2016年改訂版 2003年初版を見る

はしか(麻疹)の治療法執筆者:聖路加国際病院院長 福井 次矢

つぶやく いいね! はてなブックマーク GooglePlus

はしか(麻疹)とは、どんな病気でしょうか?

おもな症状と経過

 はしか(麻疹)ウイルスの感染によっておこる病気です。

 ウイルスに感染してから約10日で症状がでます。まず、40度近い発熱、せき、鼻汁、目やに、結膜炎、赤い発疹などの症状が現れ、食欲がなくなります。

 特徴的なのが、口内のほお粘膜にみられる、周囲に発赤を伴う青白い1~2ミリメートルのコプリック斑という発疹です。

 2~3日でいったん熱は下がりますが、その後再び発熱し、発疹がで始めます。発疹は、額や耳のうしろからで始め、1~2日で胸、顔、背中、腹、手足など全身に広がります。

 やがて、熱が下がり始めると、発疹はでた順序で消えていきます。大部分の患者さんの場合では発熱に対して解熱薬などを使うだけで、約10日間で回復します。

 しかし時に、中耳炎、肺炎などの細菌性感染症や、脳炎をひきおこすことがあります。また、発症から7~10日後に、脳や神経に炎症(急性散在性脳脊髄炎)をひきおこし死亡することがあります。

病気の原因や症状がおこってくるしくみ

 はしかの原因ウイルスであるはしかウイルスは非常に感染力が強く、感染約1週間後から非常に強い感染力を示し、その状態は発疹がで始めて約5日間持続します。

 感染の経路は、感染者の鼻やのどからの分泌液によって飛沫感染するか、直接触れることで感染するだけでなく、空気感染のリスクがあります。

 潜伏期間は、最初の症状が現れるまでが約10日間、発疹がでるまでが約14日間です。

病気の特徴

 2013年の麻疹患者数は229人でした。(1)

 2015年現在、定期接種前の1歳未満と、ワクチン未接種の1歳児で患者数が増加しています。成人では、海外で感染し、帰国してから発症するケース、逆に日本から海外に輸出した症例も報告されています。(2)

 はしかは感染力が強いことから、発疹に伴う発熱が解熱した後3日を経過するまでは、保育所や幼稚園、学校は出席停止となります。ただし、病状により感染力が強いと認められたときは、さらに長期に出席が停止になることがあります。(3) また、診断した医師は保健所に届け出を行い、検体を保健所に送付してウイルスの型を同定することが義務づけられています。

 一度はしかの患者さんがでると、周囲に感染しやすく、また致死率も高いです。しかし、有効なワクチンでコントロール可能な疾患です。このため、世界保健機関(World Health Organization)では、各地域における発症率0および感染の遮断を目標にかかげています。

続きを読む

治療法とケアの科学的根拠を比べる

治療とケア 評価 評価のポイント
定期接種のワクチンによって予防する ★5 麻疹ワクチンは、発症を予防し、脳炎の発症率を低下させます。日本では麻疹風疹(MR)混合生ワクチンとして、1歳時に第1期、小学校入学前の1年間(年長児)に第2期のワクチン接種が定期接種として行われています。このスケジュールは、ほかのワクチン接種の免疫の付きやすさなどを考慮して組まれています。麻疹ワクチンの副反応としての急性脳炎の発症は100万回接種に1人以下と自然感染時に比べ低いとされています。接種1~2週間後に熱がでることがあります。また、定期接種を受けそびれてしまった場合は、遅れて接種するスケジュールが公表されています。小児科医と相談して接種しましょう。 根拠(4)~(6)(7)(8)
保育所・幼稚園・学校ではしかの患者がでた場合 ワクチンやガンマグロブリンによって発症を予防する ★5 はしかは空気感染もするため、集団の場では、1名が発症したら早急に、感染が広がらないように対応する必要があります。ワクチン未接種で、はしかにかかったことがない場合、患者さんとの接触後72時間以内であればワクチンにて発症の阻止、あるいは症状の軽減が期待できます。4日以上6日以内であれば、ガンマグロブリンの投与を検討します。また、1歳未満であっても、生後6カ月をすぎていれば、患者さんとの接触後の発症予防として麻疹ワクチンを接種することができます。ただし、その接種は接種回数には数えず、その後2回のワクチン接種が必要です。 根拠(9)~(11)
はしかにかかった場合 解熱薬や鎮咳薬を用いる、安静にして水分をとる、部屋を加湿する ★2 はしかになったら体をよく休めることは、専門家の意見や経験から支持されています。発熱自体に対する解熱薬の効果は十分実証されていると考えられます。
肺炎や脳炎などが疑われる症状がみられたら適切な医療機関を受診する ★3 はしかは多くの場合、自然に治りますが、中耳炎、上気道炎、クループ症候群(特徴的なせきをおもな症状とし、呼吸困難を伴う病気)、肺炎、脳炎などの合併もおこることがあります。呼吸困難や意識障害がみられた場合は医療機関を受診し、治療を受けます。抗菌薬などの治療が必要になることもあります。

