すべて
病名
 × 
  • 表皮母斑(疣状母斑/列序性母斑/列序性苔癬様母斑)

    ひょうひぼはん(ゆうじょうぼはんれつじょせいぼはんれつじょせいたいせんようぼはん)

    生まれつき、または乳児期に気づく表皮部分のあざで、さまざまな部位に白からピンク色の小さな硬いいぼ状の結節(塊)が少し集…

    カテゴリー  皮膚の病気 » あざと母斑症

  • 脂腺母斑

    しせんぼはん

    生まれつき頭部から顔面(ほとんど頭部)にかけてできるあざの一種で、成長とともに第1〜3期に分けられます。

    カテゴリー  皮膚の病気 » あざと母斑症

  • 扁平母斑

    へんぺいぼはん

    いわゆる“茶あざ”です。体のさまざまな部位に扁平な、点状から面状に分布する茶褐色の色素斑がみられます(図67)。生まれなが…

    カテゴリー  皮膚の病気 » あざと母斑症

  • ほくろ(母斑細胞性母斑・単純黒子)

    ほくろ(ぼはんさいぼうせいぼはん・たんじゅんこくし)

    皮膚のすべての部位にできる黒色の色素斑です。いわゆる“ほくろ”は小さい点状のものを指し、“黒あざ”はやや面積のあるものを指…

    カテゴリー  皮膚の病気 » あざと母斑症

  • 若年性黒色腫

    じゃくねんせいこくしょくしゅ

    若年性黒色腫は、その報告者の名前をとってスピッツ母斑とも呼ばれます。一般に子どもの顔面に多く、急速に大きくなることがあ…

    カテゴリー  皮膚の病気 » あざと母斑症

  • 青色母斑

    せいしょくぼはん

    通常のほくろよりも全体に青色が強いタイプです。ほとんどは数㎜程度の大きさで少し皮膚面から盛り上がった小結節(塊)です。…

    カテゴリー  皮膚の病気 » あざと母斑症

  • 太田母斑

    おおたぼはん

    頬部を中心とした顔面(眼の周囲がほとんど)の片側、時に両側に青色からやや褐色の小さい点が集まって斑をつくっています(図7…

    カテゴリー  皮膚の病気 » あざと母斑症

  • 蒙古斑

    もうこはん

    日本人(黄色人種)の臀部(おしり)に生まれつきある青あざです(通常型)。黄色人種にはほぼ必ずあり、ほとんどが5〜6歳で…

    カテゴリー  皮膚の病気 » あざと母斑症

  • 脱色素性母斑

    だつしきそせいぼはん

    脱色素性母斑は、生まれつきある限られた部位にできた、不完全な脱色素斑(白く色が抜けて見える)です。体幹部や四肢に多くみ…

    カテゴリー  皮膚の病気 » あざと母斑症

  • 貧血性母斑

    ひんけつせいぼはん

    生まれつきの蒼白な斑です。入浴や、皮膚をたたいたり刺激を加えても、まわりは充血するのにそこだけ白いまま残るのが特徴的で…

    カテゴリー  皮膚の病気 » あざと母斑症

  • 母斑症

    ぼはんしょう

    母斑症は先に述べた母斑と異なり、皮膚にさまざまなあざ(母斑)が多くは複数個以上出るだけでなく、内臓の病変を伴う系統的で…

    カテゴリー  皮膚の病気 » あざと母斑症

  • 結節性硬化症(プリングル病)

    けっせつせいこうかしょう(ぷりんぐるびょう)

    常染色体優性遺伝といわれています。皮膚の変化としては、主に顔面に数㎜までの丸く盛り上がって光沢のある、皮膚と同じ色から…

    カテゴリー  皮膚の病気 » あざと母斑症

  • レックリングハウゼン病

    れっくりんぐはうぜんびょう

    従来、神経線維腫症と呼ばれていたものが遺伝子診断の発達により1型と2型に分けられて、レックリングハウゼン病は1型を指す…

    カテゴリー  皮膚の病気 » あざと母斑症

  • スタージ・ウェーバー病

    すたーじ・うぇーばーびょう

    顔面の片側に単純性血管腫(赤あざ)が主に三叉神経の支配領域に沿って分布し、頭蓋内の特徴的な石灰化に伴うてんかん、片麻痺…

    カテゴリー  皮膚の病気 » あざと母斑症

  • クリッペル・ウェーバー病

    くりっぺる・うぇーばーびょう

    クリッペル・ウェーバー病はクリッペル・トレノニー・ウェーバー症候群とも呼ばれ、生まれつき四肢の広い範囲にできる血管腫が…

    カテゴリー  皮膚の病気 » あざと母斑症

  • ポイツ・ジェーガース症候群

    ぽいつ・じぇーがーすしょうこうぐん

    幼小児期から口唇や口腔粘膜、手足のとくに指趾の先のほうに色素性母斑(ほくろ)が点状に多発します(図74)。この場合、消化…

    カテゴリー  皮膚の病気 » あざと母斑症

  • 色素失調症

    しきそしっちょうしょう

    X染色体優性遺伝で女児に発症しやすいまれな母斑症です。男児では致死的なので流産例が多いのですが、時に発症例がみられます…

    カテゴリー  皮膚の病気 » あざと母斑症