カロナール細粒20%あゆみ製薬株式会社

処方薬ジェネリック

アクセスランキング(07月24日更新)

  • 先々週:442位
  • 先週:400位
  • 今週:441位
つぶやく いいね! はてなブックマーク GooglePlus
薬価 1gあたり8.2円
剤形 淡橙色の細粒剤
シート記載 SD116、カロナール細粒20%、アセトアミノフェン、100mg/0.5g SD117、カロナール細粒20%、アセトアミノフェン、200mg/1.0g
薬効分類 神経系及び感覚器官用医薬品 > 中枢神経系用薬
主成分

アセトアミノフェン

同じ成分の薬

この薬の添付文書

薬には効果(ベネフィット)だけではなく、副作用(リスク)があります。副作用をなるべく抑え、効果を最大限に引き出すことが大切です。このために、この薬を使用される患者さんの理解と協力が必要です。

作用と効果について

中枢神経に働きかけて解熱鎮痛効果を発揮します。また、体温調節中枢に直接作用して熱放散を増大させて熱を下げます。
通常、頭痛、腰痛、歯痛、変形性関節症などの鎮痛、急性上気道炎、小児科領域の解熱・鎮痛などに用いられます。

次のような方は使う前に必ず担当の医師と薬剤師に伝えてください。

以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。消化性潰瘍、血液疾患、肝障害、腎障害、心機能不全、アスピリン喘息または既往歴

妊娠または授乳中

他に薬などを使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、他に使用中の一般用医薬品や食品も含めて注意してください)。

用法・用量

頭痛、腰痛、歯痛、変形性関節症などの鎮痛:通常、成人は1回1.5~5g(主成分として300~1,000mg)を服用し、服用間隔は4~6時間以上とします。1日総量として20g(4,000mg)を限度とされます。空腹時の服用は避けてください。
急性上気道炎
:通常、成人は1回1.5~2.5g(主成分として300~500mg)を頓用します。原則として1日2回まで、1日最大7.5g(1,500mg)を限度とされます。空腹時の服用は避けてください。
小児科領域における解熱・鎮痛
:通常、乳児、幼児および小児は1回体重1kgあたり0.05~0.075g(主成分として1回10~15mg)を服用し、服用間隔は4~6時間以上とします。1日総量として0.3g/kg(60mg/kg)を限度とされます。ただし、成人用量(1回最大用量は主成分として500mg、1日最大用量は1,500mg)を超えることはありません。空腹時の服用は避けてください。
いずれの場合も、治療を受ける疾患や年齢・症状により適宜増減されます。必ず指示された服用方法に従ってください。

飲み忘れた場合はできるだけ早く1回分を飲んでください。ただし、次の飲む時間が近い場合(4時間以内)は、忘れた分は飲まずに、次の飲む時間に1回分を飲んでください。絶対に2回分を一度に飲んではいけません。

誤って多く飲んだ場合は医師または薬剤師に相談してください。

医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。

副作用について

主な副作用として、過敏症(発疹)、嘔吐、食欲不振、血小板機能低下(出血時間延長)などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。

まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。

・息苦しい、全身の発赤、蕁麻疹 [ショック、アナフィラキシー]

・高熱が出る、皮膚や粘膜に発疹・水疱ができる、眼が充血する [中毒性表皮壊死融解症・皮膚粘膜眼症候群・急性汎発性発疹性膿疱症]

・苦しさ、喘鳴(ヒューヒュー音) [喘息発作の誘発]

・けん怠感、食欲がない、皮膚や白目が黄色くなる [劇症肝炎・肝機能障害・黄疸]

・のどの痛み、発熱 [顆粒球減少症]

・息苦しい、咳が出る、発熱 [間質性肺炎]

・発熱、発疹、関節の痛み [間質性腎炎・急性腎不全]

以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。

保管方法その他

乳幼児、小児の手の届かないところで、直射日光、高温、湿気を避けて保管してください。

薬が残った場合、保管しないで廃棄してください。廃棄については、薬を受け取った薬局や医療機関に相談してください。

更新日付:2016年01月05日

カロナールに関する医師Q&A

Powered by AskDoctors

※回答を見るには別途AskDoctorsへの会員登録が必要です。

医療者の実際の評価

※ カロナールという名の全薬剤(形は異なるが成分は同じ)の評価を掲載しています。「医療者の実際の評価」についての詳細はこちらをご覧ください。

医師 50代 大学病院 新生児科

私の処方の仕方 座薬で使用するアンヒバと同じ内容の内服薬です。
比較的安全性の高い解熱鎮痛薬で、インフルエンザ、水痘の際にも使用します。
鎮痛効果は強くありませんが、解熱効果はあります。
内服で使用する場合、特に乳児・幼児の場合は、体重に合わせて1回量を軽量した散剤を使用することが多いので、「他の患者や過去に処方されたものを流用しないように。」と伝えます。
およそ6時間以上の間隔を開けると使用できます。
発熱があっても、熱性けいれんの既往がなく、元気ならば解熱剤を使用しないで様子を見ることもできます。
時間ごとに内服する薬ではありません。

