[頭痛外来の先生を訪問しました「1人で悩まないで、慢性頭痛」] 2009/08/07[金]

いいね!つぶやく はてなブックマーク

長谷川顕士先生

【プロフィール】
専門:慢性頭痛、脳神経外科
1992年 新潟大学卒後、同大学脳神経外科入局 
1993年 竹田綜合病院 臨床研修
1995年 富山県立中央病院 臨床研修
1996年 佐渡総合病院 臨床研修
1998年 水戸済生会総合病院 臨床研修
1999年 大学に戻り基礎研究
2001年 桑名病院脳神経外科部長として勤務
2005年 頭痛外来を立ち上げ
2007年 北日本脳神経外科病院脳神経外科医長

 

QLife:脳神経外科医として日々診療している中で、特に慢性頭痛に造詣が深いと伺っています。慢性頭痛にご興味を持たれたきっかけは何ですか。

長谷川先生(以下先生):脳神経外科には、慢性頭痛で悩まれている患者さんが本当に多くお越しになります。患者さんに聞くと、本当はどこの科を受診していいのか分からないけれど、頭のことだからということで脳神経外科に来ている人が非常に多い。そういった実態から、脳神経外科の中で慢性頭痛を診る、というスタンスに落ち着きました。

QLife:なるほど。その様な患者さんは、どんな訴えをして来院するケースが多いのでしょうか?頭痛で悩んでいる方の参考になりますので、個人的印象レベルで結構ですから、教えてください。

長谷川顕士先生先生:特に片頭痛の患者さんの場合は、もちろん「閃輝暗点」など典型的な兆候があって…という方もおられますが、むしろ多いのはめまいや吐き気を伴っている場合ですね。こういう症状が一緒に出ている場合は片頭痛であることが多いのですが、患者さんはそうは認識していらっしゃらないことが圧倒的に多いです。緊張型頭痛の患者さんの場合は、もちろん肩が痛い、肩こりがひどいとおっしゃる方が多いのですが、中には食欲がわかなくて…ということをおっしゃる方もいますね。

※閃輝暗点(せんきあんてん)=片頭痛の前兆(頭痛発作の約30分~1時間前)として、一過性に見られる現象で、約2割の患者さんに見られます。症状としては、患者さん個々に異なりますが、一般的に、目の前にキラキラした模様状のような物が見え、徐々に中心部分の視野が欠損していく現象として捉えられています。
QLife:食欲不振ですか。緊張型頭痛でも、放っておくといろんなところに影響が出るということでしょうか?

先生:そうですね。問診では、「最近、疲れが取れない…」という訴えから始まり、話を伺っていくと、「原因は頭痛だった」となることもあります。

QLife:患者さんとしては、ストレートに頭痛と繋がってないケースは分かりづらいですよね。問診の話が出ましたのでお聞きしますが、どのような流れで診察するのですか?

先生:頭痛の国際分類基準というオープンなものがありますので、奇をてらわずに厳密にそれに従って、印刷したものをお渡ししつつ、説明しながら問診していきます。私の印象や勘で診察しているのではなくて、「世界的にもあなたはこういう頭痛ですよ」と理解、納得していただくためです。これには理由がありまして・・・頭痛の痛みはご存知のように、本当に辛くて耐えがたいものですから、患者さんは大抵「自分は脳梗塞か何かの、ものすごく怖い病気になってしまった」という思い込みができてしまっている。その誤解や不安を解いて、きちんと治療に向きあっていただくという意味があるんです。

QLife:その患者さんのお気持ちはよく分かります。「頭痛の痛みは、人生の三大苦痛のひとつ」と言う人もいるくらいですから…診断に納得できない、という感じなのでしょうか。

