群馬県立小児医療センター

診療科目

内科精神科神経内科呼吸器科循環器科小児科整形外科形成外科心臓血管外科産科眼科耳鼻咽喉科放射線科アレルギー科リハビリテーション科麻酔科小児歯科 /腎臓内科/呼吸器内科/循環器内科

診療時間

午前 午後 その他
9:00 - 12:00 13:00 - 17:00
9:00 - 12:00 13:00 - 17:00
9:00 - 12:00 13:00 - 17:00
9:00 - 12:00 13:00 - 17:00
9:00 - 12:00 13:00 - 17:00

午前:月火水木金(科目毎時間・曜日あり)

午後:月火水木金(科目毎時間・曜日あり)

休診日:土・日・祝・年末年始

※診療時間は、変更される事や、診療科によって異なる場合があるため、直接医療機関のホームページ等でご確認ください

施設情報

駐車場 人間ドック カード 院内処方 セカンド
オピニオン
-
公式サイト http://www.gcmc.pref.gunma.jp/index.html
アクセス JR上越線八木原駅からタクシー10分
駐車場 無料:115台
混雑状況 比較的混まない時間帯
・血液腫瘍科: 月~金曜の午後の前半 ※口コミや調査による未検証情報です。 あくまで参考レベルでの利用に留めてください。
カードによる
支払い
VISA、MASTER、JCB、AMEX、DC、DINERS、DISCOVER ※条件によって利用できない場合があります。直接医療機関のホームページ等でご確認ください。
高度医療機器 DSA、MRI、SPECT、マルチスライスCT
医療設備 集中治療室(ICU)、術後回復室(HCU)、新生児集中治療室(NICU)
病床数 一般病床(150) ※カッコの中は病床数です。
外国語対応 英語

医院からのお知らせ(現在お知らせはありません)

医院の求人(現在求人情報は登録されていません)

群馬県立小児医療センターの院長/関係者様へ
写真、お知らせ、求人の掲載は、下記よりお問い合わせください。

病院情報の誤りのご連絡は病院情報変更フォームをご利用下さい。

アクセス

最寄駅からの所要時間

JR上越線八木原駅からタクシー10分

QLifeでは次の治験にご協力いただける方を募集しています

治験参加メリット:専門医による詳しい検査、検査費用の負担、負担軽減費など

群馬県立小児医療センターの最新口コミ(3件)

専門医

アレルギー専門医(1) / 内分泌代謝科専門医(1) / 周産期(新生児)専門医(5) / 外科専門医(5) / 小児外科専門医(3) / 小児神経専門医(2) / 小児科専門医(23) / 形成外科専門医(2) / 循環器専門医(1) / 心臓血管外科専門医(2) / 放射線科専門医(1) / 整形外科専門医(1) / 歯科麻酔専門医(1) / 産婦人科専門医(5) / 腎臓専門医(1) / 臨床遺伝専門医(2) / 血液専門医(2) / 麻酔科専門医(3) ※カッコの中は専門医の人数です。

短期手術、健診・人間ドック、専門外来など

}

対応可能な短期手術(日帰り)

皮膚
皮下腫瘍摘出術
気管支狭窄拡張術
腋臭症手術
ヘルニア手術
半月板切除術
内視鏡的胃・十二指腸ポリープ・粘膜切除術
手根管開放手術
内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術

対応可能な短期手術(一泊二日)

関節鼠摘出手術
靱帯断裂縫合術
半月板縫合術

健康診査、人間ドック、健康相談

妊婦健康診査(個別)