現場で質問・誤解されがちな内容と回答法 「座薬と内服薬とどちらが効きますか?」と質問されることがありますが、
「量にもよりますが、効果は同じです。ただし座薬の方が効果が早く出ます。」と回答しています。

この評価に他の医療者から補足

さらに!薬剤師 60代以上 保険薬局[投稿日:2016年 02月 16日]

鎮痛剤は、胃に負担がありますので、コップ1杯以上の水と一緒に服薬ください。

そう!薬剤師 40代 保険薬局[投稿日:2016年 02月 15日]

小さな子供さんなど、薬を飲むのが困難な場合などは坐薬の方を使うことが多いです。

さらに!薬剤師 40代 保険薬局[投稿日:2016年 02月 15日]

4〜6時間の間隔はあけて使用してください。また他院で受診する際にもカロナール服用の旨を必ずお伝えください。

さらに!薬剤師 40代 保険薬局[投稿日:2016年 02月 14日]

COX3阻害剤に分類され、他の痛み止めより胃の負担は少ないとされています。

さらに!薬剤師 40代 保険薬局[投稿日:2016年 02月 13日]

インフルエンザの際の解熱剤や小さい子供へも安心して使用できます。

さらに!薬剤師 30代 保険薬局[投稿日:2016年 02月 12日]

胃に負担がかかりやすいので、できる限り空腹時を避けて多めの水で服用してください。

さらに!薬剤師 40代 保険薬局[投稿日:2016年 02月 11日]

安全性が高く、妊婦さんにも安心して使えるお薬です。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

医師 30代 私立病院 小児科

私の処方の仕方 解熱鎮痛剤でアセトアミノフェンである。
シロップ、粉、錠剤など様々な剤形があるが、単独の粉はかなり苦いため、乳糖を付加して処方することが多い。
アセトアミノフェンなので小児に安心して使うことができる。
古くからある薬であり、安価。
小児の解熱鎮痛剤は成分であるアセトアミノフェンを使用しているものが多く、名前が異なるために同時に使用してしまう場合があり、注意が必要である。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

続きを見る

併用禁忌(禁止)・注意の処方薬

薬の併用には専門的な判断が必要です。必ず、医師、薬剤師に相談してください。

もっと見る

処方実績の多い疾患

※ 処方実績はレセプトデータ(2015年04月~2015年09月)を基準としています。

この薬は下記の疾患の患者さんに処方されています

おすすめの記事

他の薬(同じ主成分)

もっと見る

他の剤形(規格)

もっと見る

他にこんな薬を調べています

医療者の実際の評価(続き)

薬剤師 30代 大学病院

ベネフィット(効果) 熱を下げたり、痛みを止める薬です。
アセトアミノフェンという有効成分が入っており、小さいお子様でも飲めるお薬です。
解熱鎮痛剤のグループの中で、胃を荒らしにくいお薬の一つですです。

リスク(副作用など)と対処法 重大な副作用はほとんどありません。
アスピリンを含まないので胃を荒らしにくく、血液をサラサラにするお薬を服薬中の患者さん、ぜんそくの患者さんや、インフルエンザ・風邪をひいている患児さんなどに安全にお飲みいただけます。

実用的な特徴 医師の処方通りにお飲みください。
大人用は白く大き目の錠剤です味は殆どありません。
子供用はピンクの粉末です味は甘くしてあります。
服薬後、湿疹目の充血などが出たら受診してください。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

薬剤師 30代 調剤薬局

ベネフィット(効果) 熱や痛みを緩和してくれるお薬です。
熱を下げる場合は平熱異常に下げることもないので安心して使用することができます。
インフルエンザの際は解熱薬はカロナールが一番安全です。

リスク(副作用など)と対処法 カロナールは胃の粘膜を保護する作用を減弱させる作用があります。
胃に負担がかかりますので食後に服用したり多めのお水で服用するようにしましょう。
胃痛生じた場合は医師に相談してください。

実用的な特徴 カロナール細粒はオレンジの香りがし、甘いお薬ですが口内に長時間含んでおくと苦くなってしまうのですぐに服用しましょう。
市販薬でも効果が重複するものがありますので注意してください。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

