柴崎内科小児科医院

医院からのお知らせ、求人情報はまだありません。

診療時間

午前 午後 その他
8:30 - 12:30 15:00 - 18:00
8:30 - 12:30 15:00 - 18:00
8:30 - 12:30
8:30 - 12:30 17:00 - 19:00
8:30 - 12:30 15:00 - 18:00
8:30 - 12:30 13:00 - 15:30

休診日:日・祝

※診療時間は、変更される事や、診療科によって異なる場合があるため、直接医療機関のホームページ等でご確認ください

施設情報

駐車場 人間ドック カード 院内処方 セカンド
オピニオン
- - - -
公式サイト http://www.shibasaki-iin.jp/
アクセス 仙台市営地下鉄南北線北四番丁からバス10分
駐車場 10台

病院情報の誤りのご連絡は病院情報変更フォームをご利用下さい。
※よろしければ口コミウィジェットをご活用下さい

ストリートビュー

拡大・縮小

アクセス

最寄駅からの所要時間

仙台市営地下鉄南北線北四番丁からバス10分

柴崎内科小児科医院の最新口コミ(7件)

口コミをもっと見る

専門医

アレルギー専門医(1.4) / 呼吸器専門医(0.4) ※カッコの中は専門医の人数です。

健診・人間ドック、専門外来、予防接種など

}

健康診査、人間ドック、健康相談

特定健診
健康相談の実施:無し

専門外来

喘息専門外来/アレルギー専門外来/禁煙専門外来/睡眠障害専門外来

予防接種

二種混合(ジフテリア+破傷風)
水痘
麻疹
B型肝炎
風疹
肺炎球菌感染症
二種混合(麻疹+風疹)
ヒトパピローマウイルスの予防接種
インフルエンザ

名医の推薦分野

この病院は、複数の有名専門医(※)の間で「自分や家族がかかりたい」と推薦されています。 推薦を受けた分野(科目、領域)は以下です。記載内容はいずれも取材・調査回答書より。※推薦、選定して頂いた有名専門医の一覧表

分野 アレルギー科
特色 成人、小児を問わず、気管支喘息の診断・治療、慢性期管理に力を入れている。診断や経過観察には、呼吸機能検査をはじめとする客観的評価を重視し、治療では、吸入ステロイド剤の早期投与、吸入指導が重要と考えている。
症例数 気管支喘息患者数は月間250~300人。初診時、気管支喘息が疑われる場合、5歳以下の小児や高齢者、また重度発作での受診等で、実施できない場合を除き、スパイロメーターによる呼吸機能検査を必須としている。気管支喘息の確定診断には、β2刺激薬吸入後の1秒量の変化を見ることが必要なので、β2刺激薬吸入15分後に、呼吸機能の再検査を行っている。呼吸機能検査以外では、呼気中NO測定装置であるナイオックスマイノ、総合呼吸抵抗測定装置であるモストグラフを実施している。呼気中NOは、気管支喘息の気道炎症を反映するといわれており、モストグラフによる気道抵抗の測定は、呼吸機能検査の時のような努力換気を必要としないので、小児や高齢者でも可能であり、ともに、客観的指標として参考にしている。経過観察には、ピークフローメーター値と症状を記録させた喘息日誌を利用しているが、観察できない時間帯の状況を知ることや、発作の予測ができるので有用である。吸入ステロイド薬は、正しい吸入方法を行って、初めて高い効果や安全性が得られるので、吸入方法の確認と指導は常に行っている。
医療設備 呼吸機能検査、呼気中NO測定装置、総合呼吸抵抗測定装置。
所属スタッフ 柴崎篤院長(呼吸器、アレルギー)、田村弦顧問・仙台気道研究所代表(呼吸器、アレルギー)。
  • セカンドオピニオン受入 ×
  • 初診予約 △
  • 主治医指名 ○
  • 執刀医指名 /

○=可能 △=条件付きで可 ×=不可 /=未回答

「医者がすすめる専門病院 東北版」(ライフ企画 2010年12月)

看護師求人
薬剤師求人

インフォメーション

柴崎内科小児科医院を見ている方は、他にこんな病院を見ています

柴崎内科小児科医院の近くにある病院

カテゴリから病院を探す

病院情報について
病院情報は、QLifeおよび株式会社ウェルネスの独自収集情報、各都道府県の公開情報、医療機関からの情報提供に基づくもので、内容を完全に保証するものではありません。 受診の際は必要に応じ、診療内容、予約の要不要など、直接医療機関にお問い合わせください。 当サービスの利用により生じた損害についてQLifeおよび株式会社ウェルネスは賠償の責任を一切負いません。
口コミについて
口コミは、受診など、医療機関との実際の関係を持った第三者の主観によるもので、法人としてのQLifeの見解を示すものではありません。 あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。 「やらせ」は発見次第厳重に対処します。