すべて
病名
 × 

急性細菌性前立腺炎
きゅうせいさいきんせいぜんりつせんえん

おすすめの記事

急性細菌性前立腺炎とは?

どんな病気か

 前立腺に細菌の感染を生じ、発熱とともに前立腺が大きく腫脹(はれる)して排尿困難、残尿感、頻尿、排尿時痛を生じます。尿閉(前立腺がはれて尿道を圧迫し、まったく排尿ができなくなってしまうこと)になることもまれではありません。38~40℃の高熱を伴うことがあります。

原因は何か

 主に大腸菌などのグラム陰性桿菌と呼ばれる細菌の感染によって発症します。これは便のなかに普通にみられる細菌です。結石や前立腺肥大症などの基礎疾患がはっきりしている症例もありますが、感染経路の不明確な症例もあります。

 また、尿道膀胱鏡検査(膀胱がんの診断に必要な検査)、カテーテル操作(尿量を調べたり造影剤を注入して前立腺の大きさを調べるのに必要な処置)、前立腺生検(前立腺がんの診断に重要な検査)などの病院での検査や処置が誘因になることもあります。

検査と診断

 細菌感染による前立腺の炎症が強く、自然排尿した尿のなかに原因になる細菌と炎症性細胞である白血球が認められます。この尿所見によって診断します。肛門から指を入れて前立腺を触診すると患者さんが圧迫痛を訴えます。この時、前立腺をマッサージすることは細菌を血液中に散布するおそれがあり、禁忌(禁止事項)になっています。

治療の方法

 原因になっている尿中の細菌の種類を調べて、この細菌に対して有効な抗生剤の投与を行います。尿閉に対しては膀胱瘻といって下腹部の恥骨の上を穿刺して尿を体外に導く管を設置するか、尿道留置カテーテルを用いて、排尿路を確保する必要があります。

 水分の補給を十分に行い、高熱のある症例では安静の確保と点滴注射のため入院治療をすすめます。重症例では敗血症を生じ、生命の危険を伴うこともあるので注意が必要です。急性炎症を起こした前立腺には抗生剤が到達しやすいので、1週間くらいですみやかに快方に向かいます。

病気に気づいたらどうする

 高熱に伴い排尿痛や排尿困難、残尿感などの症状がある場合には、ただちに泌尿器科の専門医の診察を受けるべきです。少なくとも熱のある間は静養が必要です。また急性細菌性前立腺炎では、前立腺がんの腫瘍マーカー(PSA)が異常な高値を示します。治ったあとで再検査が必要です。

急性細菌性前立腺炎と関連する症状・病気

(執筆者:横浜市立大学附属市民総合医療センター泌尿器・腎移植科教授 野口 和美)

急性細菌性前立腺炎に関する医師Q&A