医師 50代 診療所(開業医) 小児科

私の処方の仕方 アセトアミノフェンという成分の解熱鎮痛剤で、非常に処方しやすい薬である。
消化器症状の副作用も小児の場合はほとんどなく、他剤が使えないインフルエンザ罹患時でも使える薬である。
原則的に小児の解熱鎮痛剤としては(特に解熱効果に期待して)、私は最もよく処方する薬である。

現場で質問・誤解されがちな内容と回答法 「薬を飲ませても熱が下がらないことがある」という質問が多い。
「使用のつど毎回すぐに下がらない場合でも、時間を空けて使用すればそのうち下がる」旨を伝える。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

薬剤師 40代  男性 富山県

ベネフィット(効果) 昔から使われている痛みどめ、解熱剤の薬です。子供から妊婦まで使用することが可能ですが、妊婦さんは必ず医師の指示に従って服用するようにしてください。子供に対しても体重によって使用量が決まります。

リスク(副作用など)と対処法 胃を荒らしやすいという副作用がありますが、他の痛みどめに比べると軽めです。食後服用と多めの水で服用すれば、ほとんどが解消できます。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

薬剤師 30代  女性 茨城県

ベネフィット(効果) 鎮痛効果はやや弱めですが、安全性に優れたお薬です。小児・血液内科領域においてもよく処方されており、インフルエンザでは第一選択として処方されています。

リスク(副作用など)と対処法 他の非ステロイド抗炎症薬と異なり、プロスタグランジンの合成に関与していないため、副作用は少ないです。まれに、消化器症状・血小板減少等の副作用が起きることがあります。

実用的な特徴 この薬の成分であるアセトアミノフェンは、総合感冒薬によく含まれています。総合感冒薬と解熱剤を一緒に服用すると、過剰量のアセトアミノフェンを服用してしまう場合があります。勝手に併用するようなことはしないようにしましょう。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

薬剤師 20代  女性 富山県

ベネフィット(効果) 副作用も少なくて安全性が高い薬です。小児の患者さんにも使いやすいです。

リスク(副作用など)と対処法 副作用の心配は少ないです。

実用的な特徴 安価です。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

薬剤師 30代  男性 愛知県

ベネフィット(効果) 胃を荒らさない解熱鎮痛剤です。効果はマイルドで、子供にも安全に使えるようです。

リスク(副作用など)と対処法 効きがマイルドな分、安易に増量して習慣性に苦しむ事もありますので、勝手に増量しないでください。

実用的な特徴 最近では癌性疼痛の領域で見直されてきました。 

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

薬剤師 30代  女性 岐阜県

ベネフィット(効果) 胃腸障害が少なくて小児にも使える良い薬だと思います。

リスク(副作用など)と対処法 副作用の訴えは少ないです。飲み合わせの心配も比較的少ないです。

※投稿内容に問題がある場合は、問題投稿を通報ページから教えて下さい。

QLifeの健康・医療の特集記事

ご利用に当たっての注意事項

  • ・掲載している情報は、あゆみ製薬株式会社の提供情報を元に、くすりの適正使用協議会が独自に編纂したものです。正確な情報に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。
  • ・掲載している併用禁忌・併用注意の情報は、医療用医薬品の添付文書を元に薬剤師が監修して作成したものです。内容を完全に保証するものではありません。
  • ・カロナール細粒20%を適正に使用したにもかかわらず副作用などの健康被害が発生した場合は(独)医薬品医療機器総合機構(電話:0120-149-931)にご相談ください。
  • ・より詳細な情報を望まれる場合は、担当の医師または薬剤師におたずねください。
  • ・当サービスによって生じた損害について、株式会社QLife及び、くすりの適正使用協議会、株式会社ネグジット総研ではその賠償の責任を一切負わないものとします。

「医療者の実際の評価」はあくまで参考材料のひとつに

  • ・法律で「医薬品等の適正使用と有効性・安全性の知識と理解を深める努力」が「患者責任」と規定されたこと、また「他の薬を試したい」時に医師に訊けずに転医してしまう患者が少なくない実態を解消する支援をしたいと考え、1)生活者・医療者間の会話の糸口・参考例、2)医薬品についての関心や知識を深めるきっかけ・参考材料、として提供しています。詳細はこちらをご覧ください。
  • ・薬口コミの内容は不完全です。これだけで服薬中断や変更の判断は絶対にしないでください。
  • ・専門家が審査したうえで公開しています。「明らかに間違った内容」「著しく読む人への配慮に欠ける、または誤解を招く表現」のほか、「服用を強く恐怖させる表現」「処方を強く否定する記述」「強い断定」「多量摂取の推奨」「適応外処方の推奨」などを排除しています。ただし問題の「評価」を見つけた場合は、お手数ですが「問題投稿通報」からお知らせください。