています。ワクチン接種によって、急性増悪や死亡が約50パーセント減少したという信頼性の高い臨床研究があります。 根拠(9)(10)

よく使われる薬の科学的根拠を比べる

気管支拡張薬

主に使われる薬 評価 評価のポイント
スピリーバ(臭化チオトロピウム) ★5 臭化チオトロピウム、臭化オキシトロピウムとテオフィリン徐放剤、臭化水素酸フェノテロール、臭化イプラトロピウムは、信頼性の高い臨床研究によって効果が確認されています。サルメテロールキシナホ酸塩・フルチカゾンプロビオン酸エステルやブデソニド・ホルモテロールフマル酸塩水和物といった長時間作用性β2刺激薬/吸入ステロイド薬配合薬も、非常に信頼性の高い臨床研究によって効果が確認されています。 根拠(11)(12)(13)(14)(15)(16)(17)(4)(5)
テルシガンエロゾル(臭化オキシトロピウム) ★5
テオドール/ユニコン/ユニフィル(テオフィリン徐放剤) ★5
ベロテックエロゾル(臭化水素酸フェノテロール) ★4
アトロベントエロゾル(臭化イプラトロピウム) ★5
アドエア(サルメテロールキシナホ酸塩・フルチカゾンプロビオン酸エステル) ★5
シムビコート(ブデソニド・ホルモテロールフマル酸塩水和物) ★5
ホクナリンテープ(塩酸ツロブテロール) ★3 臨床研究によって効果が確認されています。 根拠(18)(19)
サルタノールインヘラー(硫酸サルブタモール) ★5 非常に信頼性の高い臨床研究によって、効果が確認されています。 根拠(19)
メプチンエアー(プロカテロール塩酸塩水和物) ★2 専門家の意見では支持されています。
長時間作用性β2刺激薬/吸入ステロイド薬配合薬 根拠 (3)~(5)(16)(17)(20) アドエア(サルメテロールキシナホ酸塩・フルチカゾンプロビオン酸エステル) ★5 いずれも非常に信頼性の高い臨床研究によって効果が確認されています。 根拠(16)(17)(20)(3)~(5)
シムビコート(ブデソニド・ホルモテロールフマル酸塩水和物) ★5

去痰薬

主に使われる薬 評価 評価のポイント
ムコダイン(カルボシステイン) ★5 いずれの薬も非常に信頼性の高い臨床研究によって効果が確認されています。 根拠(22)(23)
ムコソルバン(塩酸アンブロキソール) ★5

おすすめの記事

総合的に見て現在もっとも確かな治療法

まず禁煙が重要

 この病気にかかる人の90パーセントが喫煙者であることからわかるように、肺気腫は喫煙との関係が非常に深い病気です。したがって、禁煙がまず第一に重要です。どのような治療をするにしても、喫煙を続ける限り、ほとんど効果は望めません。

 また、本人が喫煙しなくても、他人の吸っている煙草の煙を吸い込むこともよくありません。その意味で家族の協力も必要になります。

薬物療法も有効

 気管支を広げるための気管支拡張薬、炎症を抑えて気道の崩壊を防ぐための副腎皮質ステロイド薬、痰の切れをよくするための去痰薬などを使うことは、十分理にかなった治療法です。ただし、壊された組織を元に戻すことのできる薬物はありません。薬物療法は残された肺のしくみと働きをうまく維持しながら、苦痛をなるべく最小限に抑えて生活していくための治療となります。

進行した場合は在宅酸素療法

 病気が進行し、薬による治療だけでは息切れや呼吸困難といった症状が十分に改善しない患者さんに対しては、在宅酸素療法が有効です。自宅に酸素をおくる器機を設置することにより、十分な酸素の供給を受けながら、入院しないで自宅で生活することができるようになっています。

携帯ボンベで外出も可能

 在宅酸素療法の器機には、携帯用の酸素ボンベも用意されており、自由に外出することもできます。携帯用の酸素ボンベを活用することで、生活の質(QOL)の向上や生存期間の延長を示した臨床研究もあります。

根拠(参考文献)

