すべて
病名
 × 

放射線障害
ほうしゃせんしょうがい

  • 内科
  • 診療に適した科

放射線障害とは?

どんな病気か・原因は何か

 放射線は、電離放射線(X線、γ線、α線、β線、電子線、陽子線、重粒子線、中性子線)と非電離放射線(紫外線、赤外線、可視光線、マイクロ波、レーザー光線、磁場)に分けられます。また、電離放射線は、電磁波(X線、γ線)、荷電をもつ粒子線(α線、β線、電子線、陽子線、重粒子線)、荷電をもたない粒子線(中性子線)に分けられます。

 一般的には、電離放射線による障害を放射線障害といっています。具体例としては、原子炉事故、臨界事故、X線発生装置による事故、電離放射線取り扱い従事者の被曝事故などです。電離放射線の生体への影響としては、早期障害と晩発障害、後世代的障害があります。

障害の現れ方

①早期障害

 被曝後数週間以内に現れる障害を早期障害といいます。

・急性放射線症

 短時間で、全身あるいは身体の広範囲に、高線量の放射線を被曝すると、被曝線量に応じていろいろな障害が現れてきます。これを急性放射線症といいます。

 被曝後最初の48時間以内に現れる食欲不振、悪心(吐き気)・嘔吐、倦怠感などの症状を前駆症状と呼びます(前駆期)。

 潜伏期は、前駆期から発症期に至る中間の過程で、疲労感のほかには無症状の期間です。

 発症期には、6~7Gy(グレイ:吸収線量)以下の被曝で、放射線感受性の高い骨髄の障害が主に現れます。骨髄が障害されると、白血球減少や血小板減少、貧血がみられます。皮膚では紅斑や脱毛(5Gy以上)、潰瘍(25Gy以上)、壊死(500Gy以上)が発生します。10Gy以上の被曝では、骨髄障害に加えて消化管の障害が起こり、腹痛や嘔吐、下痢などがみられます。

 数十Gy以上の被曝では、骨髄・消化管の障害に加えて、中枢神経系の障害が発生し短時間で死亡します。中枢神経系の障害により、感情鈍麻、興奮、運動失調、けいれん、意識障害などが現れます。発症期を乗り切れた場合には、回復期に移行します。

・眼障害

 眼の組織のなかで、最も放射線感受性が高いのは水晶体です。被曝により水晶体は混濁し、進行すると白内障になります。5Gyの1回被曝あるいは8Gy以上の分割被曝で白内障が発生します。

・生殖機能障害

 男性では精原細胞、女性では卵母細胞が最も放射線感受性の高い細胞です。一時的に不妊の起こる吸収線量は、男性で0・15Gy、女性で0・65~1・5Gyです。また、永久的に不妊の起こる吸収線量は、男性で3・5~6・0Gy、女性で2・5~6・0Gyです。

②晩発障害

 被曝線量が低く、死に至らなかった場合には、数カ月から数十年後に白血病皮膚がんなどの悪性腫瘍の発生、白内障、老化の促進などが現れます。これを晩発障害といいます。

③後世代的障害

 胎児障害(奇形など)や遺伝的障害(染色体異常など)などを後世代的障害といいます。

④確率的影響と確定的影響

 悪性腫瘍や遺伝的障害は、被曝線量の増加に伴って発生頻度が高くなります。これを確率的影響といいます。骨髄障害や皮膚障害、眼障害、性腺機能障害などは、ある一定量以上の被曝で発生します。これを確定的影響といいます。

治療の方法

 電離放射線の被曝からの離脱が最も重要です。各障害では、重症度に応じた治療が必要です。

病気に気づいたらどうする

 被曝してしまったら、内科を受診し、自覚症状の有無などの問診、皮膚や眼などの身体的検査、白血球数や赤血球数などの血液検査を受ける必要があります。

(執筆者:東京慈恵会医科大学環境保健医学講座教授 柳澤 裕之)

放射線宿酔に関連する可能性がある薬

医療用医薬品の添付文書の記載をもとに、放射線宿酔に関連する可能性がある薬を紹介しています。

処方は医師によって決定されます。服薬は決して自己判断では行わず、必ず、医師、薬剤師に相談してください。

・掲載している情報は薬剤師が監修して作成したものですが、内容を完全に保証するものではありません。

放射線宿酔に関連する可能性がある薬をもっと見る

おすすめの記事

コラム携帯電話健康障害

東京慈恵会医科大学環境保健医学講座教授 柳澤裕之

 電磁波は、電離電磁波と非電離電磁波に分けられます。電離電磁波は、X線やγ線などの放射線です。非電離電磁波は、ラジオ波とマイクロ波、そして光に分けられます。

 電波というと通常、ラジオ波を指します。ラジオ波帯域は、周波数3KHz~300MHz、波長100㎞~1mの領域の波です。マイクロ波帯域は周波数300MHz~30GHz、波長1m~1mmの領域の波です。携帯電話には、900MHz前後のマイクロ波が用いられます。

 かつて、産業職場では、体温の上昇(熱作用)を引き起こすような高いレベルのマイクロ波が用いられ、白内障や無精子症が問題になりました。しかし、現在では職業的曝露基準値が見直され、低く設定されているために、そのような健康障害はみられなくなりました。

 影響があるとすれば、携帯電話を含めて、熱作用を示さない低レベルのマイクロ波を使用する場合です。

 近年、この熱作用を示さない低レベルのマイクロ波に発がん性があるのか、また生殖器系、脳神経系などに影響を及ぼすのかどうかが調べられています。現在のところ、生殖器系や脳神経系への影響はほとんど否定的です。

 しかし、発がん性については、脳腫瘍や造血器腫瘍などの悪性腫瘍の発生との因果関係を肯定する報告や否定する報告があり、いまだ結論は得られておりません。今後、さらに研究を必要とする領域です。

放射線障害に関する医師Q&A