すべて
病名
 × 

うっ滞性皮膚炎
うったいせいひふえん

もしかして... 静脈瘤  接触皮膚炎  糖尿病

つぶやく いいね! はてなブックマーク GooglePlus

おすすめの記事

うっ滞性皮膚炎とは?

どんな病気か

 静脈瘤など下肢の血行障害によって膝下3分の1の部位に生じる、とくに中年以降の女性に多い慢性の皮膚炎です。

原因は何か

 遺伝的に静脈の弁が弱い体質に加えて、長時間・長期間の立ち仕事、肥満、加齢、出産などが誘因となって膝下3分の1の部位に静脈瘤ができ、血液のうっ滞が生じます。血液がうっ滞すると、血管から皮膚への酸素や栄養の供給が不足し、皮膚炎や色素沈着などの症状が出ると考えられています。

症状の現れ方

 長い時間立っていた日やよく歩いた日の夜に膝下がむくみ、翌朝には軽くなるという症状がまず現れます。むくみを繰り返していると、その部位の皮膚は光沢を帯び、褐色の色素沈着が現れます。さらに変化が進むと表面にかさぶたがついた楕円形のかゆみのある紅斑がいくつも現れ、次第に大きくなってきます。

検査と診断

 膝下3分の1に静脈瘤ができて治りにくい皮膚炎があれば、皮膚科での診察だけで診断できます。足のむくみだけがみられる時には、心臓病や腎臓病の可能性もあります。血流不全についてさらに詳しく調べるには、ドプラー血流計や超音波診断装置のある皮膚科や血管外科で検査を受けます。

 皮膚炎が急に悪化する場合には、外用薬や消毒薬による接触皮膚炎の可能性があるので、パッチテストを受けます。

治療の方法

 治療の基本は安静を保ち静脈の血行障害を改善させることです。立ち仕事や長時間の歩行は避け、休憩時間や就寝時は足を高くして休むようにします。弾性ストッキングや弾性包帯を用いるのも効果的です。皮膚炎に対してはステロイド外用薬を塗ります。治りが悪い場合には、硬化療法、結紮療法、静脈抜去術、レーザー療法など静脈瘤に対する治療を行います。

病気に気づいたらどうする

 静脈瘤などの血行障害がある間は、皮膚炎は慢性に続くことが多いので、血流を悪化させる要因(立ち仕事、肥満、糖尿病、長時間の歩行など)があれば、可能なものから改善していきます。

(執筆者:京都府立医科大学大学院医学研究科皮膚科学教授 加藤 則人)

コラム静脈瘤

京都府立医科大学大学院医学研究科皮膚科学教授 加藤則人

 下肢の、とくに膝下3分の1の静脈が太く浮き出ているものを下肢静脈瘤といいます。心臓から送り出されて足まで流れてきた静脈内の血液が、重力にさからって再び心臓にもどるには、静脈の内側にある逆流防止弁が必要です。この弁が壊れると血液が逆流し、下肢に血液がたまって静脈が拡張し、静脈瘤ができます。

 静脈瘤は立ち仕事の人に多く、出産が誘因になることもあるため女性に多く、遺伝的要素もあります。年齢とともに頻度は増え、40歳以上の女性の1割に静脈瘤が認められます。

 治療の基本は静脈にたまった血液をとることです。弾性ストッキングや弾性包帯で患部の静脈を圧迫するのが第一です。屈伸運動などで下肢の筋肉を動かすとポンプ作用で血液が流れやすくなります。根治療法として硬化療法、結紮療法、静脈抜去術、レーザー療法などがあり、日帰りで治療できることも多いので、皮膚科や血管外科で相談してください。

うっ滞性皮膚炎に関する医師Q&A