鶴見大学歯学部附属病院

診療科目

内科眼科歯科矯正歯科小児歯科歯科口腔外科

診療時間

午前 午後 その他
9:00 - 11:00 13:30 - 15:00
9:00 - 11:00 13:30 - 15:00
9:00 - 11:00 13:30 - 15:00
9:00 - 11:00 13:30 - 15:00
9:00 - 11:00 13:30 - 15:00
9:00 - 11:00

午前:月火水木金土(初診受付時間/科目毎時間・曜日あり)

午後:月火水木金(初診受付時間/科目毎時間・曜日あり)

休診日:日・祝

※診療時間は、変更される事や、診療科によって異なる場合があるため、直接医療機関のホームページ等でご確認ください

施設情報

駐車場 人間ドック カード 院内処方 セカンド
オピニオン
-
公式サイト http://www.tsurumi-univ-dental-hospital.jp/
アクセス JR京浜東北線鶴見駅から徒歩5分
駐車場 有料:33台 無料:2台
混雑状況 比較的混まない時間帯
・内科: 月~金曜の15時半頃
混み具合
・ほとんどの日で待ち時間は比較的少ないです ※口コミや調査による未検証情報です。 あくまで参考レベルでの利用に留めてください。
カードによる
支払い
クレジットカードによる支払いが可能 ※条件によって利用できない場合があります。直接医療機関のホームページ等でご確認ください。
高度医療機器 MRI、マルチスライスCT
病床数 一般病床(32) ※カッコの中は病床数です。
外国語対応 英語

医院からのお知らせ(現在お知らせはありません)

医院の求人(現在求人情報は登録されていません)

鶴見大学歯学部附属病院の院長/関係者様へ
写真、お知らせ、求人の掲載は、下記よりお問い合わせください。

病院情報の誤りのご連絡は病院情報変更フォームをご利用下さい。

アクセス

最寄駅からの所要時間

JR京浜東北線鶴見駅から徒歩5分

近隣の駅からの距離

  • 京急鶴見駅(京急本線)から0.35km
  • 鶴見駅(JR京浜東北線)から0.35km
  • 鶴見駅(JR鶴見線)から0.35km

地図を見る

QLifeでは次の治験にご協力いただける方を募集しています

治験参加メリット:専門医による詳しい検査、検査費用の負担、負担軽減費など

鶴見大学歯学部附属病院の最新口コミ(22件)

口コミをもっと見る

専門医

レーザー専門医(6) / 口腔外科専門医(10) / 小児歯科専門医(6) / 歯周病専門医(6) / 歯科放射線専門医(6) / 歯科麻酔専門医(5) / 病理専門医(1) / 眼科専門医(2) / 老年病専門医(4) ※カッコの中は専門医の人数です。

短期手術、健診・人間ドック、専門外来など

}

対応可能な短期手術(日帰り)

水晶体再建術

健康診査、人間ドック、健康相談

健康診査を実施していない
健康相談を実施していない

専門外来

専門外来あり/卒煙外来・いびき外来

予防接種

麻疹
インフルエンザ
A型肝炎
B型肝炎

医療機器

内視鏡
全身用X線CT
NMR-CT(MRI)
超音波診断装置
X線テレビ装置
自動血液ガス分析装置
自動血球計数装置
自動生化学分析装置
ホルター心電計
トレッドミル
眼底カメラ
人工呼吸器
除細動器
マイクロサージャリー装置
ガスクロマトグラフィ

患者数、在院日数

平均入院患者数※2015年4月〜2016年3月 13人/日
平均外来患者数※2015年4月〜2016年3月 896人/日
平均在院日数※2015年4月〜2016年3月 一般 5日

鶴見大学歯学部附属病院で行える先進的な医療

名医の推薦分野

この病院は、複数の有名専門医(※)の間で「自分や家族がかかりたい」と推薦されています。 推薦を受けた分野(科目、領域)は以下です。記載内容はいずれも取材・調査回答書より。※推薦、選定して頂いた有名専門医の一覧表

分野 歯科口腔外科
特色 Welcome to our clinicの精神で、歯科の総合病院ならではの口腔顎顔面外科診療を展開している。悪性腫瘍の治療は根治的な手術療法と再建外科を主体とし、必要に応じて連携施設で放射線治療を施行する。術後に生じる形態的、機能的障害に対しては、顔面補綴(エピテーゼ)、顎補綴の技術も駆使して対応している。特に、咀嚼(かみくだく)、構音(会話する)、嚥下(飲みこむ)機能の早期回復に注力している。顎変形症や口唇口蓋裂は、学内・外の矯正科と密に連携し、様々な顎矯正手術や顎裂部骨移植を行っている。顎関節疾患は関連各科と連携しつつ、非外科的治療から顎関節開放形成手術まで、エビデンス(科学的根拠)に基づいた診療体制を確立している。また、デンタルインプラントについても、関連する診療科と連携診療を行っている。
症例数 年間の手術症例(全身麻酔)は約300例、抜歯以外の外来手術件数は約600例

