國分医院網走皮膚科クリニック

専門医より推薦を受けた診療科目・診療領域

國分医院網走皮膚科クリニックは、複数の有名専門医(※)の間で「自分や家族がかかりたい」と推薦されています。
このページでは、専門医より推薦を受けた分野(科目、領域)の特色や症例数、所属している医師について取材・調査回答書より記載しています。 ※推薦、選定して頂いた有名専門医の一覧表

皮膚科

分野

皮膚科

特色

アトピー性皮膚炎、ざ瘡、白癬などの炎症性皮膚疾患から良性、悪性の皮膚腫瘍にわたり、皮膚疾患全般において幅広く診療を行っている。整容面では、ホクロ、シミ、ニキビ痕の治療など、QOLの改善を重視した治療を心がけている。また、依頼があれば、積極的に往診も行っている。

症例数

1日平均外来患者数約200人、年間外来手術約500件。外来手術の主な疾患は、色素性母斑、粉瘤、脂漏性角化症などの皮膚良性腫瘍、日光角化症、基底細胞がんなどの悪性腫瘍切除、陥入爪に対する抜爪およびフェノール法などである。アトピー性皮膚炎に対しては、ガイドラインに沿った標準治療に加え、個々の患者に対してスキンケア、日常生活に対する指導をきめ細かく行うようにしている。乾癬に対しては、標準的な外用療法に加え、ナローバンドUVB照射、重症例においては、シクロスポリン、チガソン内服などの治療も積極的に行っている。ざ瘡に対しては、通常の内服、外用療法に加え、ケミカルピーリング、漢方内服などの治療も行っている。円形脱毛症では、重症例を中心に、SADBEあるいはDPCPを用いた免疫療法も積極的に取り入れている。肝斑、老人性色素斑に対しては、保険診療に加えて、保険外診療として、ケミカルピーリング、コウジ酸外用、ハイドロキノン外用などの治療を行っている。大田母斑、巨大色素性母斑、青色母斑に対するQヤグレーザーによる治療、単純性血管腫(赤アザ)、苺状血管腫に対するダイレーザー治療などは、関連施設の國分皮膚科(北見市)において行っている。皮膚がんに対しては、外来で対応可能な症例に対しては外来手術を行っている。膠原病、水疱症などで入院治療が必要な症例に対しては、適切な専門医のいる施設(北見市、札幌市など)と連携を取って治療に当たるように心がけている。

医療設備

炭酸ガスレーザー、ナローバンドUVB照射装置、半導体レーザー、脱毛レーザー。

所属スタッフ

川嶋利瑞院長、國分純理事長。
  • セカンドオピニオン受入 ○
  • 初診予約 ×
  • 主治医指名 ○
  • 執刀医指名 /

○=可能 △=条件付きで可 ×=不可 /=未回答

「医者がすすめる専門病院 北海道」(ライフ企画 2010年6月)

QLifeでは次の治験にご協力いただける方を募集しています

治験参加メリット:専門医による詳しい検査、検査費用の負担、負担軽減費など

インフォメーション

國分医院網走皮膚科クリニックを見ている方は、他にこんな病院を見ています

國分医院網走皮膚科クリニックの近くにある病院

カテゴリから病院を探す

おすすめの記事

病院情報について
病院情報は、QLifeおよび株式会社ウェルネスの独自収集情報、各都道府県の公開情報、医療機関からの情報提供に基づくもので、内容を完全に保証するものではありません。 受診の際は必要に応じ、診療内容、予約の要不要など、直接医療機関にお問い合わせください。 当サービスの利用により生じた損害についてQLifeおよび株式会社ウェルネスは賠償の責任を一切負いません。
名医の推薦分野について
名医の推薦分野に掲載する情報は、ライフ企画が独自に調査、取材し、出版する書籍、「医者がすすめる専門病院」「専門医が選んだ★印ホームドクター」から転載するものです。出版時期は、それぞれの情報ごとに記載しています。全ての情報は法人としてのQLifeの見解を示すものではなく、内容を完全に保証するものではありません。