専門外来

遺伝専門外来/助産師外来/内分泌代謝外来/腎臓内科外来/血液腫瘍科外来/胎児超音波スクリーニング外来/胎児心臓外来/新生児科外来

予防接種

ジフテリア
百日咳及び破傷風の三種混合
麻疹及び風疹の二種混合
ジフテリア及び破傷風の二種混合
日本脳炎
ポリオ
BCG
麻疹
肺炎球菌感染症
風疹

各種療法

理学療法
言語聴覚療法
ADL訓練

救急・災害対策医療

ドクターヘリ受入れ
NICU車

リハビリ等

脳血管疾患等リハビリ
運動器リハビリ
呼吸器リハビリ
心大血管疾患リハビリ

医療機器

内視鏡
血管連続撮影装置
シネアンギオ
全身用X線CT
シングルフォトンエミッションCT(SPECT)
NMR-CT(MRI)
RI診断装置
ガンマカメラ
超音波診断装置
3Dエコー
カラードップラー
X線テレビ装置
X線デジタル画像装置(デジタルラジオグラフィー)
自動血液ガス分析装置
自動血球計数装置
自動生化学分析装置
ホルター心電計
呼吸機能検査
トレッドミル
人工呼吸器
除細動器
人工心肺
人工腎臓(透析)装置
心電図モニター

患者数、在院日数

平均入院患者数※2015年4月〜2016年3月 110人/日
平均外来患者数※2015年4月〜2016年3月 193人/日
平均在院日数※2015年4月〜2016年3月 一般 13.1日

治療実績

病気名 治療実績 順位
合計件数 手術あり 手術なし 群馬県 全国
てんかん 29 - 29 10位 -
病気名 治療実績 順位
合計件数 手術あり 手術なし 群馬県 全国
睡眠時無呼吸 10 - 10 16位 -
病気名 治療実績 順位
合計件数 手術あり 手術なし 群馬県 全国
肺炎等 66 - 66 28位 -
呼吸不全(その他) 15 - 15 1位 -
病気名 治療実績 順位
合計件数 手術あり 手術なし 群馬県 全国
食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患) 36 - 36 13位 -
鼠径ヘルニア 118 118 - 5位 -
閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア 17 17 - 5位 -
病気名 治療実績 順位
合計件数 手術あり 手術なし 群馬県 全国
皮膚の良性新生物 14 14 - 5位 -
母斑、母斑症 11 11 - 2位 -
病気名 治療実績 順位
合計件数 手術あり 手術なし 群馬県 全国
ネフローゼ症候群 15 - 15 4位 -
腎臓または尿路の感染症 11 - 11 39位 -
病気名 治療実績 順位
合計件数 手術あり 手術なし 群馬県 全国
急性白血病 53 26 27 3位 -
病気名 治療実績 順位
合計件数 手術あり 手術なし 群馬県 全国
妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害 188 51 137 4位 -
動脈管開存症、心房中隔欠損症 18 18 - 1位 -
先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。) 192 99 93 1位 30位
食道の先天異常 15 15 - 1位 1位
腸管の先天異常 10 10 - 1位 5位
直腸肛門奇形、ヒルシュスプルング病 28 11 17 1位 7位
手足先天性疾患 32 32 - 1位 25位
停留精巣 47 47 - 1位 26位
その他の先天異常 32 10 22 1位 12位
病気名 治療実績 順位
合計件数 手術あり 手術なし 群馬県 全国
手術・処置等の合併症 15 - 15 14位 -

※厚生労働省「平成27年度DPC導入の影響評価に係る調査「退院患者調査」」の2015年4月~2016年3月退院患者の統計をもとに、QLifeで作成。

※件数が10件未満の場合は「-」と表記

群馬県立小児医療センターで行える先進的な医療

名医の推薦分野

この病院は、複数の有名専門医(※)の間で「自分や家族がかかりたい」と推薦されています。 推薦を受けた分野(科目、領域)は以下です。記載内容はいずれも取材・調査回答書より。※推薦、選定して頂いた有名専門医の一覧表

分野 小児医療
特色 群馬県立小児医療センターは、県内唯一の小児総合医療施設として、患者さんに最も高いレベルの小児医療を提供することを目的としている。群馬大学小児科とともに県内の小児三次医療を支えている。1982年の開設当初は、循環器科、神経内科、未熟児・新生児科、小児外科に麻酔科、放射線科を加えた80床でスタートしたが、地域のニーズに応えるため新たな診療科が順次増設されてきた。2005年より総合周産期母子医療センターと小児集中治療部がオープンし、現在の150床となった。ホームページ http://www.gcmc.pref.gunma.jp/
症例数 循環器科=小林富男部長を中心に3人の常勤医が各種小児心臓病の診断と治療を行っている。特に、先天性心疾患、川崎病、心筋炎、心筋症、不整脈が多い。川崎病に対しては、ステロイド剤、ガンマグロブリンを中心とした治療を行い、良好な結果を得ている。1997年より、心臓血管外科が院内に新設され、根治手術可能群の先天性心疾患の治療が格段に進んだ

