2016年改訂版 2003年初版を見る

不安神経症(全般性不安障害)の治療法執筆者:聖路加国際病院院長 福井 次矢

つぶやく いいね! はてなブックマーク GooglePlus

不安神経症(全般性不安障害)とは、どんな病気でしょうか?

おもな症状と経過

 ふつうの人なら心配しないようなことに対して、漠然とした強い不安を長期間抱くのが不安神経症です。不安のほか、焦燥感にさいなまれたり、緊張や混乱をきたしたり、抑うつなどの精神症状がみられます。

 また、自律神経の働きがうまくいかず、動悸、頻脈、息切れ、胸痛、呼吸困難、めまい、腹痛、下痢、不眠、手足のしびれといった身体症状が前面にでる場合もあります。

 最初は内科的にいろいろな検査をするのですが、データとしてはまったく異常がないことから、ようやく不安神経症と診断されるケースもしばしばみられます。

 不安神経症の人は、ささいなことにも過敏に反応し、ものごとになかなか集中できず、また、精神症状や身体症状を自分でコントロールすることもできません。このような症状が6カ月以上続き、社会生活が障害されるときは治療が必要です。

 近年、不安神経症はパニック障害と全般性不安障害の二つに分けて考えられるようになりました。パニック障害では、動悸や呼吸困難などの身体症状が突然発作として現れますが、全般性不安障害の場合は、なんらかの身体症状に常に悩まされます。

病気の原因や症状がおこってくるしくみ

 はっきりとした原因はまだわかっていませんが、無意識の葛藤があることによっておこるのではないかという説があります。また、脳内の神経伝達物質の調節がうまくいかなかったり、大脳基底核の代謝が低下したりしていることが発病に関係していると考えられています。

 漠然とした不安を感じること自体は誰にでもあることですが、ささいなことにこだわり、それが長期にわたる点で、健康な人との違いがみられます。さらに、職場や学校に行けなくなるなど、社会生活を営むうえで支障がでることもあります。

病気の特徴

 現在人口の約1.2パーセントがかかっていると考えられています(1)。うつ病、アルコール依存症など、ほかの心の病気と合併することがしばしばあります。

続きを読む

治療法とケアの科学的根拠を比べる

治療とケア 評価 評価のポイント
認知行動療法を行う ★4 ものの見方を再検討し、それに基づいて行動を変える認知行動療法は、約半数の患者さんに効果が認められることが、信頼性の高い臨床研究によって確認されています。 根拠(2)(3)
自律訓練法を行う ★4 瞑想などにより交感神経の働きを鎮める自律訓練法の効果は、信頼性の高い臨床研究によって確認されています。効果は約半数の患者さんに認められ、それは認知行動療法と同等であると報告されています。 根拠(4)
カウンセリングを受ける ★2 患者さんの症状や悩みを十分聞き、それらを理解、受容しながらカウンセリングを受ける治療法の効果は、専門家の意見や経験によって支持されています。
抗うつ薬による薬物療法を行う ★5 SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)やSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)、三環系、四環系抗うつ薬による治療は、症状を緩和するだけでなく、再発を予防する効果も示されています。非常に信頼性の高い臨床研究によって効果が確認されています。 根拠(5)
ベンゾジアゼピン系による薬物療法を行う ★5 ベンゾジアゼピン系の薬を使用することで、不安症状を抑える効果が確認されており、また、再発予防にも効果が知られています。 根拠(6)
抗けいれん薬による治療を行う ★2 SSRIやSNRIによる治療ができない患者さんに対して、抗けいれん薬を使用することがあります。 根拠(6)
抗精神病薬による治療を行う ★2 抗精神病薬による治療は、副作用が強いため通常は勧められませんが、症状を軽減することが報告されています。 根拠(7)

よく使われる薬の科学的根拠を比べる

抗うつ薬

主に使われる薬 評価 評価のポイント
トリプタノール(アミトリプチリン塩酸塩) ★5 アミトリプチリン塩酸塩は非常に信頼性の高い臨床研究によって効果が確認されています。とくに、うつ傾向を示す患者さんには効果が高いと考えられます。 根拠(8)
パキシル(塩酸パロキセチン水和物) ★5 塩酸パロキセチン水和物は非常に信頼性の高い臨床研究によって効果が確認されています。選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)と呼ばれる抗うつ薬の一種です。 根拠(9)

抗精神病薬

主に使われる薬 評価 評価のポイント
ドグマチール/アビリット/ミラドール(スルピリド) ★3 スルピリドは不安症状に対しての効果が臨床研究によって確認されています。 根拠(10)

抗不安薬

主に使われる薬 評価 評価のポイント
リーゼ(クロチアゼパム) ★4 クロチアゼパムは信頼性の高い臨床研究によって不安症状に対しての効果が確認されています。 根拠(11)
セルシン/ホリゾン/ソナコン(ジアゼパム) ★5 ジアゼパムは非常に信頼性の高い臨床研究によって効果が確認されています。 根拠(12)
ソラナックス/コンスタン(アルプラゾラム) ★5 アルプラゾラムは非常に信頼性の高い臨床研究によって効果が確認されています。 根拠(13)
デパス(エチゾラム) ★5 エチゾラムはとくにうつ症状を合併しているときの不安症状に関する効果が、非常に信頼性の高い臨床研究によって確認されています。 根拠(14)
レキソタン(ブロマゼパム) ★5 ブロマゼパムは不安症状に対しての効果が、非常に信頼性の高い臨床研究によって確認されています。 根拠(15)