★悪性腫瘍手術件数は年間約100例(連携病院での手術を含む)で、5年生存率は80%以上。近年は、CT、MRI、エコーの形態的画像診断に加えて、癌細胞の代謝特性を画像として捉えるPET検査を必ず施行しており、より的確な治療計画を立案できるようになっている

★摂食嚥下構音リハビリテーションは、VF(嚥下造影)検査、VE(嚥下内視鏡)検査などの精密検査の後、個々の患者さんの状態に合わせた機能訓練プランが組まれる。舌接触補助床や補綴物を使った歯科特有の訓練が特徴で、入院食なども個々の嚥下障害のタイプに留意して作られている。発達期、高齢者に関する摂食嚥下障害への対応も可能である

★顎変形症の手術症例は年間約50例。一般的な顎矯正手術のみならず、顎骨延長術やきわめて精度の高い3Dシミュレーション手術システムを使用した複雑な上・下顎同時移動手術まで幅広く対応している。現在、下顎単独の手術では7~10日、上・下顎の手術でも2週間以内に退院可能となっている

★顎関節疾患については、歯科放射線科との連携で、MRI、CTを駆使した最先端の診断能力を有している。外来では、高精度な細径関節鏡を用いた「見ながら洗浄療法」を行っており、難治性顎関節症に対しても効果を挙げている(奏効率75~85%)。顎関節開放形成手術を適用する場合も、従来に比べてはるかに侵襲の少ない術式を開発適用しており、術後早期からの機能回復が得られている(12年12月現在で奏効率96%)

★顎裂部骨移植手術は94年から導入しており、現在まで約140例に施行。移植骨の生着率は99%で、矯正科との連携によって、健常者と変わらない咬合回復が得られている。顎裂部骨移植の至適年齢は犬歯萌出前の8~11歳であるが、この時期を過ぎても、骨移植部へのデンタルインプラントの応用などで対応している

★12年度より、認定施設におけるデンタルインプラント治療(ただし、顎骨再建手術後に限る)が保険診療として認められることになった。当科ではいち早く認定施設の指定を受け、積極的に対応できる体制を整えている。また従来どおり、一般的なデンタルインプラント治療をはじめ、顔面補綴の維持装置としてのインプラント、矯正用アンカーインプラント、ザイゴマインプラントなど特殊なインプラント治療にも対応している

★その他、歯の脱臼や顎顔面骨折、口唇や顔面の外傷、良性腫瘍や嚢胞性疾患といった口腔顎顔面領域に発生するあらゆる疾患を診療対象としているが、必要に応じて適切な施設を紹介することもある。また、常にMinimally Invasive Surgery(低侵襲手術)を念頭に診療を展開している。
医療設備 MRI、スパイラルCT、デンタルCT、3次元手術シミュレーションシステム、レーザー装置(ヤグ)、手術用顕微鏡、顎関節内視鏡システム、各種デンタルインプラントシステム、VF(嚥下造影)システム、ファイバースコープなどを備えている。
  • セカンドオピニオン受入 ○
  • 初診予約 ○
  • 主治医指名 △
  • 執刀医指名 △

○=可能 △=条件付きで可 ×=不可 /=未回答

「医者がすすめる専門病院 神奈川」(ライフ企画)

インフォメーション

鶴見大学歯学部附属病院を見ている方は、他にこんな病院を見ています

鶴見大学歯学部附属病院の近くにある病院

カテゴリから病院を探す

おすすめの記事

病院情報について
病院情報は、QLifeおよび株式会社ウェルネスの独自収集情報、各都道府県の公開情報、医療機関からの情報提供に基づくもので、内容を完全に保証するものではありません。 受診の際は必要に応じ、診療内容、予約の要不要など、直接医療機関にお問い合わせください。 当サービスの利用により生じた損害についてQLifeおよび株式会社ウェルネスは賠償の責任を一切負いません。
口コミについて
口コミは、受診など、医療機関との実際の関係を持った第三者の主観によるもので、法人としてのQLifeの見解を示すものではありません。 あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。 「やらせ」は発見次第厳重に対処します。