大通じんぼ皮膚科

診療科目

皮膚科

施設情報

駐車場 人間ドック カード 院内処方 セカンド
オピニオン
- -
駐車場 有料:30台
外国語対応 ドイツ語、英語

医院からのお知らせ(現在お知らせはありません)

医院の求人(現在求人情報は登録されていません)

大通じんぼ皮膚科の院長/関係者様へ
写真、お知らせ、求人の掲載は、下記よりお問い合わせください。

病院情報の誤りのご連絡は病院情報変更フォームをご利用下さい。

アクセス

近隣の駅からの距離

  • 西18丁目駅(札幌市営地下鉄東西線)から0.1km
  • 西15丁目駅(札幌市電山鼻線)から0.39km
  • 西線6条駅(札幌市電山鼻線)から0.7km

地図を見る

QLifeでは次の治験にご協力いただける方を募集しています

治験参加メリット:専門医による詳しい検査、検査費用の負担、負担軽減費など

大通じんぼ皮膚科の最新口コミ(0件)

大通じんぼ皮膚科を受診した事がありますか?
あなたの受診した体験から、大通じんぼ皮膚科の「よいところ」「おすすめポイント」を教えて下さい。

口コミを投稿

専門医

皮膚科専門医(1) ※カッコの中は専門医の人数です。

名医の推薦分野

この病院は、複数の有名専門医(※)の間で「自分や家族がかかりたい」と推薦されています。 推薦を受けた分野(科目、領域)は以下です。記載内容はいずれも取材・調査回答書より。※推薦、選定して頂いた有名専門医の一覧表

分野 皮膚科
特色 色素異常症(色素斑、白斑等)と皮膚悪性腫瘍の診断・治療法開発の研究実績を基礎として、母斑(ホクロ等)、メラノーマ、有蕀細胞がん、皮膚リンパ腫等の良性・悪性腫瘍の診断(病理診断を含む)、外来・入院治療(外科的切除、免疫療法等)まで一貫して行う。色素異常症の美容・整容としてシミ、そばかす等のレーザー治療、ピーリングを行う。アトピー性皮膚炎を主とする湿疹・皮膚炎疾患、乾癬、ざ瘡、血管炎、白癬、中毒疹、下腿潰瘍、熱傷等の一般的皮膚疾患も幅広く治療する。
症例数 1日平均外来患者数は100人。08年度年間外来手術件数390例、入院手術件数10例。代表的疾患別には色素性母斑120例、粉瘤80例、メラノーマ30例、有蕀細胞がん20例、基底細胞がん12例、日光角化症10例、乳房外パジェット病6例およびその他のがん20例。外来レーザーは300例。良性腫瘍母斑手術(足底母斑等)では皮弁形成術および、がんの外科手術は拡大切除後分層・全層植皮術を行う症例が多い。アトピー性皮膚炎(620例)、乾癬(235例)、尋常性白斑およびその他の疾患(類白癬、菌状息肉症等)には紫外線療法を積極的に行う。その他の代表的疾患はざ瘡360例、白癬症205例、ヘルペス140例、じんま疹135例、帯状疱疹65例。紫外線療法では原則として最小紅斑を測定後実施。接触皮膚炎(300例)を含むアレルギー性疾患では、必要に応じパッチテストを施行。外用療法でステロイド外用をできるだけ抑えるために、数種の院内製剤による保湿剤を用いた重層法の併用療法を行う。
医療設備 Qスイッチルビーレザー、全身照射用の大型および局所照射用の小型PUVAとナローバンドUVB光線療法機器。
所属スタッフ 神保孝一院長。常勤医1人、非常勤医1人。
  • セカンドオピニオン受入 ○
  • 初診予約 ○
  • 主治医指名 ○
  • 執刀医指名 ○

○=可能 △=条件付きで可 ×=不可 /=未回答

「医者がすすめる専門病院 北海道」(ライフ企画 2010年6月)

インフォメーション

大通じんぼ皮膚科を見ている方は、他にこんな病院を見ています

大通じんぼ皮膚科の近くにある病院

カテゴリから病院を探す

おすすめの記事

病院情報について
病院情報は、QLifeおよび株式会社ウェルネスの独自収集情報、各都道府県の公開情報、医療機関からの情報提供に基づくもので、内容を完全に保証するものではありません。 受診の際は必要に応じ、診療内容、予約の要不要など、直接医療機関にお問い合わせください。 当サービスの利用により生じた損害についてQLifeおよび株式会社ウェルネスは賠償の責任を一切負いません。
口コミについて
口コミは、受診など、医療機関との実際の関係を持った第三者の主観によるもので、法人としてのQLifeの見解を示すものではありません。 あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。 「やらせ」は発見次第厳重に対処します。