よく使われる薬の科学的根拠を比べる

解熱薬

主に使われる薬 評価 評価のポイント
アンヒバ/アルピニー/カロナール(アセトアミノフェン) ★2 熱をさげて、病気がおさまるまでの間、体の負担を軽くします。

鎮咳薬

主に使われる薬 評価 評価のポイント
メジコン配合シロップ(デキストロメトルファン臭化水素酸水和物・クレゾールスルホン酸カリウム) ★2 咳をしずめて、病気がおさまるまでの間、体の負担を軽くします。
アスベリン(チペピジンヒベンズ酸塩) ★2

発病を防ぐ

主に使われる薬 評価 評価のポイント
麻疹ワクチン・ガンマグロブリン ★5 72時間以内であればワクチンにて発症の阻止、あるいは症状の軽減が期待できます。4日以上6日以内であればガンマグロブリンの静脈注射により発病を抑制できます。 根拠(11)(9)~

総合的に見て現在もっとも確かな治療法

定期予防接種を受ける

 日本では「予防接種法」によって、一次予防として満1歳と小学校入学前に、ワクチンを接種することが推奨されています。

保育所や幼稚園、学校などではしかにかかった人がでた場合

 はしかにかかったことがなく、予防接種を受けていない場合は、早急に受診して、ワクチンを接種しましょう。

はしかにかかった場合には、安静と水分補給が中心

 はしかの治療の大部分は、せきに対してせき止めの薬を使うなどの、症状を和らげ、自宅でゆっくりすることです。通常であれば、この対応でほとんどの患者さんが自らの免疫力でウイルスを克服し、問題なく回復していきます。

 小児科を受診する際は、電話などで発疹が全身にでていることを伝えましょう。他の患者さんにうつらないように、違う待合室を設けている施設が多いので、受付で案内してもらいましょう。

重症化した場合

 万が一、高熱、けいれん、中耳炎や肺炎などをおこした場合には、病院での適切な対応が必要になります。

おすすめの記事

根拠(参考文献)

  • (1)国立感染症研究所. 発生動向調査年別報告数一覧(全数把握) 
  • http://www.nih.go.jp/niid/ja/survei/2085-idwr/ydata/5195-report-ja2013-30.html
  • アクセス日2015年3月27日
  • (2)日本小児科学会. 国内における最近の麻疹発生動向の特徴とその対応 
  • http://www.jpeds.or.jp/uploads/files/measles20140317.pdf アクセス日2015年3月23日
  • (3)文部科学省. 学校において予防すべき感染症の解説
  • http://www.mext.go.jp/a_menu/kenko/hoken/1334054.htm アクセス日2015年3月23日
  • (4)Bellini WJ, Rota JS, Lowe LE, et al. Subacute sclerosing panencephalitis: more
  • cases of this fatal disease are prevented by measles immunization than was previously recognized. J Infect Dis. 2005;192:1686-93.
  • (5)Uzicanin A, Zimmerman L. Field effectiveness of live attenuated
  • measles-containing vaccines: a review of published literature.J Infect Dis. 2011;204 Suppl 1:S133-48.
  • (6)De Serres G, Boulianne N, Defay F, et al.Higher risk of measles when the first dose
  • of a 2-dose schedule of measles vaccine is given at 12-14 months versus 15 months of age.Clin Infect Dis. 2012 ;55:394-402.
  • (7)日本小児科学会. 日本小児科学会が推奨する予防接種スケジュールの主な変更点 2014年10月1日
  • http://www.jpeds.or.jp/uploads/files/vaccine_schedule.pdf アクセス日2015年3月23日
  • (8)日本小児科学会. 日本小児科学会推奨の予防接種キャッチアップスケジュールの主な変更点2014年1月12日http://www.jpeds.or.jp/uploads/files/catch_up_schedule.pdf アクセス日2015年3月23日
  • (9)Centers for Disease Control and Prevention Morbidity and Mortality Weekly Report (MMWR)June 14, 2013 / 62(RR04);1-34. 
  • http://www.cdc.gov/mmwr/preview/mmwrhtml/rr6204a1.htm?s_cid=rr6204a1_w
  • アクセス日2015年3月27日
  • (10)Sheppeard V, Forssman B, Ferson MJ, et al. The effectiveness of prophylaxis for measles contacts in NSW. N S W Public Health Bull 2009;20:81–85.
  • (11)Barrabeig I, Rovira A, Rius C, et al. Effectiveness of measles vaccination for control of exposed children. Pediatr Infect Dis J 2011;30:78–80.
出典:EBM 正しい治療がわかる本 2003年10月26日初版発行(データ改訂 2016年1月)