総合的に見て現在もっとも確かな治療法

不安を意識せず、身体症状が前面にでる場合も

 不安や焦燥感、抑うつなどの精神症状とともに、さまざまな身体症状を伴うのが不安神経症の特徴です。動悸、頻脈、息切れ、胸痛、呼吸困難、めまい、腹痛、下痢、不眠、手足のしびれなどの身体症状をおもに訴え、不安感自体をはっきりとは意識しない場合も少なくありません。最初は内科的にいろいろな検査をするのですが、データとしてはまったく異常がないことから、ようやく不安神経症と診断されるケースも少なくありません。

抗不安薬を中心にSSRIも用いる

 全般性不安障害については、ソラナックス/コンスタン(アルプラゾラム)、デパス(エチゾラム)、レキソタン(ブロマゼパム)といったベンゾジアゼピン系抗不安薬やパキシル(塩酸パロキセチン水和物)などのSSRI系抗うつ薬などが、さまざまな症状の軽減に有効なことが信頼性の高い研究で証明されています。うつ症状を合併するときは、SSRIなどの抗うつ薬が第一選択薬になります。

自分に合った薬を見つける

 抗不安薬にも抗うつ薬にも、眠気などの副作用があります。副作用の現れ方には個人差がありますので、自分にとってもっとも安全で有効な薬を見つけることが大切です。

 また、精神療法でも不安障害を改善する効果が認められています。薬物治療を行いながら、症状によっては、精神療法を勧められる患者さんもいます。

 患者さんにとっては、信頼できる精神科医を見つけることが大切となります。

おすすめの記事

根拠(参考文献)

  • (1)Kawakami N, Takeshima T, Ono Y et al. Twelve-month prevalence, severity, and treatment of common mental disorders in communities in Japan: preliminary finding from the World Mental Health Japan Survey 2002-2003. Psychiatry Clin Neurosci. 2005;59(4):441-52.
  • (2) Katzman MA, Bleau P, Blier P, et al; Canadian Anxiety Guidelines Initiative Group on behalf of the Anxiety Disorders Association of Canada/Association Canadienne des troubles anxieux and McGill University. Canadian clinical practice guidelines for the management of anxiety, posttraumatic stress and obsessive-compulsive disorders. BMC Psychiatry. 2014;14
  • (3) Tonks A. Treating generalised anxiety disorder. BMJ. 2003;326:700-702.
  • (4) Ost LG, Breitholtz E. Applied relaxation vs. cognitive therapy in the treatment of generalized anxiety disorder. Behav Res Ther. 2000;38:777-790.
  • (5)Fricchione G. Clinical practice. Generalized anxiety disorder. N Engl J Med. 2004 Aug 12;351(7):675-82.
  • (6)Hoge EA, Ivkovic A, and Fricchione GL. Generalized anxiety disorder: diagnosis and treatment. BMJ. 2012 Nov 27;345:e7500
  • (7)Maher AR, Maglione M, Bagley S et al. Efficacy and comparative effectiveness of atypical antipsychotic medications for off-label uses in adults: a systematic review and meta-analysis. JAMA. 2011 Sep 28;306(12):1359-69.
  • (8) Laakman G, Faltermaier-Temizel M, Bossert-Zaudig S, et al. Treatment of depressive outpatients with lorazepam, alprazolam, amytriptyline and placebo. Psychopharmacology (Berl). 1995;120:109-115.
  • (9) Stocchi F, Nordera G, Jokinen RH, et al. Paroxetine Generalized Anxiety Disorder Study Team. Efficacy and tolerability of paroxetine for the long-term treatment of generalized anxiety disorder. J Clin Psychiatry. 2003;64:250-258.
  • (10) Kato K. Response of patients in mixed state of anxiety and depression to low dose sulpiride. Igaku Kenkyu. 1993;63:15-19.
  • (11) Martucci N, Manna V, Agnoli A. A clinical and neurophysiological evaluation of clotiazepam, a new thienodiazepine derivative. Int Clin Psychopharmacol. 1987;2:121-128.
  • (12) Boyer WF, Feighner JP. A placebo-controlled double-blind multicenter trial of two doses of ipsapirone versus diazepam in generalized anxiety disorder. Int Clin Psychopharmacol. 1993;8:173-176.
  • (13) Moller HJ, Volz HP, Reimann IW, Stoll KD. Opipramol for the treatment of generalized anxiety disorder: a placebo-controlled trial including an alprazolam-treated group. J Clin Psychopharmacol. 2001;21:59-65.
  • (14) Casacchia M, Bolino F, Ecari U. Etizolam in the treatment of generalized anxiety disorder: a double-blind study versus placebo. Curr Med Res Opin. 1990;12:215-223.
  • (15) Kragh-Sorensen P, Holm P, Fynboe C, et al. Bromazepam in generalized anxiety. Randomized, multi-practice comparisons with both chlorprothixene and placebo. Psychopharmacology (Berl). 1990;100:383-386.
出典:EBM 正しい治療がわかる本 2003年10月26日初版発行(データ改訂 2016年1月)