札幌太田病院

診療科目

内科精神科心療内科 /児童精神科/老年精神科/老年心療内科

診療時間

午前 午後 その他
9:00 - 13:00 14:00 - 17:00
9:00 - 13:00 14:00 - 17:00
9:00 - 13:00 14:00 - 17:00
9:00 - 13:00 14:00 - 17:00
9:00 - 13:00 14:00 - 17:00
9:00 - 13:00

午前:月火水木金(初診予約制) 土(完全予約制)

午後:月火水木金(初診予約制)

休診日:第1.3.5土・日・祝・年末年始

※診療時間は、変更される事や、診療科によって異なる場合があるため、直接医療機関のホームページ等でご確認ください

施設情報

駐車場 人間ドック カード 院内処方 セカンド
オピニオン
- -
公式サイト http://www.sapporo-ohta.or.jp/
アクセス JR函館本線琴似駅からタクシー5分
駐車場 無料:100台
高度医療機器 マルチスライスCT
病床数 療養型病床総数(介護型:32、医療型:0)、精神病床(202) ※カッコの中は病床数です。
病棟別病床数 精神科療養病棟(118) ※カッコの中は病床数です。
外国語対応 英語

医院からのお知らせ(現在お知らせはありません)

医院の求人(現在求人情報は登録されていません)

札幌太田病院の院長/関係者様へ
写真、お知らせ、求人の掲載は、下記よりお問い合わせください。

病院情報の誤りのご連絡は病院情報変更フォームをご利用下さい。

アクセス

最寄駅からの所要時間

JR函館本線琴似駅からタクシー5分

QLifeでは次の治験にご協力いただける方を募集しています

治験参加メリット:専門医による詳しい検査、検査費用の負担、負担軽減費など

札幌太田病院の最新口コミ(1件)

専門医

放射線科専門医(1) / 精神科専門医(5) / 糖尿病専門医(0.1) / 総合内科専門医(0.1) / 麻酔科専門医(0.2) ※カッコの中は専門医の人数です。

専門外来、各種療法、介護・福祉など

}

専門外来

禁煙専門外来/もの忘れ専門外来/児童・思春期専門外来/発達障害(自閉症/学習障害等)専門外来/老人性認知症専門外来/睡眠障害専門外来/神経症性障害(不安障害・強迫性障害・パニック障害等)専門外来/小児精神科外来/アルコール専門外来/ギャンブル依存外来

各種療法

精神科作業療法

介護・福祉、他院外サービス等

神経科デイケアサービス
神経科ナイトケアサービス
デイケアサービス(通所リハビリ)
訪問看護
精神科訪問看護
訪問介護
在宅(居宅)介護支援センター
ショートステイ
老人保健施設
精神科グループホーム
介護予防センター
就労継続支援事業B型

救急・災害対策医療

救急告示病院(二次)
精神科輪番制当番病院

医療機器

全身用X線CT
超音波診断装置
X線テレビ装置
除細動器
サイマトロン

患者数、在院日数

平均入院患者数※2015年4月〜2016年3月 204.6人/日
平均外来患者数※2015年4月〜2016年3月 82.6人/日
平均在院日数※2015年4月〜2016年3月 療養 688.4日
精神 137日

名医の推薦分野

この病院は、複数の有名専門医(※)の間で「自分や家族がかかりたい」と推薦されています。 推薦を受けた分野(科目、領域)は以下です。記載内容はいずれも取材・調査回答書より。※推薦、選定して頂いた有名専門医の一覧表