神経内科=椎原隆部長ら常勤医3人を中心に小児神経疾患の診療を行っている。対象疾患は、てんかんなどのけいれん性疾患、周産期障害、先天異常、先天代謝異常などに伴う中枢神経障害、筋ジストロフィーなど多岐にわたっている。外来患者数は当小児医療センター各科の中で最も多い。在宅呼吸管理、気管切開、在宅酸素療法、胃痩造設などの管理を必要とする患者さんも多く、院内各科と協力しながら対応している

腎臓内科=丸山健一副院長が担当している。急性腎炎、ネフローゼ症候群、腎出血、 尿路感染症、溶血性尿毒症性症候群、血管性紫斑病性腎炎、尿細管機能異常症、慢性腎炎、遺伝性腎炎、夜尿症などが主な疾患である

アレルギー感染免疫・呼吸器科=加藤政彦部長、山田佳之部長が担当している。この科では、子供のアレルギー性疾患である気管支喘息、アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、アナフィラキシー、アレルギー性鼻炎などの病気を総合的に診療している。診療科開設は1995年であるが、患者数は多い。また、当科は、子供の呼吸器の疾患、自己免疫疾患、免疫不全症候群についても診療を行っている。小児外科とのかかわりあいも多い

未熟児・新生児科=丸山憲一部長をはじめ計6人の常勤医師が診療に当たっている。病床数は32床であるが、その中に保険認可NICU病床12床を含んでいる。年間の極低出生体重児は約50人、超低出生体重児は約25人、人工換気症例は約60人である。県内では、新生児搬送システムが整備されており、ハイリスク児の分娩立ち会いおよび新生児搬送も行っている。県内の総合周産期母子医療センターの機能をも担っている

血液腫瘍科=外松学部長ら常勤医3人。診療内容は、血液疾患として、再生不良性貧血、各種貧血、紫斑病、白血球減少症、腫瘍性疾患として、白血病、小児固形がんなどである。これらの疾患に対し、骨髄移植・末梢血幹細胞移植を始め、各種の最先端の治療を積極的に行っている。このほか、骨髄バンクの支援を行っている

総合内科=上記のいずれにも属さない小児内科疾患については、神経内科、腎臓内科、アレルギー感染免疫・呼吸器科、血液腫瘍科の各医師が外来および入院治療を担当している

小児外科=鈴木則夫医療局長、黒岩実部長を中心に4人の常勤医と2人の常勤嘱託医とが診療を担当し、頸部、肺・縦隔、食道、腹部・消化器、小児固形がんなど、各種外科的疾患を取り扱っている。関連各科との連携はスムーズで、出生前診断例に対しては、当院未熟児・新生児科、産科との合同カンファレンスにより、管理治療計画を立て、出生前から管理を行っている。また、鼠径ヘルニアに対しては日帰り手術を実施している

心臓血管外科=1997年に開設された。現在は宮本隆司部長を中心に常勤医2人で診療を担当している。動脈管開存症、心房中隔欠損症、心室中隔欠損症などから、ファロー四徴症、大動脈縮窄症、大血管転位症、単心室症などに至るまで、年間約80例の手術を行っている。また、院内の体外式呼吸循環補助療法(通称ECMO)は、当心臓血管外科が主体となってこれを行っている

形成外科=1992年に開設され、浜島昭人部長が担当している。対象としている疾患は、口唇裂・口蓋裂、耳介の奇形、眼瞼の異常、鼻部の異常、手足の先天異常、外傷、多指(趾)症、爪の異常のほか、臍ヘルニア、漏斗胸、尿道下裂、顔面骨骨折、熱傷、母斑、血管腫、ケロイドなど多岐にわたっている。日帰り手術、または、入院手術により対応している