長谷川顕士先生先生:そうですね。「私こんなに痛いのに…片頭痛だなんて」みたいな反応をされる時もありまして(笑)。そこを一生懸命説明して、理解していただく。私はそのために、国際頭痛分類基準の紙をお渡しして、説明をしながら一緒に○×をつけていくんです。時間はかかりますけど、しっかり納得していただけるのでこうしています。
それから、「もともと、頭痛持ちですか?」と過去の病歴をお聞きするようにしています。これも国際頭痛分類基準に則ったものですが、私が病歴質問をとりわけ重視している理由は、多くの患者さんが、現在の頭痛と過去の頭痛との間に関係があると思っていないからです。そこも、これまで患者さんがご自分の頭痛を正しく認識できず、適切な治療にたどり着けなかった原因のひとつだと思っています。

QLife:「木を見て森を見ず」になりがち、ということですね。先生から聞かれて、初めてひとつの病状としてとらえ始める…と。

先生:「そういえば…」と患者さん自身が過去の症状を思い出したとき、それも考慮するとあなたは片頭痛なんですよ、というお話をする。とにかく患者さんが、自分の頭痛のことを理解し納得することが大事なんです。ある意味、これも治療のひとつと言えますね。

QLife:診断後に、治療はどのように進められるのですか。

先生:片頭痛の場合は投薬を行っていくのですが、その薬の効き具合や相性をみながら、しばらく経過観察します。この間、患者さんには日記を付けてもらいます。その記録から頭痛を誘因するもの(例えば、食べ物、生活習慣、環境要因など)を探していき、ひとつひとつそれをなくしていくという作業も行います。大抵は、3カ月あれば症状は改善されていきます。ですが、先ほど申しましたように、お体と薬の相性というのは人それぞれなので、都度、検証する必要があります。つまり、すぐに良くなるとは一概に言えないのです。しかし、それは治療が停滞しているのではなく、医師と患者さんで一緒に「正解」を探っている状態…と理解していただければと思います。

QLife:「医師と患者と一緒に」ですか。じっくり腰を据えることが大切ですね。緊張型頭痛の患者さんには、どのように治療を進めますか?

先生:投薬、治療というよりは、日頃の生活についてお聞きして、アドバイスすることが中心ですね。緊張型頭痛は、日頃の体の姿勢などに無理があるケースが多いので、そのあたりのことをお話しします。いずれにしろ、緊張型頭痛は日頃の生活習慣で対処できるものが多いです。そのことをお話すると、安心なさいますね。やはり、頭痛に悩むこと自体が大きなストレスなんだなあと思います。

QLife:片頭痛と緊張型頭痛が混在していたり、こじれている患者さんもいますか。

長谷川顕士先生先生:私の印象では、40代?50代の女性の方に多く見られます。若いとき、年に数回片頭痛のひどい発作があった際に不安になり、病院に行って検査を受ける。しかし問題なしと言われて、そのまま我慢してひどくなったり、あるいは市販の鎮痛薬を常用するようになってしまったりというケースで、国際頭痛分類でいうところの慢性連日性頭痛や薬物乱用頭痛に陥ったような患者さんです。この場合は、個別に状態を見極めながら予防薬、発作時の治療薬、その他薬剤を駆使していきます。ただ本当はそうなる前に処置すべきですから、悩んでいる方は早めに専門外来へ行く方が良いと思いますよ。

QLife:丁寧に説明してくださり、本当にありがとうございました。頭痛に悩んでいる方へ、何かメッセージをお願いします。

先生:至極当たり前ですが、「頭痛外来」と掲げているところは、頭痛にお悩みの方々をしっかり診たいという意思を持っているから、そう掲げているわけです。ですから、みなさん安心して、お気軽にお越しいただければと思います。昔と違って、今では、頭痛の診断基準、治療薬など、頭痛診療全体の体制が整ってきているのですから・・。

頭痛に関する
この記事を読んだ人は
他にこんな記事も読んでいます。
記事の見出し、記事内容、およびリンク先の記事内容は株式会社QLifeの法人としての意見・見解を示すものではありません。
掲載されている記事や写真などの無断転載を禁じます。