分野 心療内科
特色 ベッド数:234床。①小児青年症例の対応=不登校・摂食障害・引き込もり・リストカット・多動・反抗・暴力などの症例に30年来取り組んできた。親子関係の調整、生活習慣改善、心理教育と学業指導、院内学級、登校支援、学校との連携を行う。②青年期~中年症例の対応=不眠症、うつ、自殺願望、アルコール症、薬物多用・依存などに内観分析療法、家族内観療法、夫婦関係調整を実践。③女性精神科=育児不安、摂食障害、生理・閉経期関連障害、アルコール・薬物乱用、うつ、妻・母役割の喪失、離婚関連葛藤の支援、産婦人科関連の症状に産婦人科専門医が協力・対応する。④高齢者への対応=物忘れ、うつ、アルツハイマー認知症、幻覚妄想状態へ多様な介護・治療を実施し自宅、福祉ホーム、老人保健施設、老人デイケアへ紹介。⑤医療・研究活動、患者会支援、家族会支援とその成果を公開・発表し改善を継続し、論文集を毎年編集してきた。⑥職員全員が、入職時に6日間の集中内観・分析・認知療法の体験を義務化し、これにより患者さんの内観認知療法の看護・支援が充実し効果を高める。⑦デイケアI:うつ、統合失調症、高齢期症例を主な対象とし、ナイトケアを併設している。II:アルコール・薬物依存を主な対象とし、院内断酒会・地域断酒会と連携する。III:青年~壮年期を対象とし、就職促進を目指し、多彩なプログラムを創造する。⑧カルテは疾病別=児童・思春期用、うつ・躁用、アルコール薬物依存用、統合失調症用、高齢期障害、さらに摂食障害用など、疾病別に詳しい情報・治療法を網羅する。この年齢・病情別カルテにより、具体的に問題点を明細化し、見落としがなく高度の医療が可能となる。
症例数 外来と入院=原則は予約制であり、十分に納得してから外来受診・入院治療を行う。緊急な重症例も引き受け努力をするが、新患外来は1日5~6人に制限

★児童・小児・青年期症例では、楽しく遊びながらインテイク・治療に入る。外来でコマ回し、竹とんぼ飛ばし、ミニ・ダーツ、小弓道などで発散・気分転換してから、箱庭療法を実施。ゆったり記憶分析療法を行い、学力を調査し、学力に応じた院内学級での学業指導を行う。数人の学童期症例が在院しており、ピアサポートの語らい・ゲーム・ダーツ、小弓道などを行う。思春期デイケアを3~5日体験してから、通学を開始する

★子と親との信頼関係の回復が重要であり、〔親が反省する、親が子に詫びる、親が子に感謝する〕ことも治療効果があり、そのため、家族記憶回想療法を、同室で、時には一緒に1泊語らい療法を行う

★この10年間の社会・経済変動(少子化・人口減、デフレ・就職難、学歴・収入格差、目標喪失など)が家庭・教育破壊、校内暴力、いじめ問題、不登校、中途退学、自閉を生んでいる。これらの早期発見に努め、早期介入・早期治療・学校復帰・デイケア通所など実践している。これらの後遺症として、引きこもり、うつ、自殺、リストカット、多医受診、多剤乱用、薬物・酒依存などが増加している

★近年は、うつ状態・摂食障害・行為障害・薬物依存など合併し、従来とは著しく異なる症状・人格像を示し、医師にすら攻撃を向ける症例が増えている。これらの併症例に対する治療としては、内観分析療法、心理・疾病学習会、各種作業療法、デイケア見学参加、ピアサポートが有効である。治療の結果、下記のような経過で心理改善・成長、症状改善、葛藤解決、症状緩和・消失などを認める。仮自己受容→自己観察→自己分析→自己理解→自己開放→自己受容→自己確立→自己創造。この過程で、過去の記憶と感情の複合体(海馬→脳弓→脳球→視床→自律神経系→内分泌系→免疫系)に大転換・逆転が生じ、流涙・嗚咽を伴う情動体験の出現が多い。
医療設備 CT、脳波、箱庭、各種心理テスト室、内観療法室、記憶回想療法室、外来7室、運動場、運動療法具、小弓場、各種作業療法室。デイケア大規模3単位、共同住宅・アパート15軒、ワークステ-ションB、断酒会室、家族会室、講堂、外来資料・説明コーナー。
  • セカンドオピニオン受入 ○
  • 初診予約 ○
  • 主治医指名 ○
  • 執刀医指名 /

○=可能 △=条件付きで可 ×=不可 /=未回答

「医者がすすめる専門病院 北海道」(ライフ企画 2010年6月)

インフォメーション

札幌太田病院を見ている方は、他にこんな病院を見ています

札幌太田病院の近くにある病院

カテゴリから病院を探す

おすすめの記事

病院情報について
病院情報は、QLifeおよび株式会社ウェルネスの独自収集情報、各都道府県の公開情報、医療機関からの情報提供に基づくもので、内容を完全に保証するものではありません。 受診の際は必要に応じ、診療内容、予約の要不要など、直接医療機関にお問い合わせください。 当サービスの利用により生じた損害についてQLifeおよび株式会社ウェルネスは賠償の責任を一切負いません。
口コミについて
口コミは、受診など、医療機関との実際の関係を持った第三者の主観によるもので、法人としてのQLifeの見解を示すものではありません。 あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。 「やらせ」は発見次第厳重に対処します。