診療科目

内科精神科神経内科呼吸器科消化器科循環器科小児科外科整形外科放射線科アレルギー科リウマチ科リハビリテーション科 /呼吸器内科/消化器内科/循環器内科/乳腺外科/糖尿病内科

診療時間

午前 午後 その他
9:00 - 12:30
9:00 - 12:30
9:00 - 12:30 13:30 - 17:00
9:00 - 12:30
9:00 - 12:30
9:00 - 12:30

午前:月火水木金土(科目毎曜日あり)

午後:水(科目毎曜日あり)

休診日:日・祝

※診療時間は、変更される事や、診療科によって異なる場合があるため、直接医療機関のホームページ等でご確認ください

施設情報

駐車場 人間ドック カード 院内処方 セカンド
オピニオン
- - -
公式サイト http://www.tomita-hospital.or.jp/
アクセス 函館市電湯の川線競馬場前駅から徒歩3分
駐車場 無料:21台
高度医療機器 マルチスライスCT
病床数 一般病床(45)、療養型病床総数(介護型:0、医療型:29)、精神病床(316) ※カッコの中は病床数です。

医院からのお知らせ(現在お知らせはありません)

医院の求人(現在求人情報は登録されていません)

富田病院の院長/関係者様へ
写真、お知らせ、求人の掲載は、下記よりお問い合わせください。

病院情報の誤りのご連絡は病院情報変更フォームをご利用下さい。

アクセス

最寄駅からの所要時間

函館市電湯の川線競馬場前駅から徒歩3分

近隣の駅からの距離

  • 競馬場前駅(函館市電5系統)から0.21km
  • 競馬場前駅(函館市電2系統)から0.21km
  • 深堀町駅(函館市電2系統)から0.32km

地図を見る

QLifeでは次の治験にご協力いただける方を募集しています

治験参加メリット:専門医による詳しい検査、検査費用の負担、負担軽減費など

富田病院の最新口コミ(4件)

口コミをもっと見る

専門医

アレルギー専門医(1) / 呼吸器専門医(1) / 感染症専門医(1) / 消化器病専門医(1) / 総合内科専門医(1) ※カッコの中は専門医の人数です。

短期手術、健診・人間ドック、専門外来など

}

対応可能な短期手術(日帰り)

内視鏡的胃・十二指腸ポリープ・粘膜切除術
内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術

健康診査、人間ドック、健康相談

健康診断
人間ドック
健康相談
胃がん検診
大腸がん検診

専門外来

もの忘れ専門外来

予防接種

インフルエンザ

各種療法

精神科作業療法
理学療法
ADL訓練

介護・福祉、他院外サービス等

神経科デイケアサービス
デイケアサービス(通所リハビリ)
在宅(居宅)介護支援センター
老人保健施設
グループホーム

救急・災害対策医療

救急告示病院(二次)

リハビリ等

脳血管疾患等リハビリ(II)
運動器リハビリ(I)
呼吸器リハビリ(II)

医療機器

内視鏡
全身用X線CT
骨塩量測定装置
超音波診断装置
X線テレビ装置
自動血液ガス分析装置
自動血球計数装置
自動生化学分析装置
ホルター心電計
呼吸機能検査
人工呼吸器
除細動器
心電図
脳波筋電計

患者数、在院日数

平均入院患者数※2015年4月〜2016年3月 367.2人/日
平均外来患者数※2015年4月〜2016年3月 130.8人/日
平均在院日数※2015年4月〜2016年3月 一般 48.7日
療養 202.7日
精神 293.2日

名医の推薦分野

この病院は、複数の有名専門医(※)の間で「自分や家族がかかりたい」と推薦されています。 推薦を受けた分野(科目、領域)は以下です。記載内容はいずれも取材・調査回答書より。※推薦、選定して頂いた有名専門医の一覧表

分野 アレルギー科
特色 函館市および道南の地域医療を担う基幹病院。信頼される安全な医療、根拠に基づく良質な医療を目指して努力している。函館市電競馬場電停1分のところに位置する。
症例数 アレルギー科=気管支喘息の治療・予防の主薬剤は副腎ステロイド、交感神経刺激剤、テオフィリン製剤の3種類だが、近年副腎ステロイドと交感神経刺激剤を併せて吸入するアドエアやシムビコートが登場し、これらを毎日吸入し続けると、今まで起きていた発作を予防することが可能となった。喘息は気管支の病気であるから、吸入によって薬が病変部の気管支に到達するのはとても合理的で、内服や注射よりも薬の量はずっと少なくて済み、効果は強く早く発現し、副作用もほとんどみられない。苦しく辛かった喘息発作から9割をこす患者さんが解放される時代になった。喘息発作は朝5時前後が最も多いが、ユニフィルやユニコンなどのテオフィリン製剤は、午後4時に服用すると午前5時に最も良く効くように作られていて、早朝の発作の予防に一役買っている。アレルギーを引き起こすIgE抗体を中和する注射ゾレアも登場した。現今の治療法を駆使すればほとんどの喘息発作を抑え込むことができるようになっている

★アレルギー性結膜炎、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎でも副腎ステロイド剤の局所療法、抗アレルギー剤の進歩、さらにはプロトピック(免疫抑制剤)などで治療が進歩し、予防も可能となっている

リウマチ科=関節リウマチの治療では痛みや炎症を抑える消炎鎮痛剤が進歩し、免疫を抑えるメトトレキサートや生物学的製剤(抗体)が登場し、完全な治癒も夢ではなくなっている。
  • セカンドオピニオン受入 ○
  • 初診予約 ○
  • 主治医指名 ○
  • 執刀医指名 /

○=可能 △=条件付きで可 ×=不可 /=未回答

「医者がすすめる専門病院 北海道」(ライフ企画 2010年6月)

インフォメーション

富田病院を見ている方は、他にこんな病院を見ています

富田病院の近くにある病院

カテゴリから病院を探す

おすすめの記事

病院情報について
病院情報は、QLifeおよび株式会社ウェルネスの独自収集情報、各都道府県の公開情報、医療機関からの情報提供に基づくもので、内容を完全に保証するものではありません。 受診の際は必要に応じ、診療内容、予約の要不要など、直接医療機関にお問い合わせください。 当サービスの利用により生じた損害についてQLifeおよび株式会社ウェルネスは賠償の責任を一切負いません。
口コミについて
口コミは、受診など、医療機関との実際の関係を持った第三者の主観によるもので、法人としてのQLifeの見解を示すものではありません。 あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。 「やらせ」は発見次第厳重に対処します。