  • (1) Anthonisen NR, Connett JE, Kiley JP, et al. Effects of smoking intervention and the use of an inhaled anticholinergic bronchodilator on the rate of decline of FEV1. The Lung Health Study. JAMA. 1994;272:1497-1505.
  • (2) Anthonisen NR, Skeans MA, Wise RA, et al. The effects of a smoking cessation intervention on 14.5-year mortality: a randomized clinical trial. Ann Intern Med. 2005 Feb 15;142(4):233-9.
  • (3) Calverley PM, Anderson JA, Celli B, et al. Salmeterol and fluticasone propionate and survival in chronic obstructive pulmonary disease. N Engl J Med. 2007 Feb 22;356(8):775-89.
  • (4) Tashkin DP, Celli B, Senn S, et al. A 4-year trial of tiotropium in chronic obstructive pulmonary disease. N Engl J Med. 2008 Oct 9;359(15):1543-54.
  • (5) Poole P, Black PN, Cates CJ. Mucolytic agents for chronic bronchitis or chronic obstructive pulmonary disease. Cochrane Database Syst Rev. 2012 Aug 15;8:CD001287.
  • (6) Continuous or nocturnal oxygen therapy in hypoxemic chronic obstructive lung disease: a clinical trial. Nocturnal Oxygen Therapy Trial Group. Ann Intern Med. 1980; 93:391-398.
  • (7) Long term domiciliary oxygen therapy in chronic hypoxic corpulmonale complicating chronic bronchitis and emphysema. Report of the Medical Research Council Working Party. Lancet. 1981;1:681-686.
  • (8) 吉良枝郎、饗庭三代治、鈴木勉:在宅酸素療法実施症例(全国)の調査結果について. 厚生省特定疾患呼吸不全調査研究班平成3年度報告書. 1992, pp.11-7
  • (9) Pauwels RA, Buist AS, Calverley PM, et al.; The GOLD Scientific Committee. Global strategy for the diagnosis, management, and prevention of chronic obstructive pulmonary disease. NHLBI/WHO Global Initiative for Chronic Obstructive Lung Disease (GOLD) Workshop summary. Am J RespirCrit Care Med. 2001;163:1256-1276.
  • (10) Wongsurakiat P, Maranetra KN, Wasi C, et al. Acute respiratory illness in patients with COPD and the effectiveness of influenza vaccination: a randomized controlled study. Chest 2004; 125:2011.
  • (11) Ram FS, Jones PW, Castro AA, et al. Oral theophylline for chronic obstructive pulmonary disease. Cochrane Database Syst Rev. 2002;(4):CD003902. Review.
  • (12) Zhou Y, Wang X, Zeng X, Qiu R, Xie J, Liu S, Zheng J, Zhong N, Ran P. Positive benefits of theophylline in a randomized, double-blind, parallel-group, placebo-controlled study of low-dose, slow-release theophylline in the treatment of COPD for 1 year. Respirology. 2006 Sep;11(5):603-10.
  • (13) Ofir D, Laveneziana P, Webb KA, Lam YM, O'Donnell DE. Mechanisms of dyspnea during cycle exercise in symptomatic patients with GOLD stage I chronic obstructive pulmonary disease. Am J RespirCrit Care Med. 2008 Mar 15;177(6):622-9. Epub 2007 Nov 15.
  • (14) O'Donnell DE, Laveneziana P, Ora J, Webb KA, Lam YM, Ofir D. Evaluation of acute bronchodilator reversibility in patients with symptoms of GOLD stage I COPD.
  • Thorax. 2009 Mar;64(3):216-23. doi: 10.1136/thx.2008.103598. Epub 2008 Dec 3.
  • (15) Oga T, Nishimura K, Tsukino M, et al. A comparison of the effects of salbutamol and ipratropium bromide on exercise endurance in patients with COPD. Chest. 2003;123:1810-1816.
  • (16) Calverley P, Pauwels R, Vestbo J, et al. Combined salmeterol and fluticasone in the treatment of chronic obstructive pulmonary disease: a randomised controlled trial.
  • Lancet. 2003 Feb 8;361(9356):449-56. Erratum in: Lancet. 2003 May 10;361(9369):1660.
  • (17) Szafranski W1, Cukier A, Ramirez A, Menga G, Sansores R, Nahabedian S, Peterson S, Olsson H. Efficacy and safety of budesonide/formoterol in the management of chronic obstructive pulmonary disease. EurRespir J. 2003 Jan;21(1):74-81.
  • (18) Fukuchi Y1, Nagai A, Seyama K, Nishimura M, Hirata K, Kubo K, Ichinose M, Aizawa H; Research Group TB. Clinical efficacy and safety of transdermal tulobuterol in the treatment of stable COPD: an open-label comparison with inhaled salmeterol. Treat Respir Med. 2005;4(6):447-55.
  • (19) Yamagata T, Hirano T, Sugiura H, Yanagisawa S, Ichikawa T, Ueshima K, Akamatsu K, Nakanishi M, Matsunaga K, Minakata Y, Ichinose M. Comparison of bronchodilatory properties of transdermal and inhaled long-acting beta 2-agonists. PulmPharmacolTher. 2008;21(1):160-5. Epub 2007 Jun 5.
  • (20) Ram FS, Sestini P. Regular inhaled short acting beta2 agonists for the management of stable chronic obstructive pulmonary disease: Cochrane systematic review and meta-analysis. Thorax 2003; 58:580.
  • (21) Drummond MB, Dasenbrook EC, Pitz MW, et al. Inhaled corticosteroids in patients with stable chronic obstructive pulmonary disease: a systematic review and meta-analysis. JAMA. 2008 Nov 26;300(20):2407-16.
  • (22) Zheng JP, Kang J, Huang SG, et al. Effect of carbocisteine on acute exacerbation of chronic obstructive pulmonary disease (PEACE Study): a randomised placebo-controlled study. Lancet. 2008 Jun 14;371(9629):2013-8.
  • (23) Malerba M, Ponticiello A, Radaeli A, et al. Effect of twelve-months therapy with oral ambroxol in preventing exacerbations in patients with COPD. Double-blind, randomized, multicenter, placebo-controlled study (the AMETHIST Trial).
  • PulmPharmacolTher. 2004;17(1):27-34.
出典:EBM 正しい治療がわかる本 2003年10月26日初版発行(データ改訂 2016年1月)