放射線科=畠山信逸部長が科長で、放射線技師5人が常勤にて勤務している。X線検査、超音波検査、CT、MRI、心血管撮影、シンチグラフィなど、あらゆる種類の画像診断が可能で、検査施行後、同日中に報告書が作成される。開院以来の実績の積み上げがあり、精度の高い診断を行っている。依頼により、出生前診断例の精密診断まで手掛けている

麻酔科=安岡朝子部長ら常勤医3人で、あらゆる臨時救急手術の麻酔に対応している。年間手術数は約960例であり、この中には、日帰り手術の症例(年間約220例)、手数のかかる新生児・低出生体重児症例(年間約50例)も含まれている

リハビリテーション科=1999年施設認定を満たす訓練室が完成し、田島弘、臼田由美子の各理学療法士が担当している。小児神経内科関連の患児のリハビリテーションがその大部分を占めている

小児耳鼻科=耳鼻科用外来診察室が整備され、週1回、月曜日または水曜日の午後に外来診療を行っている

小児眼科=眼科用外来診察室が整備され、平形恭子医師が週1回、水曜日の午前に外来診療を行っている

遺伝科=2007年に開設された。先天異常や遺伝性疾患の診断、治療、管理および遺伝相談が主たる業務である。現在は吉橋博史部長が担当している

産科=2005年の総合周産期母子医療センターのオープンに伴い新たに開設された。高木剛副センター長以下3人の常勤医で診療を担当している。産科病床数は現在MFICU 6床を含む18床で運営されている。2008年度の新規入院患者数は313人であった

整形外科=2005年に開設され、富沢仙一部長が担当している。全ての整形外科疾患に対応しているが、特に脳性麻痺児や、骨形成不全症児、先天性内反足などを専門とする。小児期の骨延長術と二分脊椎症児の整形外科的包括的治療は、県内では当院のみが施行している

障害児歯科=2005年に開設され、木下樹部長と非常勤歯科医の2人で担当している。主に障害児に対する全麻下歯科治療や口腔ケアを行っている

小児集中治療部=2005年に開設された。現在は6床で運用されている

看護部=下田あい子看護部長以下191人の看護師・助産師が勤務している。小児専門病院の看護師として、スペシャリスト(専門看護師・認定看護師)の育成と家族ケアの充実に努めている

薬剤部=鹿島幸子部長以下6人が勤務。内服薬の調剤、輸液の無菌調製、抗がん薬の調製などの業務を行っている。また、希少疾病の患児治療のため、市販されていない薬の院内調製も行っている

母子保健指導室=院長が室長を兼ねている。吉野くみこ指導課長以下4人(保健師2人、助産師1人、MSW1人)の職員が勤務している。各種相談事業の他、県の先天代謝異常等対策委員会事務局、周産期情報センターの運営も担当している。
医療設備 患者用オーダリングシステム、超音波診断装置、心血管造影装置、CT、MRI、ガンマカメラ、無菌室、臨床研究室など。患者家族用宿泊施設として5部屋の個室と共通のラウンジとがあり、県内のボランティアグループが細かく気を使ってラウンジの室内を整えている。1部屋1泊850円の実費を支払う。

「医者がすすめる専門病院 山梨・栃木・群馬」(ライフ企画 2009年6月)

インフォメーション

群馬県立小児医療センターを見ている方は、他にこんな病院を見ています

群馬県立小児医療センターの近くにある病院

カテゴリから病院を探す

おすすめの記事

病院情報について
病院情報は、QLifeおよび株式会社ウェルネスの独自収集情報、各都道府県の公開情報、医療機関からの情報提供に基づくもので、内容を完全に保証するものではありません。 受診の際は必要に応じ、診療内容、予約の要不要など、直接医療機関にお問い合わせください。 当サービスの利用により生じた損害についてQLifeおよび株式会社ウェルネスは賠償の責任を一切負いません。
口コミについて
口コミは、受診など、医療機関との実際の関係を持った第三者の主観によるもので、法人としてのQLifeの見解を示すものではありません。 あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。 「やらせ」は発見次第厳重に対処します。