診療科目

眼科

診療時間

午前 午後 その他
9:00 - 11:00 13:00 - 16:00
9:00 - 11:00 13:00 - 16:00
9:00 - 11:00 13:00 - 16:00
9:00 - 11:00
9:00 - 11:00 13:00 - 16:00
9:00 - 11:00

休診日:日・祝

※診療時間は、変更される事や、診療科によって異なる場合があるため、直接医療機関のホームページ等でご確認ください

施設情報

駐車場 人間ドック カード 院内処方 セカンド
オピニオン
- -
公式サイト http://nagata-eye-clinic.com/
駐車場 無料:90台
外国語対応 英語

医院からのお知らせ(現在お知らせはありません)

医院の求人(現在求人情報は登録されていません)

永田眼科の院長/関係者様へ
写真、お知らせ、求人の掲載は、下記よりお問い合わせください。

病院情報の誤りのご連絡は病院情報変更フォームをご利用下さい。

QLifeでは次の治験にご協力いただける方を募集しています

治験参加メリット:専門医による詳しい検査、検査費用の負担、負担軽減費など

永田眼科の最新口コミ(1件)

専門医

眼科専門医(10) ※カッコの中は専門医の人数です。

短期手術など

}

対応可能な短期手術(日帰り)

水晶体再建術

永田眼科で行える先進的な医療

名医の推薦分野

この病院は、複数の有名専門医(※)の間で「自分や家族がかかりたい」と推薦されています。 推薦を受けた分野(科目、領域)は以下です。記載内容はいずれも取材・調査回答書より。※推薦、選定して頂いた有名専門医の一覧表

分野 眼科
特色 地域社会に質の高い近代眼科総合医療を提供することを目指している。整備された近代的な設備を持ち、白内障、緑内障、硝子体網膜疾患を主体にした高度な医療を提供している。入院病床は18床、最新の検査設備と手術室2室を備え、白内障、緑内障、硝子体網膜疾患に対しては、最先端の高度先進医療を意識して治療している。また手術見学室、講義室など教育設備も備え、医師を対象とした勉強会、あるいは手術講習会を定期的に開催している。00年から屈折矯正手術(LASIK)を、05年から加齢黄斑変性症の治療に光線力学療法(PDT)を行っている。
症例数 09年度の1日当たりの平均患者数は230人、年間の延べ外来患者数は約58,500人。うち緑内障患者比率は約30%以上を占め、緑内障クリニックとしての特徴を持つ。外来診察は、待ち時間を軽減するため、再診はすべて予約制をとっている

★手術は月曜日から金曜日まで毎日行っており、緊急の手術にも対応できる。09年度総手術件数は2,899件で、内訳は白内障手術1,978件、緑内障手術390件、硝子体手術308件、その他の手術223件(眼瞼下垂77件)である

★白内障手術では、ほとんどの症例で水晶体超音波乳化吸引術+眼内レンズ挿入術を選択している。しかし、超音波乳化吸引術では対応できないようなケース(水晶体が硬化していて超音波による乳化吸引ができない、あるいは水晶体が脱臼しているような場合)には、水晶体の嚢内・嚢外摘出などの手術も行う。また、無水晶体眼などにおいても、眼内レンズ毛様溝逢着術など適切な術式を選択することで眼内レンズを挿入している。白内障手術では早くから通院(外来手術)を取り入れ、現在では全体の約60%を通院手術が占めるが、希望する患者には入院での手術も行っている

★緑内障においては、各検査結果を踏まえて開放隅角緑内障・閉塞隅角緑内障・正常眼圧緑内障・続発緑内障などの正確な病型把握を行い、眼圧の状態、視野欠損の進行状況などを考慮した上で治療方針を決めている(特に永田名誉院長は、小児の先天緑内障にも多くの経験を踏まえて適切な治療を行っている)。緑内障に対しては、薬物療法だけではなく、必要に応じた手術治療も積極的に取り入れている。術式としては、繊維柱帯切開術(トラベクロトミー)、繊維柱帯切除術(トラベクレクトミー)をはじめ、非穿孔性繊維柱帯切除術、隅角癒着解離術、レーザー治療など、あらゆる緑内障手術をそれぞれの患者の状況に応じ選択している

★網膜硝子体疾患では、網膜裂孔、網膜剥離に対してのレーザー治療や手術治療だけではなく、糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症や黄斑円孔、網膜前線維症、また加齢性黄斑変性症に対しての硝子体手術治療も積極的に行っている

★手術による患者負担を軽減するため、白内障と緑内障・硝子体などの同時手術も積極的に行っている。視能訓練士は常勤8人で、斜視弱視の治療や訓練も行っている。最近はロービジョン患者に対しても注意を払って治療に当たっている

★LASIKによる屈折矯正手術を00年春から開始、新しい分野の医療も提供している

★外来診察は5診察室で毎日行っている。初診受付は午前8時30分~10時、午後1時~3時、木・土は午後休診。
医療設備 マルチカラーレーザー光凝固装置、半導体レーザー装置、ヤグレーザー装置、光線力学療法レーザー装置、ハンフリー静的視野計、ゴールドマン動的視野計、前眼部カメラ、デジタル眼底カメラ、立体眼底カメラ、光干渉断層計、レーザー走査型眼底検査装置、超音波眼軸長測定装置、超音波断層診断装置、角膜内皮計測装置、角膜形状解析装置、前房水フレアーセル測定装置、ERG測定装置、斜視検査装置、手術顕微鏡、超音波白内障手術装置、硝子体手術装置、エキシマレーザー屈折矯正手術装置などを完備している。
所属スタッフ 永田誠名誉院長(緑内障)、黒田真一郎院長(緑内障)、木村英也副院長(網膜硝子体)、松村美代医師、豊川紀子医師、福本敦子医師、他非常勤医師10人。
所属医師 永田 誠 1925年生まれ 京都大学医学部卒
黒田 真一郎 1950年生まれ 滋賀医科大学卒

「医者がすすめる専門病院 大阪・奈良」(ライフ企画 2011年5月)

インフォメーション

永田眼科を見ている方は、他にこんな病院を見ています

永田眼科の近くにある病院

カテゴリから病院を探す

おすすめの記事

病院情報について
病院情報は、QLifeおよび株式会社ウェルネスの独自収集情報、各都道府県の公開情報、医療機関からの情報提供に基づくもので、内容を完全に保証するものではありません。 受診の際は必要に応じ、診療内容、予約の要不要など、直接医療機関にお問い合わせください。 当サービスの利用により生じた損害についてQLifeおよび株式会社ウェルネスは賠償の責任を一切負いません。
口コミについて
口コミは、受診など、医療機関との実際の関係を持った第三者の主観によるもので、法人としてのQLifeの見解を示すものではありません。 あくまで参考情報として利用してください。また、虚偽・誇張を用いたいわゆる「やらせ」投稿を固く禁じます。 「やらせ」は発見次第厳重に対処します。